松本潤主演『99.9』明日で深山ワールドが最終回!2時間スペシャルに期待

最近、いかにしてストレスを軽減するかがテーマになっています。そのひとつに取り入れているのが『闇風呂』。単にバスルームの電気を落として、You Tubeの”ヒーリング”で引っかかってくる音楽を流して入浴するだけなのですが、これが効くのです。脳内がすっきりしていく感じ。

同じ要領で寝る前にレコーダーに溜まりまくっている録画したドラマを見るのも習慣にしています。これも部屋の電気を落とす。普段はゼロに近い集中力が一気に高まるのか、作品に泣いたり笑ったり一喜一憂。で、寝ます。安眠の敵と言われているライトを浴びまくってますから、これが正解とは断言しませんけど、心地よく寝られるんですよね。

ちなみに観るのはなるべく笑いの取れるものにしているのですが、昨夜観ていたのが『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』(TBS系・毎週日曜21時放送)でした。

『99.9-刑事専門弁護士-』公式サイトより

 

全員が深山ワールドに吸い込まれていく最終回へ

99.9%は有罪が確定した刑事事件に立ち向かう弁護士・深山大翔(松本潤)が、事件の事実を求めていくコメディー作品。2016年4月にSEASON1が放送、早くもSEASONⅡが今回放送された。

毎度放送終了後には、演出に仕掛けられた細かなギャグにドラマファンが騒然。ダンカンがゲスト出演すれば『きたの商店街』に『妻美枝豆豆腐店』が存在してたけし軍団を思わせるなど。「よくもここまで……!」とニヤニヤしてしまうシチュエーションの連発。あと深山が堂々と親父ギャグをかましてくるのはもう風物詩だろうか。

この深山がもちろんストーリーの主軸になるのだけど、とにかく良い意味でアホっぽくて好きだ。

いつもニヤニヤしながら薄ら口を開けている深山。弁護士なら稼いでいそうなものを着ているスーツはいつも同じ、使いやすそうなリュックを背負って裁判所に登場する。都合の悪いことは聞かざる、言わざる、見ざる。面倒臭いことはパラリーガルにお任せ状態。

ここだけ聞いていると高田純次に続く平成のいい加減男にしか思えないけど、もちろん深山はここで終わらない。

 

いい大人がワチャワチャ、これは壮大な部活動を描いたドラマなのか

ほとんどの弁護士が関わろうとはしない、ほぼ有罪確定の刑事事件の真実が見えるまで深山は子どものように追いかける。そして0.1%の確率の力を立証させてしまう。その様子だけは本当にかっこいい。というか、主役がガンガン動くドラマが大好物なのでね。

この独特とも言える深山ワールドに吸い込まれていく、周囲の人間。上司・佐田(香川照之)も、後輩にあたる尾崎(木村文乃)も初めは法律家というプライドを堂々と掲げていた。それが忖度目的であったり、優等生ゆえの振る舞いだったりするのだけどだんだん深山のやり方に惹かれて、次第に真似るようにまで発展してる。

この現象を見ていて何が楽しいのかを考えていくと、その様子が部活動に似ているというところに着地。

中高生の頃、部活にひとりはエース部員がいたと思う。そのパターンは「みんな、一緒に頑張ろうぜ!」と部員を率いていく主将的な存在。もうひとつは孤高ながらも異常に運動神経が良かったり、才能に恵まれていてポーンと抜きん出てくる存在。でも周囲はいつの間にか孤高野郎に注目してしまうし、リスペクトさえ覚えてしまう。サッカー日本代表で言うなら本田の存在、クラスというシチュエーションで考えると転校生も同類。それが深山なのだと思う。

そして深山のやり方に感化されたエリートたちが、彼に振り回されながら自分の仕事のあるべき姿へ素直に立ち戻る。それが可愛い。佐田が深山のアシスタント化していたり、尾崎の隠していた趣味の腹話術をからかわれたり。でもみんなが深山風で結果、全員がひとつのチームとなって裁判に勝つ。気付かぬうちに『99.9』はいつの時代も好まれるアオハル作品になっている。

たいがいのドラマはこういうストーリー展開だけど、特にこの作品は部活動色が強い。それがSEASONⅡはより色濃くなっていて、演者同士のどこまでが芝居なのかわからないやり取りが続いていて。ああ楽しい。

最終回。よく見たら2時間スペシャルなんですね。こりゃ夜中に電気を消して観るときは、いつもより長く見れると楽しみが増えました。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

東京でひとり映画に行くなら? おひとりさまオススメ映画館ガイド

OTONA SALONE大人気記事、どこまで一人で行ける? 女の「おひとりさまレベル」を10段階にしてみたでは「おひとりさまレベル3」。意外とおひとりさま初心者でも…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の…

40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

アラフォー独女が主人公のドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時~)が、実際のアラフォー独女から注目されています。結婚しようと思えば…

40代にしかわからない!カラオケでなぜか踊ってしまう曲 10選

年齢によるジェネレーションギャップを感じやすいもののひとつに、カラオケがあります。会社の後輩や部下などと一緒にカラオケへ行くと「その曲、誰のですか?」などと言わ…

40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?アタシ自身は、最初のうちは食…

NHK有働由美子アナ「あさイチ」卒業へ。48歳の独身女性が出す結論とは?

