「わろてんか」が最終回へ。笑うのか、泣くのかはたまた……

桜満開のなか、原稿を書いております。この時期、年度末の訪れを実感するのがNHK朝ドラ作品の切り替わり。6ヶ月の放送期間で年度2回のペースで作品が変わっていきます。

 

夏休みになると小学生の頃から祖父母と一緒に見るようになって、軽く四半世紀が過ぎました。見ている理由は面白さを問うのではなくもう仕事、習慣の域ですね。なんだか見なくてはいけない衝動にかられてしまうのです。そしていちいち感動してしまう。でもその感動を引きずらないまま、次の作品がスタートするのです。ロスだのなんだの余韻を一切気にしない潔さが朝ドラの魅力でもあると思います。

 

そしてこの春に終焉を迎えるのは『わろてんか』。どんな展開を迎えるのか想像しながら、この半年間を振り返ってみたいと思います。

 

連続テレビ小説「わろてんか」公式サイトより

松坂桃李と高橋一生、夢の共演に眼福、満福

物語のヒロインは北村てん(葵わかな)。京都の老舗薬種問屋の跡取り娘として生まれながらも、笑いを商売にしたいという北村藤吉(松坂桃李)と恋に落ち、結婚。大阪で『風鳥亭』という寄席から始まり、事業は広がって『北村笑店」という芸人300人を抱える会社に成長。そして藤吉の病死後はてんが社長となって会社を切り盛りし、ふたりが目指した”笑って生きる”人生を歩んでいくはずが、戦争に行く手を阻まれてしまう。

 

いわゆるロミジュリの恋と、仕事の才覚を見せるお嬢様の生き様が物語のメイン。朝ドラの定番である。まず私の印象に残ったのは「だいぶイケメン祭りだったよね……」。その筆頭になるのがてんの旦那役の松坂桃李と、夫婦と公私に渡って支え合うことになる伊能栞役の高橋一生。このふたりが一度に拝める15分間なんて女性がざわつかないはずがない。

 

藤吉と栞は一時期、恋敵であったもののケンカを経て無二の親友になるという、ドラマ好き……いや大映ドラマを知っている世代にはたまらない展開を見せた。加えてスタート時には、てんの兄(病死)役として千葉雄大も登場していたのだ。この3人のスケジュールを抑えているのなら、なんとか時間を駆使してあと一本くらいスピンオフでも撮影しておけばよかったのに。

 

イケメン出演ラッシュは最初だけなのかと思いきや、第18週からはてんの息子役に成田陵も姿が。出演した俳優が後々ブレイクするというのは朝ドラの定説だけど、現役の人気俳優を揃えるとはさすが朝ドラ。一度は出演を夢見る役者の登竜門だもの、どんなに忙しくても何とかするのだろうな。

 

いい男祭りに終わらせなかった主演女優のど根性

 

誰もが羨むキャスト陣に囲まれて主演を務めたのが葵わかなさん。今回の朝ドラが大役となるのですが、それまで私には保険会社のCMのイメージしかありませんでした。ご、ごめんなさい、どうしても女優さんより俳優さんの青田買いを得意としてしまうので……。

 

加えて前文に上げたいい男祭りである。あまりディスるような表現はしたくないけれど、主役なのに彼らの存在感が大きすぎて埋もれてしまっていたように思う。ドラマ好きや業界人の間では「どうなんだろうねえ(笑)」とやや失笑が漏れていた。

 

でももうほぼ”国民の義務”として朝ドラを視聴し続けている身分としてはそのままで終わってほしくなかった。必ずどこかで起死回生が見られるはずと信じて、懲りずに見ていた第18週あたりから確変は起きた。

 

藤吉を亡くし、「北村笑店」の社長となったてん。ずっと旦那の近くで仕事ぶりを見て、仕事の技を吸収してきた彼女は一流のキャリア女性になっていた。悲しみに浸る間もなく、ずば抜けた才覚を見せる彼女はあきらかに輝いていた。よく夫に先立たれた妻が水を得た魚のように元気になって、長生きするというけれどひょっとしたらてんもその一派だったのかもしれない。

 

この頃から髪型も変えて中年女性を演じ始め葵さん。この辺から一生さまも寄せつけない、女優としてのど根性をめきめきと見せつけてくれるようになった。要は面白くなったのだ。ああ、ここまでの道のりは長かった。

 

それから庶民的な生活ぶりも良かった。これまでの朝ドラでは社長業をこなしているとなると、やや贅沢な暮らしぶりが見受けられたのだけど、てんはいつまでも長屋住まい。これが現代の女性の働き方に似ている。今日日、起業もそんなに珍しいことでもない。なろうと思ったら明日にでもなれる。暮らしは今まで通り、でも仕事は自由に才能を発揮していくことがひとつのスタイル化している時代とリンクしたのかな、というのがスナイパー小林観。

 

そして物語は3月31日(土)に最終回を迎える。愛息を勘当したときも、戦地へ見送ったときも涙ひとつ見せずに何事にも悠然と構えていたてんも戦争にはすべてが揺さぶられた。空襲によって寄席小屋も社屋も自宅も失ったしまった女興行師が見せる笑いの行方とは?

スポンサーリンク

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事