本性が真面目な男はココで見抜く! 彼らが送る「LINEの特徴」

つい先日、いい歳して本性が軽い男のLINEにまつわる特徴をこちらの記事で、ご紹介いたしましたところ、思っていた以上に嬉しい反響をいただきました。ありがとうございます。

さて、「お付き合いするなら、真面目な人がいい!」と思っていらっしゃる40代女性ほど、深い仲になる前に、相手の本性を見抜きたいところでもあります。

「軽いのは絶対嫌だし、普通レベルならまあ良しで、できれば真面目な人と結婚したい」などと思っていらっしゃる方は、決して少なくないはず。

そこで今回は「軽い男」の対極にいる、根が真面目な男ほど交際前に送りがちなLINEの特徴をご紹介してまいります。

 

1:スマホに内蔵されているスタンプばかり送ってくる

 

いい歳をした真面目な男性には、LINEを“単なる連絡ツール”としてしか使っていない人も少なくありません。

ですので、“チャラおじさん”たちのように女性好みのスタンプを積極的に買い揃えるような傾向は一切なく、普段は、まるでメールかのごとく“テキストで連絡事項だけをシンプルに伝えるツール”として活用している“きまじめ”な男性も多いです。

そんな背景もあって真面目な男性は「スタンプを送る」という行為自体が、好意を示す茶目っ気のある行動として捉えているフシもあり、結果として内蔵スタンプだけを送る人も少なくない実態が。恋愛に不慣れな真面目男性ほど「女性のために、有料のスタンプを買う」という意識までは回らない傾向にあるので、内蔵スタンプでも新鮮な気持ちで送っているわけです。

女性としては「この人、内蔵されたスタンプばかりで、センスも面白みもないわ」と感じるかもしれませんが、「スタンプを送る」というだけで、真面目な男性ならではの好意を示しているケースも多いのです。

 

2:返事のしにくい話題を次から次へと送ってくる

「今日は野球を見にきていて、久しぶりにストレス発散してます!」と、野球場の写真付きで突如として謎の報告を送ってきたり「今夜は、ひとりで鍋料理です。鍋はみんなで食べたほうが美味しいですね」などと自己完結型の近況を送ってきたりと、女性からすると返事がしにくいメッセージを次へと送りつけてくるのも、真面目な男性ほど送りがちなLINEの傾向です。

そもそも真面目なタイプほど好意を一方的に届けたがる傾向にもあり「相手の女性が、どんな文章を送れば返事をしやすいのか」までは考えも及ばず、ただ「気に入っている女性に連絡したい」の気持ちだけが先行しがち。そんな結果として、女性からすると「こんなの送られても……」と、困惑してしまうメッセージが多くなってしまうのです。

彼らは、そこまで恋愛慣れしていないので「僕のことを、もっと知って!」がそのまま表に出てしまい、相手の女性がどう返信するのかまで気が回らない人も多いというわけなのです。

 

3:いきなり「美人ですね」「タイプです」などと送りつけてくる

 

「美人ですね」「僕のタイプです」などと、なんの脈絡もなくギョッとするようなLINEを送りつけてくるのも、真面目な男性だからこそやりがちな暴挙のひとつです。

女性慣れしているチャラおじさんほど、「美人」や「タイプ」などの言葉を使うときにはムードやタイミングを重視するのに対し、真面目な男性ほど女性からすると「唐突に何!?」と言いたくなるような変なタイミングで、これらの文言を送りつけてきます。

「軽々しく“タイプ”だなんて、見た目によらず軽いのね!」などとガッカリしちゃう女性もいるかもしれませんが、真面目な男性の「告白の勇気はまだ出ないけれど、好意は伝えたい!」の表れだということも多々あるので、温かく見守ってあげたい暴挙でもあります。

根が真面目ゆえに「どんなタイミングで言えば、女性が喜ぶのか」までは気が回らず「言いたい!」となると、いてもたっても居られなくなり、そのまま正直に伝えてしまうという真面目男性も少なくないです。

 

真面目な男性のLINEと言えば「頻繁に届くけれど、なかなか誘ってこない」も、典型的な特徴として挙げられます。しかしその他にも、女性からするとギョッとしてしまうような文言にこそ、彼らの真面目っぷりが潜んでいることもあるのです。

「真面目な男性を選びたい」と思っていらっしゃる40代女性のみなさまにおかれましては、男性からこんな面白みのカケラもない不可解なLINEが届いたら、微笑ましく受け止めてあげてほしいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク