なぜ春になると5歳老けて見えるの?「季節性オバサン肌」3大特徴

春らしい気候の日が増えてきて、どことなく気分が前向きになる季節が到来です。ワクワクした高揚感とともに、季節に合わせてベースメイクのアップデートを図りたいシーズンでもあります。

ところが、毎年春になると5歳老ける「増殖型オバ見え肌」になってしまう方もチラホラ。せっかく春らしいメイクを心がけたのに、老け見えを招いていたら、これほどもったいないお話はありません。

「ベースメイクを変えたせいで老け見えなんて、絶対に避けたい!」がポリシーな40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、春の“オバ見え肌”にありがちなベースメイクの3大NGをお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:明るく見せたくて失敗した「白浮きオバサン」

 

春のワクワク感とともに、明るい肌色に見せるベースにアップデートを図りたい女性は多いはず。

艶やかな透明感がある肌は、健康的な若見えを狙えるベースメイクでもあります。

ところが、明るく見せたいがゆえに、地肌よりトーンが明るすぎるファンデーションを選んだり、肌色と系統が異なる色みを選んでしまったりして「明るい」ではなく「白浮き」な肌になってしまっている女性もお見かけします。

地肌のトーンを無視したファンデ選びをしてしまうと、それだけで違和感のある仕上がりに。本人は「明るさを出したつもり」でも、周囲は「オバサンっぽく厚塗りしているなぁ」となりがちです。

“明るさ”を意識したアップデートを図るなら、色よりもファンデーションの“質感”にこだわったほうが確実です。

 

2:軽やかな仕上がりを狙って失敗の「ノーメイク風オバサン」

 

春は、軽やかなメイクアップを意識したくなる女性も多いです。冬の間には重めなファンデーションを使っていた方でも、春の訪れとともにBBクリームやCCクリームなどの軽めな使い心地のアイテムにシフトしたくなってくるもの。

ところが、軽やかな仕上がりを求めすぎてしまって、軽いファンデだけで下地を省いたりBBクリームを塗るだけでパウダー類を使わなかったりすると、大人の肌は悪い意味で“スッピン感”が出すぎてしまうことも。

春らしい軽やかな仕上げは「メイクしているけれどナチュラル」が整ってこそなので、ノーメイク感が強くなると「メイクに無頓着なオバサン」なイメージが強くなってしまうリスク大です。

BBクリームやCCクリームで仕上げる場合も、コントロールカラーを用いたり仕上げには微粒子のルースパウダーをはたいて透明感を出したりの“ひと手間”があると、適度な“メイクしています感”が出しやすくなります。

 

3:下地とファンデがミスマッチな「ヌメヌメなオバサン」

 

下地とファンデは相性もあるので、できれば一緒にアップデートしておきたい部分です。

冬の間に使っていたファンデーションとの相性がよかった下地でも、ファンデを変えた途端に、違和感のある仕上がりの“原因”になってしまうこともあります。

特に、重めのファンデーションとの相性がいい下地を軽めのファンデーションと組み合わせたりなど、ガラリとアイテムのテイストを変えたときには要注意。下地とファンデがミスマッチだと、テカリが出やすかったり浮いているように見えやすかったりで「ヌメヌメした感じのオバサン」なイメージもなりやすいのです。

ファンデーションのサンプルを試す際に、普段使っている下地の上から重ねるように試すと、相性や仕上がりをチェックしやすいです。

 

春のウキウキした高揚感は、“メイクをイメチェンしたい欲”もほどよく刺激してくれます。しかし、せっかくアップデートしたベースメイクのせいで「オバサンっぽい!」を招く事態にならないよう、ちょっとしたポイントを心得ておくと安心です。

これからいよいよ春本番。ベースメイクをチェンジしようとしていた方は、よろしければ参考になさってみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

捨てたらもったいない! 使わない「化粧水・乳液・美容液」のリッチな再利用術

ミニマルな生活に憧れると「アレもコレも、捨ててしまおう!」なんて、断捨離もポイポイと進むもの。特にスキンケアコスメは「開封したら3ヶ月~半年で使い切るべし」と言われているだけに、開けたまま使わずにいた…

「裏のある男」はアノ血液型に多い…!? 40代女性が体験した冷酷すぎるリアル

「いい人だと思ったから深い仲になったのに、付き合ってみたらとんでもない男だった!」な展開は、女性なら誰しもが避けたい道。しかし男たちも、お付き合いをするまでは大なり小なり猫をかぶっているので、性格の“…

「ファンデの上からの日焼け止め追加」、実際みんなどうしてる?

いよいよ本格的にUV対策が必要なシーズンを迎えています。「日焼けしたくない!」「年齢とともに、シミが本気で気になる……」な女性にとって、1年中油断できないのがUVですが、今年は春先からここまで日差しが強かっ…

「ドMな男」が多い血液型って? 1位はやっぱりアノ型でした!

「Mっ気のある男」くらいならまだかわいいと思えても、「ドMな男」となるとご遠慮したい……な40代女性も決して少なくはないかもしれません。あるいは逆に「私は、ドSを自覚してます!」な女性は、パートナーにはドMな…

美人でも即NG…男が「絶対に結婚したくない」40代女性ってこんな人!

40代になってから婚活を始め、すぐに結果が出る女性もいる一方、人柄も容姿もいいのになかなか決まらない……な女性もいるのが実態。「決まらない」の背景には、ご自身がお相手に求める条件を高めに設定しているケース…

「40代後半でそれは痛くない…?」トレンドと紙一重な問題児コスメ6

40代になったら、ミーハー感や若作り感による“痛々しさ”しか出さないコスメは、断捨離すべきタイミングでもあります。個性的なメイクは似合っていれば「おしゃれ!」であるのは間違いないものの、自分の想定外に「あ…

今すぐ捨てて! 使っていると痛い目にあう過去のトレンドコスメ5選

年齢を重ねると「流行だから」という理由だけでは、トレンドに飛びつかなくなる女性も増えてきます。他方、メイクに関しては自分なりの“定番”が確立していて、ちょっとしたコスメを買い足したら使い切るまでは長く愛…

断捨離中でも捨てないで! また買うハメになりがちなコスメ5選

ミニマルな生活に憧れている女性ほど「コスメも、大幅に断捨離!」を合言葉にしていらっしゃるかもしれません。近年は「空前のナチュラルメイクブーム」と言えるくらい、華美なメイクをしない人も増えているので、最…

みんなが選んだ「仕事がデキる男」が多い血液型は…?

「仕事がデキる男」は、お好きですか?将来を考えると「やっぱり結婚するなら、仕事がデキる男がいい!」と思っていらっしゃる女性も少なくないかと思います。日本人はとかく“血液型”による傾向分類を好む傾向もあり…

1,000円あったらコレ買って! 40代の美をアップデートするプチプラコスメ6選

最近は、プチプラのコスメでも優秀なものが多く「コレがあったら、日々の美容が格段に楽しくなる!」な優秀アイテムもたくさん。仮に予算が『1,000円』だとしても、40代のみなさまに自信をもって「ぜひ、手元に置い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事