OTONA SALONEの読者のみなさま、初めまして。ライターのスナイパー小林と申します。各所でエンタメに関するコラムを書かせてもらっているのですが、今回からこちらで『ライ…

少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

多くの40代女性が幼少のころにハマった少女漫画といえば『キャンディ・キャンディ』があげられます。主人公は孤児院で暮らす明るく元気な少女・キャンディ。彼女を取り巻く…

嵐・櫻井翔主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』感動の原案とは?

年末年始はテレビをなんとなく見て過ごす予定という人も多いのでは?「ながら見」もいいけれど、是非おすすめしたいドラマがあります。それが2017年1月3日(火)夜9時から…

放送禁止ギリギリの下世話ワードが爽快な女4人の友情『ラブラブエイリアン2』

「女の友情は儚い」と聞くけれど、そんなことを望んだ女性はどれだけいるのだろうか。1日は24時間しかないのに、そのうち日々8時間を仕事に占拠されている。残りわずかな…

火9『シグナル』まさかの第1話で真犯人判明?坂口健太郎の制服姿が尊い

ここ数年”カンテレ、火曜21時放送”のキーワードがにワクワクしています。小栗旬、西島秀俊主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(2016年)など、放送倫理ギリギリのラインで視聴者の元に飛び込んできてくれるよう…

一人飲みの40代独女が「天国のようにモテた場所」それは♯1

東京からそう遠くない地方へ取材に出かけて、約2週間のホテル生活をしておりました。地方の楽しみといえば食。ひとりで宿泊していたので夜は駅前の繁華街へひとりででかけることに。そこでアラフォーの私が体験した…

「わろてんか」が最終回へ。笑うのか、泣くのかはたまた……

桜満開のなか、原稿を書いております。この時期、年度末の訪れを実感するのがNHK朝ドラ作品の切り替わり。6ヶ月の放送期間で年度2回のペースで作品が変わっていきます。夏休みになると小学生の頃から祖父母と一緒…

改めて申したい、向井理がいい男すぎる『きみが心に棲みついた』

昔、合コンでも「S?M?」と聞かれるのが流行りました。そういうときに答えるのが非常に困っていた記憶があります。どちらの素質もある自覚があったからです。ではこのふたつの言葉の意味がどんなものかと調べるとサ…

カー娘「愛される魔法」は葛西紀明・石田ゆり子と同じコレだと思う

季節も変わり、地獄の花粉症の季節へ突入したせいでしょうか。独身ですから朝5時に起きているわけでもなく、24時間すべて自由に使えるという身分なのにどうにも疲れています。寝ても寝ても根幹にある疲労が抜け切ら…

『バイプレイヤーズ 』を見ながら不思議な気持ちで涙ぐんでいる、私も

2018年2月21日『バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(以下、略)に出演していた大杉漣さんが急逝されました。ここから『バイプレーヤーズ』について記事を進めるわけですが、こ…

『もみ消して冬』で山田涼介が顔芸名優に進化したと思う

テレビドラマは楽しい。私なんてハマって視聴をするようになったのが小学生だからすでに四半世紀は虜になって、ついにはこうしてコラムを書く仕事にまで発展してしまった。でも時代の変遷とともに内容もずいぶん変わ…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う子供が走り過ぎ、ベビーカー乗車中の赤ちゃ…

放送禁止ギリギリの下世話ワードが爽快な女4人の友情『ラブラブエイリアン2』

「女の友情は儚い」と聞くけれど、そんなことを望んだ女性はどれだけいるのだろうか。1日は24時間しかないのに、そのうち日々8時間を仕事に占拠されている。残りわずかな余暇は好きな男性にだって会いたい。ついで…

「女子的生活」志尊淳の美しすぎる女装とトランスジェンダーの本音【金10】

OTONA SALONEの読者のみなさま、ライターのスナイパー小林と申します。好きが高じてドラマ評を各所で書かせてもらっている私から、気になったドラマを紹介するコラム『ライター・スナイパー小林の”日々連れズレ”』。…

CULTUREに関する最新記事