本性が真面目な男はココで見抜く! 彼らが送る「LINEの特徴」

つい先日、いい歳して本性が軽い男のLINEにまつわる特徴をこちらの記事で、ご紹介いたしましたところ、思っていた以上に嬉しい反響をいただきました。ありがとうございます。

さて、「お付き合いするなら、真面目な人がいい!」と思っていらっしゃる40代女性ほど、深い仲になる前に、相手の本性を見抜きたいところでもあります。

「軽いのは絶対嫌だし、普通レベルならまあ良しで、できれば真面目な人と結婚したい」などと思っていらっしゃる方は、決して少なくないはず。

そこで今回は「軽い男」の対極にいる、根が真面目な男ほど交際前に送りがちなLINEの特徴をご紹介してまいります。

 

1:スマホに内蔵されているスタンプばかり送ってくる

 

いい歳をした真面目な男性には、LINEを“単なる連絡ツール”としてしか使っていない人も少なくありません。

ですので、“チャラおじさん”たちのように女性好みのスタンプを積極的に買い揃えるような傾向は一切なく、普段は、まるでメールかのごとく“テキストで連絡事項だけをシンプルに伝えるツール”として活用している“きまじめ”な男性も多いです。

そんな背景もあって真面目な男性は「スタンプを送る」という行為自体が、好意を示す茶目っ気のある行動として捉えているフシもあり、結果として内蔵スタンプだけを送る人も少なくない実態が。恋愛に不慣れな真面目男性ほど「女性のために、有料のスタンプを買う」という意識までは回らない傾向にあるので、内蔵スタンプでも新鮮な気持ちで送っているわけです。

女性としては「この人、内蔵されたスタンプばかりで、センスも面白みもないわ」と感じるかもしれませんが、「スタンプを送る」というだけで、真面目な男性ならではの好意を示しているケースも多いのです。

 

2:返事のしにくい話題を次から次へと送ってくる

「今日は野球を見にきていて、久しぶりにストレス発散してます!」と、野球場の写真付きで突如として謎の報告を送ってきたり「今夜は、ひとりで鍋料理です。鍋はみんなで食べたほうが美味しいですね」などと自己完結型の近況を送ってきたりと、女性からすると返事がしにくいメッセージを次へと送りつけてくるのも、真面目な男性ほど送りがちなLINEの傾向です。

そもそも真面目なタイプほど好意を一方的に届けたがる傾向にもあり「相手の女性が、どんな文章を送れば返事をしやすいのか」までは考えも及ばず、ただ「気に入っている女性に連絡したい」の気持ちだけが先行しがち。そんな結果として、女性からすると「こんなの送られても……」と、困惑してしまうメッセージが多くなってしまうのです。

彼らは、そこまで恋愛慣れしていないので「僕のことを、もっと知って!」がそのまま表に出てしまい、相手の女性がどう返信するのかまで気が回らない人も多いというわけなのです。

 

3:いきなり「美人ですね」「タイプです」などと送りつけてくる

 

「美人ですね」「僕のタイプです」などと、なんの脈絡もなくギョッとするようなLINEを送りつけてくるのも、真面目な男性だからこそやりがちな暴挙のひとつです。

女性慣れしているチャラおじさんほど、「美人」や「タイプ」などの言葉を使うときにはムードやタイミングを重視するのに対し、真面目な男性ほど女性からすると「唐突に何!?」と言いたくなるような変なタイミングで、これらの文言を送りつけてきます。

「軽々しく“タイプ”だなんて、見た目によらず軽いのね!」などとガッカリしちゃう女性もいるかもしれませんが、真面目な男性の「告白の勇気はまだ出ないけれど、好意は伝えたい!」の表れだということも多々あるので、温かく見守ってあげたい暴挙でもあります。

根が真面目ゆえに「どんなタイミングで言えば、女性が喜ぶのか」までは気が回らず「言いたい!」となると、いてもたっても居られなくなり、そのまま正直に伝えてしまうという真面目男性も少なくないです。

 

真面目な男性のLINEと言えば「頻繁に届くけれど、なかなか誘ってこない」も、典型的な特徴として挙げられます。しかしその他にも、女性からするとギョッとしてしまうような文言にこそ、彼らの真面目っぷりが潜んでいることもあるのです。

「真面目な男性を選びたい」と思っていらっしゃる40代女性のみなさまにおかれましては、男性からこんな面白みのカケラもない不可解なLINEが届いたら、微笑ましく受け止めてあげてほしいと思います。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

信じた僕がバカでした…!? 男が「騙された」と感じた40代独女の発言3パターン

40代が新しい恋愛をはじめるにあたっては、若いころのように“勢い”だけでなく、相手の恋愛へのスタンスや理想をさりげなく確認したうえで親密な関係へと発展するパターンも珍しくありません。「もう失敗したくない」…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事