もしも「貯金ゼロで親の介護」に突入したら、自分の老後のお金はどうなる?

寒い毎日が続いていますが、日差しに少しずつ春の気配を感じます。春は新しい暮らしを始める人が増える季節。そんな時は、気持ちの準備も必要ですが、経済的な計画性も大切です。

今回は、新生活を始める前に相談にきた、R子さんのケースです。

 

40代クラブママから一転、田舎で親の介護

R子さんは、東京在住の47歳独身の女性です。20代でスナックのアルバイトをしたことがきっかけで水商売の世界に入り、今では赤坂の小さなクラブでママをしています。

長野県の実家には両親が二人で暮らしていますが、最近具合が思わしくないのが気がかりです。この半年の間に、父と母がそれぞれ入院をしてしまい、R子さんはその都度実家と東京を行ったりきたりしていました。

最近は少し落ち着いてきたようですが、年齢を感じさせる両親の姿を見たR子さんは、長野に帰ろうかと考え始めています。それとなく父や母に話してみると、R子さんが同居してくれたら「とても嬉しい、心強い」と喜んでくれたのも気持ちを後押ししています。

 

そこで気になるのがお金のこと。

R子さんはママをしているクラブに借金をしています。店に通いやすいところにマンションを借りた際の資金と、常連客の売掛金が借金となっているのです。

 

借金を返済すると貯金はゼロに

R子さんには貯金が200万円ほどありますが、店の借金を返済するとほとんどなくなってしまいます。

R子さんの両親は、R子さんが身ひとつで帰ってくればいい、同居すれば生活費くらい面倒見る、と言ってくれているので借金は返済して、長野で0からスタートするのも悪くない、と思っていました。

長野での暮らしに慣れたら働きに出て、老後資金はそれから貯めていこうとのことでした。

相談当初、R子さんは長野に帰ってから始めたい、自分の老後資金の準備について情報収集をしたかったようでした。しかし、話を聞いているうち、0からスタートすることはとてもリスクが大きいので、そこから提案をすることになりました。

 

老後資金は「平均寿命」をかけて計算できる

老後資金は、月々の生活費のうち、公的年金でまかなえる分を差引いた金額に、平均寿命分の月数を掛けると計算できます。

総務省調べによると、60歳以上の単身世帯(女性)の生活費は、仕事を持っている人で月約16万8000円、仕事をしていない人では、月約15万円です。それに対して、公的年金は、R子さんの場合を試算すると月約7万円。

差し引き8万円を、70歳から90歳までの20年間必要とするなら、それだけで1920万円になります。

R子さんが、現在の貯金をすべて使い果たしてから新生活をスタートさせるのは、大切な資産形成のための元金を使ってしまうこと。ここは思いとどまって、貯金には手をつけず、借金返済については両親を頼ってはどうかとアドバイスしました。

 

年間100万以内なら贈与税はかからない

父と母、それぞれから借金返済のための資金を援助してもらっても、年間100万円以内ということであれば贈与税はかかりません。

また、両親がR子さんの生活費の面倒を見るといっても、どれほどの根拠があるかも実のところ不明です。親子であっても、お互いの貯蓄残高を初めとする資産状況はわからないもの。

今後、両親の医療や介護にお金がかかり、R子さんの生活費まで手が回らない可能性もあるのです。厳しいようですが、現実的に考えて自分自身の資産はきちんと確保し、経済的に依存しすぎないようにすることが大切です。

 

R子さんはその後、両親と相談し、東京からの引越し資金の援助という名目で両親から借金返済のためのお金をもらいうけ、長野に移りました。

長野でも仕事をみつけ、両親と元気に暮らしています。

東京とは違った環境で頑張るR子さんには、いつまでも元気にしてほしいと思いました。

 

タケイ啓子

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ほったらかしで年6000円もおトク!電子マネーを使うだけのカンタン節約技

電子マネーとは、レジで読み取り機にかざすだけで支払いができる、便利な「お金」のこと。カード型が多く、nanaco、WAON、Suica、PASMO、楽天Edyなどがあります。これらの電子マネーを使うと、ポイントがたまって現…

ヘアケアの正解をコストで比較すると?白髪・ボリューム・うねり【特集オトナの髪悩み】

困りごとをお金で解決、というと、まるで札束を積んで問答無用のイメージですが、意外と身近にありふれています。荷物が重いときに、頑張って抱えるよりもお金を払って配送にする。急いでいることきに、走るよりもタ…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていることがあります。節約の頑張りが報われないどこ…

銀行預金が無意味になるかも?10年後に損しない40代のお金知識

銀行ATMの手数料が実質値上げになったり、銀行の営業日が平日9~15時までとは限らなくなったりなど、銀行のサービス内容が少しずつ、しかし確実に変わってきていることにお気づきでしょうか。今回は、変わりゆく銀行…

女性FPがそっと教える「お金にまつわるおいしい話のウソ」 3つの見抜き方

おいしい話にはウラがある、とはよく言われます。それでも、おいしい話に乗った挙句、損をさせられてしまう人は後を絶ちません。だましのウソはますます巧妙になり、「私だけは大丈夫」と思っている人が、実は一番危…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでし…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間がかからず、放ったらかしでもお金が貯まる仕…

新年度の「かくれ値上げ商品」はコレ!値段ではなく量に注意すべし

新年度が始まり、新たなスタートをきった方も多いのではないでしょうか。新しい環境になっても、お金の収支はきちんと守っていきたいですね。冬の間は野菜の高値が続きましたが、最近は落ち着いてきています。しかし…

4月から生命保険料が変わる!見直してもいい人とダメな人

春、新しいことが始まる季節。実は生命保険も新しい保険料になります。生命保険は、5~10%程度の値下げとも言われています。これは、平均寿命が延びて長生き時代になったため。この機会に保険の見直しを考える人も…

給与天引き派なら10年20万以上トクできる?イデコ・ニーサ「基本のき」

毎月の収入の中からコツコツお金を貯めるのは、貯蓄の基本です。しかし、それだけではなかなか増えていかないのも現実。長く続くマイナス金利の影響で、金融機関に預けていても、利息は0.001%という金融機関は少な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事