カー娘「愛される魔法」は葛西紀明・石田ゆり子と同じコレだと思う

季節も変わり、地獄の花粉症の季節へ突入したせいでしょうか。独身ですから朝5時に起きているわけでもなく、24時間すべて自由に使えるという身分なのにどうにも疲れています。寝ても寝ても根幹にある疲労が抜け切らない。鍼を打っても、イケメンにストレッチをしてもらっても効果なし。

それでも仕事はあるのでPCに向かっていると、先月開催されていた平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子のメンバーが話題に上がっていました。女の私が言うと何かと誤解が生じそうですが、可愛い。つるん、とした肌でケラケラと笑っている様子がなんだか癒される。見たことないけどパンダのシャンシャンよりも眺めていたい。なんだろう、この魅力。

(石田ゆり子公式インスタグラム)

 

ウィンタースポーツの勇者たちは平昌が極寒だったから笑ったのか

カーリング女子チーム(以下、カー娘略)がほかの選手たちに比べて違う印象を持ったのが笑顔でいることだった。いや、羽生王子も笑っていたどね、みんなやはりそこは一流のスポーツ選手だからやっぱりクールに気取る。笑うよりも次の目標をインタビューで語る。

でもカー娘はそもそも同郷の仲良しグループとあって、一緒にいるだけで気が緩んで顔がほころぶ。ワチャワチャやっている。その様子がすごく可愛かったのです。女性の笑い声が聴こえる町は幸せ感がある、みたいな文章を昔読んだことがあるけれどまさにその通り。

ちょうど同じ頃、自宅に資料本で送られてきた『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』(東洋経済新報社)。興味深いタイトルなので繁々と読んでいると葛西選手もまた手っ取り早くプラス思考を手にいれる方法として笑顔を絶やさないことを挙げていた。

葛西選手といえば計8回の冬季オリンピックに出場、40代でメダルを獲得という偉業の持ち主。今回の平昌オリンピックの帰国後はメダリストでないにも関わらず、空港には彼の元へマスコミが殺到するという奇跡の光景を生んだのだ。そしてまさかの

 

「4年後の北京ではメダルを取りたい」

 

と次期冬季オリンピックへ出場宣言。もう負けたよ、あんたには……。

それでもMr.ポジティブの彼が言う、笑顔の力。なんだかこう書くと24時間テレビのキャッチコピーみたいですね。でもここには底知れぬ力があるのかもしれない、いや平昌が寒すぎてみんな笑うしかなかったのかな……と思いを巡らせる私。

石田ゆり子は笑顔で眠りにつくと言う

そして最近、気になっていた石田ゆり子さんのエッセイ『Lily ――日々のカケラ――』(文藝春秋)を購入。今や中年女子の星から、日本女性の星へとなった師匠の本ならば買わないわけにいかない。まさか自分がゆり子になれるなんておこがましいことは思っていないけど、買うくらい自由じゃないか。

読み進めていく中で手を止めたのが、眠りにつくときは笑顔で眠るという一節。「今日も1日ありがとうございました」「明日も宜しくお願いします」と微笑みながら就寝。実は就寝中の表情がとても大切で、例えば眉間にシワを寄せたままで寝るとそのまま癖になるとか。これは彼女にとっておまじないみたいな要素もあり、20代から続けている習慣だそう。

ほほう……。

鏡で自分の顔を見るとなんだかたるんでいた。表情筋、使っていないせいだろうか。

地方取材や制作が続いて体が疲労気味なことは紛れもない事実だけれど、それって肉体的ケアで変わるのだろうか。

あんなに可愛い娘たちや、40代たちが眩しく見えるのは笑顔でいることもひとつのエネルギーの源なんだろうな、と一連で感じた。シワを気にして笑うことを控えていたこともあったけど、そうじゃないかもしれない。

無料でできることはすぐに実行に移す性分ゆえ、これからは笑顔を心がけることにした(ベッキー♪♯風)。その一歩としてこの原稿を書きながらカフェで笑ってみたところ、店員と目があって気まずくなってしまった。そんな3月の午後。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

東京でひとり映画に行くなら? おひとりさまオススメ映画館ガイド

OTONA SALONE大人気記事、どこまで一人で行ける? 女の「おひとりさまレベル」を10段階にしてみたでは「おひとりさまレベル3」。意外とおひとりさま初心者でも…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の…

40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

アラフォー独女が主人公のドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時~)が、実際のアラフォー独女から注目されています。結婚しようと思えば…

40代にしかわからない!カラオケでなぜか踊ってしまう曲 10選

年齢によるジェネレーションギャップを感じやすいもののひとつに、カラオケがあります。会社の後輩や部下などと一緒にカラオケへ行くと「その曲、誰のですか?」などと言わ…

40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?アタシ自身は、最初のうちは食…

NHK有働由美子アナ「あさイチ」卒業へ。48歳の独身女性が出す結論とは?

