「わろてんか」が最終回へ。笑うのか、泣くのかはたまた……

桜満開のなか、原稿を書いております。この時期、年度末の訪れを実感するのがNHK朝ドラ作品の切り替わり。6ヶ月の放送期間で年度2回のペースで作品が変わっていきます。

 

夏休みになると小学生の頃から祖父母と一緒に見るようになって、軽く四半世紀が過ぎました。見ている理由は面白さを問うのではなくもう仕事、習慣の域ですね。なんだか見なくてはいけない衝動にかられてしまうのです。そしていちいち感動してしまう。でもその感動を引きずらないまま、次の作品がスタートするのです。ロスだのなんだの余韻を一切気にしない潔さが朝ドラの魅力でもあると思います。

 

そしてこの春に終焉を迎えるのは『わろてんか』。どんな展開を迎えるのか想像しながら、この半年間を振り返ってみたいと思います。

 

連続テレビ小説「わろてんか」公式サイトより

松坂桃李と高橋一生、夢の共演に眼福、満福

物語のヒロインは北村てん(葵わかな)。京都の老舗薬種問屋の跡取り娘として生まれながらも、笑いを商売にしたいという北村藤吉(松坂桃李)と恋に落ち、結婚。大阪で『風鳥亭』という寄席から始まり、事業は広がって『北村笑店」という芸人300人を抱える会社に成長。そして藤吉の病死後はてんが社長となって会社を切り盛りし、ふたりが目指した”笑って生きる”人生を歩んでいくはずが、戦争に行く手を阻まれてしまう。

 

いわゆるロミジュリの恋と、仕事の才覚を見せるお嬢様の生き様が物語のメイン。朝ドラの定番である。まず私の印象に残ったのは「だいぶイケメン祭りだったよね……」。その筆頭になるのがてんの旦那役の松坂桃李と、夫婦と公私に渡って支え合うことになる伊能栞役の高橋一生。このふたりが一度に拝める15分間なんて女性がざわつかないはずがない。

 

藤吉と栞は一時期、恋敵であったもののケンカを経て無二の親友になるという、ドラマ好き……いや大映ドラマを知っている世代にはたまらない展開を見せた。加えてスタート時には、てんの兄(病死)役として千葉雄大も登場していたのだ。この3人のスケジュールを抑えているのなら、なんとか時間を駆使してあと一本くらいスピンオフでも撮影しておけばよかったのに。

 

イケメン出演ラッシュは最初だけなのかと思いきや、第18週からはてんの息子役に成田陵も姿が。出演した俳優が後々ブレイクするというのは朝ドラの定説だけど、現役の人気俳優を揃えるとはさすが朝ドラ。一度は出演を夢見る役者の登竜門だもの、どんなに忙しくても何とかするのだろうな。

 

いい男祭りに終わらせなかった主演女優のど根性

 

誰もが羨むキャスト陣に囲まれて主演を務めたのが葵わかなさん。今回の朝ドラが大役となるのですが、それまで私には保険会社のCMのイメージしかありませんでした。ご、ごめんなさい、どうしても女優さんより俳優さんの青田買いを得意としてしまうので……。

 

加えて前文に上げたいい男祭りである。あまりディスるような表現はしたくないけれど、主役なのに彼らの存在感が大きすぎて埋もれてしまっていたように思う。ドラマ好きや業界人の間では「どうなんだろうねえ(笑)」とやや失笑が漏れていた。

 

でももうほぼ”国民の義務”として朝ドラを視聴し続けている身分としてはそのままで終わってほしくなかった。必ずどこかで起死回生が見られるはずと信じて、懲りずに見ていた第18週あたりから確変は起きた。

 

藤吉を亡くし、「北村笑店」の社長となったてん。ずっと旦那の近くで仕事ぶりを見て、仕事の技を吸収してきた彼女は一流のキャリア女性になっていた。悲しみに浸る間もなく、ずば抜けた才覚を見せる彼女はあきらかに輝いていた。よく夫に先立たれた妻が水を得た魚のように元気になって、長生きするというけれどひょっとしたらてんもその一派だったのかもしれない。

 

この頃から髪型も変えて中年女性を演じ始め葵さん。この辺から一生さまも寄せつけない、女優としてのど根性をめきめきと見せつけてくれるようになった。要は面白くなったのだ。ああ、ここまでの道のりは長かった。

 

それから庶民的な生活ぶりも良かった。これまでの朝ドラでは社長業をこなしているとなると、やや贅沢な暮らしぶりが見受けられたのだけど、てんはいつまでも長屋住まい。これが現代の女性の働き方に似ている。今日日、起業もそんなに珍しいことでもない。なろうと思ったら明日にでもなれる。暮らしは今まで通り、でも仕事は自由に才能を発揮していくことがひとつのスタイル化している時代とリンクしたのかな、というのがスナイパー小林観。

 

そして物語は3月31日(土)に最終回を迎える。愛息を勘当したときも、戦地へ見送ったときも涙ひとつ見せずに何事にも悠然と構えていたてんも戦争にはすべてが揺さぶられた。空襲によって寄席小屋も社屋も自宅も失ったしまった女興行師が見せる笑いの行方とは?

