勝手に仕事を辞めた夫との離婚、親友状態の彼【#婚外恋愛3】

どれだけバッシングされても、決してこの世から消え去らない不倫。

お互い籍を入れないままの恋愛。パートナーが複数存在する恋愛。

恋愛相談家・ひろたかおりが従来の「婚姻」の外にある恋愛と、その心理を傾聴する。

肉体関係のない「親友」

— C子(39歳)は、ヨガの教室を運営するバツイチの女性だ。子どもはいない。エクササイズが好きなだけあって、引き締まった体つきの上に童顔なせいもあり、男性から声をかけられる機会が多いのが自慢だった。

久しぶりに呼び出されたとき、B子は教室の帰りだった。カフェで一緒にドリンクを買い、席に座るなり

「ねぇ、前の夫がしつこく連絡してくるんだけど、どうすればいい?」

と怒りを露わにした声で尋ねてきた。

「連絡って、よりを戻したいってこと?」コートを脱ぎながら聞き返すと、

「そう。でもね、違うの。仕事が上手くいっていないのよ。だから私のお金をあてにしてるんだと思う」

冗談じゃない、と憎々しげに口を歪めて笑いながら、C子はストローに指をかけた。

1年前に離婚してから、C子はかねてからの希望だったヨガの教室をオープンさせた。インストラクターとしての経歴も長く、それまで勤めていたスポーツジムではファンも多かったことから、生徒の数に困ることなく今も順調な経営が続いている。

「彼氏がいるって言えば?」と言うと、C子の表情が変わった。

どうして今の「彼氏」の存在を告げないのか。恋人がいるとわかれば、前の夫だって手を出そうとは思わないはずだった。

「彼氏、じゃないのよね」

ぽつりとC子がつぶやく。誰のことを指しているのか、すぐにわかったようだった。

「じゃぁ何なの」

結婚しているときからずっと親密な関係を築いてきたその男は、と続けようとして、

「だって体の関係とか、今もないし。あの人は親友って感じ?」

C子から出た言葉は、これまでも何回か耳にしてきたものだった。

離婚したのに、なぜ彼を「恋人」にしないのか、そこにはC子の思惑があった。

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事