「老け顔オバサン」が朝メイクで忘れがちな3大NGポイント

時短メイクを意識すると、“手早さ”ばかりに意識が向きがち。

しかし年齢を重ねた顔と若い頃の顔では、カバーすべき箇所や手をかけるべき箇所が異なってくる傾向もあるので、“時短”をキーワードにメイクをしていても、その手法は常にアップデートする必要があります。

「時短でも、老け見えだけは絶対に回避したい」とお考えの40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「老け顔オバサン」が、時短メイクで忘れがちなポイントについてお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:ファンデーションを均一に塗ってしまい「肌の凹凸・メリハリがない」

 

「時短メイク」を心がけている方にお話を伺うと「顔全体に、均一にファンデーションを塗っている」というお声が多い傾向にあります。

しかし均一塗りは、時短メイクによる老け見えがもっとも生じやすい原因のひとつ。

40代ともなってくると、小さなシミやシワなどのカバーすべき箇所が増えてくる女性も多い実態に加え、これまでに浴びた紫外線の影響などもあって全体に色ムラが生じている人も珍しくないので、それぞれのパーツに合わせたベースメイクを心がけるほうが、ダンゼン若見え肌を狙えます。

シミにはコンシーラーの部分使い、色ムラは強弱を意識してファンデーションを塗り込むなどの心がけだけでも、“時短老け見え肌”は回避しやすくなりますので、ぜひ!

 

2:パウダーをブラシで塗るだけで「チークが浮いている」

 

40代のスッピン肌には、若い頃と比べて血色感が失われつつあるお悩みもありがちです。

デイリーメイクではこのあたりを踏まえつつ、仕上げにチークを仕込んでいる女性は多いはずですが、パウダーチークをブラシでサッと塗るだけの時短メイク手法だと、チークの粉っぽさが際立ち、浮いているような悪目立ち感が出てしまっている場合も。チークはナチュラルに仕込んでこそ“若見え”が狙えるので、浮いているように見えると、“若作り感”や雑な印象を与えるキッカケにもなりかねません。

乾燥しやすい肌の女性ほど、時短メイクでは、“クリームチーク”の活用がベター。昨今は、ほんのりと血色が加わったような自然なチークのトレンドが続いているので、ファンデーションを塗った後に軽くクリームチークを仕込み、その上からパウダーをのせて挟んでいくようにすると、自然な発色を得やすく落ちにくいメリットも。

 

3:所要時間を減らすためにサッと仕上げすぎている「貧相なまつ毛」

 

時短メイクを意識すると、目元にはそこまで手をかけずにアイシャドウやアイライン、マスカラをサッと使って完了してしまう女性も少なくありません。

ところが40代になると、ただでさえ若い頃よりインパクトが弱まっている場合も多いので、目元の印象が弱すぎてしまうと全体的にぼんやりとした仕上がりに見えやすく、老け見えを招く要因に。

特に“まつ毛”の印象が弱いと、それだけでのっぺりとした見栄えになりやすく、おばさんっぽい印象も加速します。

若見えを狙うなら、時短でもマスカラは手を抜けないポイントのひとつ。ボリュームよりも“長さ”が重要なので、一度塗りで仕上げるなら長さの出るマスカラ選びがマスト、使っているマスカラが2度塗りを推奨しているタイプなら時短でもその手間は惜しまないなどのひと手間で、老け見えを回避して。

 

時短メイクは「手早く済ませる」にフォーカスしがちではありますが、時短しても時短でメイクしているように見せない仕上がりを求めるのが、老け見えを回避する最大のカギ!

“オバ見え回避”を目指すときには、実際には5分で終えたメイクでも、15分で終えたメイクと同じような見栄えを狙ってみて。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

オイルじゃ足りない40代「オバ見え髪」を救済!ヘアアイテム3選【特集オトナの髪悩み】

先日、OTONA SALONEの特集記事「白髪・くせ毛・広がる・パサつく「困り髪」、美容家の克服法は【特集オトナの髪悩み】」で、時短美容家として活動する私のヘアケアにまつわるアレコレを公開したところ、「40代になっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事