OTONA SALONEの読者のみなさま、初めまして。ライターのスナイパー小林と申します。各所でエンタメに関するコラムを書かせてもらっているのですが、今回からこちらで『ライ…

少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

多くの40代女性が幼少のころにハマった少女漫画といえば『キャンディ・キャンディ』があげられます。主人公は孤児院で暮らす明るく元気な少女・キャンディ。彼女を取り巻く…

嵐・櫻井翔主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』感動の原案とは?

年末年始はテレビをなんとなく見て過ごす予定という人も多いのでは?「ながら見」もいいけれど、是非おすすめしたいドラマがあります。それが2017年1月3日(火)夜9時から…

松本潤主演『99.9』明日で深山ワールドが最終回!2時間スペシャルに期待

最近、いかにしてストレスを軽減するかがテーマになっています。そのひとつに取り入れているのが『闇風呂』。単にバスルームの電気を落として、You Tubeの”ヒーリング”で引…

「や、年齢なんて関係ないっす」40女の地方ひとり飲みはオヤジが神

女もいい年齢になると一人でお茶を飲む、ランチをするのは当たり前。「え、私、ひとりでなんて飲食店に入れないから!」なんていうのが通用するのは20代までだと思います。だいたい仕事も恋愛も友情も忙しくなるわけ…

40代独女は今すぐ移動して。「天国のようにモテる」意外なこの場所

週末ごとに東京都内で、同じメンツで飲んでいた私。恋愛アドバイザーやら結婚コンサルタントやらに言ったら、3秒でぶった斬られそうな独身生活を送っていた私……! そんなところにたまたま長期で、地方へ取材に出か…

独身40代オンナのモテ天国はここにアリ?私が巡り合った新聖地とは

以前「たまたま地方取材中にひとりで飲んだら、東京とは比べものにならないほどモテた。結婚したい女性は地方で遊んだほうが絶対に効率がいい」という個人的なネタを書きました。これがまさかまさかの大好評と編集部…

プレイバック花男。私たちのアオハルがよみがえる「花のち晴れ」

アラフォー世代が必要以上に気合を入れなければいけないことのひとつに”恋愛”があると思います。ほんの10年前まで、ちょっと酒が入ればすぐに誰かのことが好きになれたあの感覚は一体どこに消え去ってしまったのでし…

菜々緒のドSっぷりと美脚を拝見「人事の悪魔・椿眞子」

春ドラマが開幕。年に4回訪れるドラマスタートの時期は忙しくもあり、楽しくもありです。最近はドラマ黄金期と言われた90年代のドラマがフィーチャーされているケースがとても多いと思う。書籍での90年代ドラマ分析…

火9『シグナル』まさかの第1話で真犯人判明?坂口健太郎の制服姿が尊い

ここ数年”カンテレ、火曜21時放送”のキーワードがにワクワクしています。小栗旬、西島秀俊主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(2016年)など、放送倫理ギリギリのラインで視聴者の元に飛び込んできてくれるよう…

一人飲みの40代独女が「天国のようにモテた場所」それは♯1

東京からそう遠くない地方へ取材に出かけて、約2週間のホテル生活をしておりました。地方の楽しみといえば食。ひとりで宿泊していたので夜は駅前の繁華街へひとりででかけることに。そこでアラフォーの私が体験した…

「わろてんか」が最終回へ。笑うのか、泣くのかはたまた……

桜満開のなか、原稿を書いております。この時期、年度末の訪れを実感するのがNHK朝ドラ作品の切り替わり。6ヶ月の放送期間で年度2回のペースで作品が変わっていきます。夏休みになると小学生の頃から祖父母と一緒…

改めて申したい、向井理がいい男すぎる『きみが心に棲みついた』

昔、合コンでも「S?M?」と聞かれるのが流行りました。そういうときに答えるのが非常に困っていた記憶があります。どちらの素質もある自覚があったからです。ではこのふたつの言葉の意味がどんなものかと調べるとサ…

松本潤主演『99.9』明日で深山ワールドが最終回!2時間スペシャルに期待

最近、いかにしてストレスを軽減するかがテーマになっています。そのひとつに取り入れているのが『闇風呂』。単にバスルームの電気を落として、You Tubeの”ヒーリング”で引っかかってくる音楽を流して入浴するだけな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CULTUREに関する最新記事