給与天引き派なら10年20万以上トクできる?イデコ・ニーサ「基本のき」

毎月の収入の中からコツコツお金を貯めるのは、貯蓄の基本です。しかし、それだけではなかなか増えていかないのも現実。長く続くマイナス金利の影響で、金融機関に預けていても、利息は0.001%という金融機関は少なくありません。

そこで考えたいのが、iDeCo、NISA、つみたてNISAという3つの制度です。

賢く貯められるこれらの制度を紹介します。

 

iDeCo(=イデコ)は自分年金づくりに最適

2017年1月に制度が変わり、20歳以上60歳未満の人は基本的に誰でも加入できるようになりました。掛け金は月々5000円から加入できて、出したお金は投資信託などで運用されます。運用先は自分で決められるので、リスクをとりたくなければ、定期預金や生命保険での運用にしてもOK。

この制度のすごいところは、掛け金が全額所得控除になるところ。そのため、所得税と住民税が安くなります。たとえば、月1万円の掛け金なら1年で12万円出したことになります。12万円全額が所得から差引かれて税金が計算されるので、所得税は税率が10%の人なら1万2000円、住民税は一律10%なのでこちらも1万2000円が安くなります。つまり、12万円の掛け金で2万4000円も得になるということ。割合にしたら20%です。

iDeCo(=イデコ)は、正式名称が個人型確定拠出年金といいます。老後資金づくりのための制度なので、60歳になるまでは原則引き出しはできません。無理のない掛金で始めたい制度です。

 

NISA(=ニーサ)は投資の非課税制度

2014年1月から始まった、投資の制度です。

NISA口座を通じて投資をした場合、年間120万円までの資金については収益が出ても非課税になります。投資とは、株式や債券を対象にした投資信託や、上場REIT、上場株式などですが、リスクの大小はさまざまです。バランス型の投資信託なら、3%くらいの利回りでローリスクローリターンが見込めるでしょう。

投資から得られる収益は、分配金・配当金・譲渡益ですが、本来これらの収益には20.315%の税率で課税されますが、NISAを利用すれば非課税になります。非課税期間は最長5年ですが、翌年の非課税投資枠に移すこともできます。

ただし、一人一口座しか作れませんので、金融機関選びは大切です。銀行のほか、保険会社や信用金庫、信用組合でも取り扱っていますので、比較検討したいですね。

NISA(=ニーサ)は、正式名称が少額投資非課税制度といいます。少額から投資にチャレンジするには最適な制度です。

 

つみたてNISA(=つみたてニーサ)も登場

2018年1月から始まったばかりの制度です。

つみたてNISA口座を通じて、年間40万円までの資金についての長期積立・分散投資から得られる収益に対して、20年間非課税になります。購入方法は定期的かつ継続的なつみたて形式に限られます。

NISAと似ている制度ですが、年間資金が40万円までと小さくなった一方で、非課税期間が20年と長期になりましたので、NISAよりさらに少額からの積立・分散投資ができるようになりました。

NISAと併用はできませんので、どちらがより自分にあっているか比べてみるとよいでしょう。

 

貯蓄の利息が大きく期待できないなか、利用したいのはこのような公的な制度です。投資の利回りは不確実な部分もありますが、節税効果は確実です。

活用できる制度はしっかり活用し、賢くお金を増やしましょう。

 

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

 

もっと読むなら

40代の貯金

節約

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

40代で1000万円貯める人が2割もいる?コツは「自動」と「移動」

40代の平均貯蓄残高は588万円(金融広報中央委員会、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成28年)」)。その2倍近くの1000万円を貯めるのは、とてもハードルが高いように思えますが、本当にそ…

【お金の失敗】40代のダメ貯金と、成功した貯金を分析してみたら…?

貯蓄法は数々ありますが、残念ながら成功するとばかりは限りません。頑張ったのに失敗した時のやるせなさは、実際にお金が貯まっていない現実とあいまって、心身ともにダメージを与えます。今回は、FPとしてさまざま…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの設問を用意しました。設問に答えることで、…

貯金が苦手な人必見!40代からの「貯まる家計簿づけ」のコツって?

家計簿をつけていても、お金はなかなか貯まらないと思っている人は少なくありません。一念発起してつけはじめた家計簿も、効果が見えてこないと続かないものです。しかし、貯蓄のためには支出のコントロールは必須。…

ほっといてもお金が寄ってくる!お金に好かれる意外な「3つの口ぐせ」

昔から、「金は天下のまわりもの」と言われますが、自分のところにはあまりまわってこないなぁ、と感じている人もいるのではないでしょうか。自分のところに、より多くまわってくるためにできることは数々ありますが…

「節約疲れ」にサヨナラ! 楽しくお金を貯める3つの心得

節約は大切です。こまめに節約することで、支出を抑えて貯蓄を増やしたいですね。しかし、いつも節約をしていると、いつの間にか疲れてしまいます。疲れをそのままにしていると、ある時我慢の限界がきて、一気に節約…

40代女性が家を買うなら「やってはいけない」3つのこと

住宅購入を考えるタイミングは人それぞれ。40代の今こそ、と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、40代の女性が家を買うなら、やってはいけない3つのNG行動をお伝えします。60歳過ぎてもローンが残る設…

レーザー治療とコスメ、美白するならどちらがお得?お値段と注意点

シミ・そばかすは、一度できてしまうとなかなか消えてくれないものです。数々の美白化粧品を試しても効果を実感できないと、レーザー治療を考える人もいるのではないでしょうか。レーザー治療は、皮膚科、美容外科、…

「本多式」なら誰でも自然に貯まる!蓄財の神のとってもシンプルな教え

本多静六(1866-1952)という人物を知っていますか。本多静六は、明治から昭和にかけて活躍した林学博士で、東京の明治神宮や日比谷公園など多くの公園を設計しました。同時に、蓄財でも知る人ぞ知る有名人。今回は…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽しみを、我慢する必要があります。しかし今…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事