いちばん「意地悪な男」が多い血液型って? 【アンケート】

お付き合いするまでは優しい男だと思ったのに、深い仲になってみたら「この男、意地が悪い!」なんてことになれば、おもしろくありません。

恋人が「意地悪な男」ですと、女性の心は傷つきますので、選ばないに越したことはありません。

そこで、OTONA SALONEでは「意地悪な男が多い血液型って?」を調査!

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが気になる結果をご案内します。

 

いちばん「意地悪な男」が多い血液型って? 【結果発表】

 

OTONA SALONE読者のみなさまに「意地悪な男性が多い気がする血液型は?」とご意見を募ってみると……。

4位:O型・・・14%

3位:AB型・・・21%

2位:B型・・・19%

同率1位:いない・・・23%

同率1位:A型・・・23%

「いない・わからない」と答えている方も少なくなかったものの、具体的な血液型の1位としては「A型」という結果に。

さて、その理由って……?

 

A型の男って、どんなふうに意地悪?

 

まずは「A型」を選択した方のご意見からご紹介します。

 

「普段は人当たり良く振る舞うが、自身がキャパオーバーすること、急にガチ切れする。

他人から良く思われたいパフォーマンスはするが、実際他人を手助けはしないと思う」(A型を選択/53歳・フルタイム派遣主婦)

「調子に乗り出すと偉そうになる」(A型を選択/41歳・主婦)

 

B型やO型はどんなふうに意地悪?

 

続いては、B型やO型を選択した方のご意見です。

 

「とにかく自己中心的」(B型を選択/37歳・主婦)

「小さな事でキレたり、怒りの価値観がずれてる。自分が手柄をたてたがり、美味しいとこ取りがある」(B型を選択/50歳・会社員)

「上司が、自分の嫌いな人を徹底的にいじめていたので」(O型を選択/50歳・会社員)

 

「この男、意地悪かも……」と思ったなら、離れるのがいちばん!?

 

自己中、キレっぽい、偉そうになる、身近な人を露骨にいじめる……など、意地悪な男にはいくつかのパターンがありますが「この男、もしかして意地悪?」と感じた場合には、離れるのがいちばんだと個人的には感じます。

「意地悪」は、ひとつの欠点でもあります。いい歳して意地の悪い言動をする男は、自己をコントロールすることができない“お子様体質”なのが否めず、身近な女性には悪い意味で“甘える”、つまり“甘ったれタイプ”も多い気がします。

なにかしらに満たされていないと、その鬱憤を晴らすかのように周囲に攻撃的になるだなんて、まわりからしてみれば“不幸メーカー”。

事情があるにせよ、意地悪な面を表面に出してしまうような男には、自分軸でしか物事を考えない性分も垣間見えます。自分が満たされているときには「優しい男」になれても、ひとたび満たされなくなると意地悪を繰り出しますから、近くにいる女性が振り回されるタイプです。

大人の男であれば、不満があっても他者、特に身近な存在の女性には優しくできて然り。

「この男、意地悪かも……」と思ったら、そそくさと退散するのが、最大の自己防衛策です!

 

さて、今回の結果をみなさまはどんなふうに捉えましたか?

日本人にいちばん多いとされる「A型」が具体的な血液型の1位になっていたのは、単なる母数の問題でしょうか、それとも……!?

 

もっと読むなら

40代の恋愛

血液型

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

あっという間にマイナス3歳!「わたし老けた?」と思ったら見直したいコスメの“色”3選

40代は、これまでと同じメイクを続けていても、鏡を見ながら「あれ? なんだか老けた……?」と感じる瞬間も多々。その日のコンディションによっても、雰囲気変わりがちではあるものの、もしかするとメイクの“何か”が…

【乾燥対策】40代がニベアとプチプラで対策するならどう組み合わせる?

そろそろ、全身の乾燥が気になり始めた季節。とは言っても、まだがっつりと乾燥対策するのには早いだけに、ゆるっと乾燥対策を始めるのが、今の時期の気分です。40代はプチプラを上手に組み合わせて、満足度の高いお…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

絶対ムリ! 男が一瞬で「この女性とは距離を置きたい」と感じた40代女性の会計マナー

デートと会計シーンは、切っても切れない間柄。それだけに、デートの終盤にいざお金を払う場面で、本性が現れ幻滅を招く……というのも、恋愛における“あるある”です。昨今は、男性がご馳走するシーンばかりではなく、…

【男の本音】「うわ~幻滅!」男ウケの悪い40代女性の髪とメイクのNGギャップ3例

「髪は、顔のフレーム」とも言われるだけに、その仕上がりは、全体の印象をも左右するもの。そして、髪の様子とメイクにギャップがありすぎると、男性目線でも「ん?」となりやすいのは否めません。モテを極めるなら…

これやるとオバサン!40代が年齢以上に見える「秋のアイメイク」3つのNG

アイメイクを変えたばかりに「あれ? 年齢より老けて見える……?」になれば残念の極み。特に、秋色アイメイクには40代女性を老けて見せがちな色みも少なくないために、気を抜けません。「今年、アイメイクを冒険する…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事