たとえ不倫していても「清楚系」に見えている40代女性のメイクって? 

女性の社会進出が当たり前ともなり、仕事で知り合った相手などと不倫をしている40代女性も決して珍しい存在ではない昨今。

そんな不倫をしている女性の是非はともかくとしても、一般的には、“愛人”などの日陰の身(!)を続けていると、顔や表情、佇まいにもそんな“陰”の雰囲気が出やすくなると言われています。

ところが巷には、不倫をしているのにダークな面をまったく感じさせず、むしろ爽やかな魅力を放つ40代女性も!

「不倫などの人には言えない部分があっても、表には絶対に出したくない!」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、たとえドロドロ不倫の真っ最中だとしても「清楚系」に見えている40代女性のメイクに迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:お肌の「調子がよく見える」ベースメイクが得意

 

実際のお肌の調子はともかくとして、“清楚な40代”に見えている女性のメイクは「お肌の調子がよく見える」もひとつの共通項。

肌荒れやシミ、シワなどが目立っている肌だと疲れた様子も醸し出し「なんかワケあり?」と変な疑惑も向けられやすいのに対して、ツヤ感・明るさ・質感が整ったお肌は、丁寧な生活を送っているようにも見えやすいことから清々しい印象を与えます。

不倫など人目を忍ぶ関係をもっている人には、夜遅くまでデートしているなどの傾向もあって“寝不足=お肌ボロボロ”なイメージも伴う反面、お肌がツヤツヤ・ピカピカな女性は、それだけで清楚なイメージがアップして得している面も。

悩みがあると、暗い肌になりがち。そこで「暗い」と対極にある「明るい肌」を目指すだけでも、イメージがガラリと好転するわけです。

 

2:ぱっと見の印象で「色使いが控えめ」

 

不倫などの“人様に言えない関係”を続けている女性には、なぜかメイクがケバめな人も少なくないイメージがあります。

なので、目元が真っ黒だったり口元や頬がやたらに赤かったりと「ケバい!」と思われるようなメイクをしていると、それだけでワケありな雰囲気を醸し出しがちな面は否めません。

他方、実際には不倫をしている女性だとしても、ぱっと見の印象で「ケバい」のイメージがない女性ほど、周りからは「不倫中」などのダークな推測は働きにくくなるのも傾向です。

淡いブラウン系のアイシャドウや爽やかな発色のピンクリップなど、ぱっと見で控えめな色使いをしている女性ほど、周囲からの印象は「清楚系だよね」ともなりやすいです。

 

3:ちょっと「物足りない」くらいの仕上げ

 

一寸の隙もないパーフェクトメイクには、無条件にプロっぽい印象を抱く人も少なくなく、“メイクが完璧=夜の世界や愛人などの“女を売っている”不名誉なイメージもつきまとうことがあります。

他方、ぱっと見で「何かが足りない?」と感じさせるような物足りなさのあるメイクだと、女性の顔は、一気に純情かつ清楚な方向へとイメージが加速。

つまり、お化粧が上手なほうが“美人見せ”には有利な反面、あまりにもお化粧が上手すぎると“隙”を感じさせにくくなることから、“女のプロ感”も出やすいのです。

誰かを「清楚」と評する時には、同時に「純情そう」「ウブっぽい感じ」などのニュアンスが含まれることも多いせいか「清楚っぽい」と言われる人のメイクを観察してみると、ちょっと物足りなさを感じるほどの仕上げ、つまり雑な言い方をすれば、“メイクに不慣れな感じ”が醸し出されているケースも多いです。

そう、あえて「メイクをしないパーツもつくってみる」などの“手抜き感”が、清楚なイメージを出すケースもあるというわけです。

 

「不倫をしている自分を、誰にも知られるわけにはいかない」あるいは「いつも“不倫していそう”って言われるのが嫌だ」など、“不倫”にまつわるイメージを払拭したく、メイクに頭を抱えていた方は、“清楚”なイメージを目指すと近道に。

「清楚に見える」を最優先にするなら、完璧に“見える”メイクは、避けたほうがベター。実際には手をかけていたとしても、いつも以上に“引き算”を意識するのが、手っ取り早い方法にもなります。

常にパーフェクトなメイクでいるより、ときには力を抜いたメイクで“生身の自分”をさらしたほうが、純情なイメージを醸し出しやすいのもまた真実です。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

小さい・軽い・便利!旅行に持っていきたい3大コスメ【40代からの美容道】

旅行先でも最低限のメイクはしたい、でもスペース的にかさばったり、重くなったりするものは持っていきにくいですよね? だって荷物は他にもいろいろあるんですもの。しか…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

オイルじゃ足りない40代「オバ見え髪」を救済!ヘアアイテム3選【特集オトナの髪悩み】

先日、OTONA SALONEの特集記事「白髪・くせ毛・広がる・パサつく「困り髪」、美容家の克服法は【特集オトナの髪悩み】」で、時短美容家として活動する私のヘアケアにまつわるアレコレを公開したところ、「40代になっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事