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

東京でひとり映画に行くなら? おひとりさまオススメ映画館ガイド

OTONA SALONE大人気記事、どこまで一人で行ける? 女の「おひとりさまレベル」を10段階にしてみたでは「おひとりさまレベル3」。意外とおひとりさま初心者でも…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の…

40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

アラフォー独女が主人公のドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時~)が、実際のアラフォー独女から注目されています。結婚しようと思えば…

40代にしかわからない!カラオケでなぜか踊ってしまう曲 10選

年齢によるジェネレーションギャップを感じやすいもののひとつに、カラオケがあります。会社の後輩や部下などと一緒にカラオケへ行くと「その曲、誰のですか?」などと言わ…

40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?アタシ自身は、最初のうちは食…

NHK有働由美子アナ「あさイチ」卒業へ。48歳の独身女性が出す結論とは?

OTONA SALONEの読者のみなさま、初めまして。ライターのスナイパー小林と申します。各所でエンタメに関するコラムを書かせてもらっているのですが、今回からこちらで『ライ…

少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

多くの40代女性が幼少のころにハマった少女漫画といえば『キャンディ・キャンディ』があげられます。主人公は孤児院で暮らす明るく元気な少女・キャンディ。彼女を取り巻く…

嵐・櫻井翔主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』感動の原案とは?

年末年始はテレビをなんとなく見て過ごす予定という人も多いのでは?「ながら見」もいいけれど、是非おすすめしたいドラマがあります。それが2017年1月3日(火)夜9時から…

松本潤主演『99.9』明日で深山ワールドが最終回!2時間スペシャルに期待

最近、いかにしてストレスを軽減するかがテーマになっています。そのひとつに取り入れているのが『闇風呂』。単にバスルームの電気を落として、You Tubeの”ヒーリング”で引…

火9『シグナル』まさかの第1話で真犯人判明?坂口健太郎の制服姿が尊い

ここ数年”カンテレ、火曜21時放送”のキーワードがにワクワクしています。小栗旬、西島秀俊主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(2016年)など、放送倫理ギリギリのラインで視聴者の元に飛び込んできてくれるよう…

一人飲みの40代独女が「天国のようにモテた場所」それは♯1

東京からそう遠くない地方へ取材に出かけて、約2週間のホテル生活をしておりました。地方の楽しみといえば食。ひとりで宿泊していたので夜は駅前の繁華街へひとりででかけることに。そこでアラフォーの私が体験した…

改めて申したい、向井理がいい男すぎる『きみが心に棲みついた』

昔、合コンでも「S?M?」と聞かれるのが流行りました。そういうときに答えるのが非常に困っていた記憶があります。どちらの素質もある自覚があったからです。ではこのふたつの言葉の意味がどんなものかと調べるとサ…

松本潤主演『99.9』明日で深山ワールドが最終回!2時間スペシャルに期待

最近、いかにしてストレスを軽減するかがテーマになっています。そのひとつに取り入れているのが『闇風呂』。単にバスルームの電気を落として、You Tubeの”ヒーリング”で引っかかってくる音楽を流して入浴するだけな…

カー娘「愛される魔法」は葛西紀明・石田ゆり子と同じコレだと思う

季節も変わり、地獄の花粉症の季節へ突入したせいでしょうか。独身ですから朝5時に起きているわけでもなく、24時間すべて自由に使えるという身分なのにどうにも疲れています。寝ても寝ても根幹にある疲労が抜け切ら…

『バイプレイヤーズ 』を見ながら不思議な気持ちで涙ぐんでいる、私も

2018年2月21日『バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(以下、略)に出演していた大杉漣さんが急逝されました。ここから『バイプレーヤーズ』について記事を進めるわけですが、こ…

『もみ消して冬』で山田涼介が顔芸名優に進化したと思う

テレビドラマは楽しい。私なんてハマって視聴をするようになったのが小学生だからすでに四半世紀は虜になって、ついにはこうしてコラムを書く仕事にまで発展してしまった。でも時代の変遷とともに内容もずいぶん変わ…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う子供が走り過ぎ、ベビーカー乗車中の赤ちゃ…

放送禁止ギリギリの下世話ワードが爽快な女4人の友情『ラブラブエイリアン2』

「女の友情は儚い」と聞くけれど、そんなことを望んだ女性はどれだけいるのだろうか。1日は24時間しかないのに、そのうち日々8時間を仕事に占拠されている。残りわずかな余暇は好きな男性にだって会いたい。ついで…

「女子的生活」志尊淳の美しすぎる女装とトランスジェンダーの本音【金10】

OTONA SALONEの読者のみなさま、ライターのスナイパー小林と申します。好きが高じてドラマ評を各所で書かせてもらっている私から、気になったドラマを紹介するコラム『ライター・スナイパー小林の”日々連れズレ”』。…

CULTUREに関する最新記事