彼氏が途切れない女って?【40代女性のリアル恋愛#2】

恋愛は10代や20代といった若い人たちだけのものではなく、オトナにはオトナの恋愛があります。恋愛をしている40代、50代の人たちもたくさんいるのです。一方で、恋人いない歴8年以上のOTONA SALONE編集長アサミのように、恋愛から遠ざかっている40代がいることも事実。

実際、40代女性たちの「いま」の恋愛事情はどうなっているのでしょうか? 40代女性の恋愛事情を本音トークで語ってもらう【40代のリアル恋愛】シリーズ、始まります。

前回の第1回に続き、「出会いがない女」代表・OTONA SALONE編集長アサミと、「彼氏が途切れない女」代表の40代バツイチ・シングルマザー女性・Mさんで、40代の恋愛が始まる「出会い」について語り合いました。

 

男性から「誘わせるスキ」をつくるコツ

M:私は個人的に、女友達とつるまないのも大事かなと思っています。

ア:それはどういう理由で?

M:独身の女友達を見ると女性同士でつるんでる人が多くて。昔はそこまでつるんでなかったはずなのに、だんだん一緒に行動できるお友達も限られるのかしら、本当にどこでも一緒で。

ア:確かにありますね……。

M:これ男性も誘うスキがないよね?って。女性同士で楽しそうなオーラも出るから、男性が入れなさそうに見えます。

ア:なるほど。まぁ、わたしもそっち寄りかな。女同士ばかりじゃないけど。男女問わず、誰かと一緒にいるときの写真をSNSにはアップしがち。一人のものは、面白モノくらいかな。

M:でもね、SNSで一人で飲んでるところを出してると、誘いやすいみたいです。

ア:確かに……客観的にみたらそうかも。

M:充実してそうだから男性がお誘いしにくいと思います。

ア:アップする趣味の内容もありますよね。センベロみたいなお酒の写真が多いとお酒を飲むのが趣味だと思いますもん。

M:一人酒している女性なら、特にね。

ア:私なんてアイドルのライブに行った写真アップしてたけど、そこから男性が誘ってくるとかはないですよね。女性からはものすごくコメントもらうけど(笑)!

 

男性との「出会いが多い趣味」って?

M:そういう意味では男性から関心の高い趣味って大事かも。でも、アサミさん、最近ゴルフが趣味なんですよね? 誘われませんか?

ア:ゴルフね!うん、5年くらいやってるけど最近やっと楽しさがわかり始めて! スコアも上がってきたから、私ゴルフやってますって言うようになったの。そしたら誘われるようになってきた!

M:ゴルフで出会いが増えたでしょう?

ア:確かに増えました。でも……今のところとっても健全なおじさまたちと健全にゴルフするだけですね。恋愛のにおいは一切しません。みなさま、お待ちしてます(笑)。

M:ゴルフを趣味にしている男性は多いし、アピールしたほうがいいですよ! 私の友達にも結構いますよ、独身でゴルフ大好きな仕事バリバリ男子。

ア:SNSにアップする趣味の種類って大事なんですね。

M:ライブにも行くでしょ? 出会いあるんじゃない? 友達になったりしません?

ア:私の場合、アイドルのライブなので(苦笑)。お客さんは女性ばっかりだから……。

M:そうか……。私が行くライブはロック系だから、男女ともに出会いがあるんですよね。だからそこで友達になったりもある。恋愛に発展したことはないけれど。

 

40代からの出会いは「ゼロスタート」ではなく

ア:ここまでのお話を聞いていると、出会いといってもまったく「新しく知り合う出会い」というわけじゃないんですね。

M:そうですね。

ア:フェイスブックの友人や知人、お酒、同窓会……過去になんらかの接点のあった人たちと「再会する出会い」が恋愛につながってる感じですよね。ある程度社会的な共通点のある人たちですね。

M:出会いって完全なゼロから始まるものではなくて、ある程度フィルターのかかった知り合いの群れの中にあるのかも。

ア:知り合いの群れの中にこそ、恋愛につながる出会い……。

M:私は男性に誘われやすいほうだと思うけれど、かといってSNSでとりわけ恋愛したいと書いているわけでもないんです。身元がある程度わかるもの同士の「気軽さ」があるとは思います。

ア:なるほど。出会いのチャンスを増やすには、1つ目は自分の弱みを見せるという「スキ」ってものが大事なんだなと。

M:誘ってもらうのを意識してじゃないんですけどね。

ア:2つ目に「男性が誘いやすい趣味」ですね。お酒でもセンベロでOKというような、男性が誘いやすい趣味。

M:そうね。お酒、ゴルフとかですよね。

ア:3つ目に同窓会のような「昔からのつながり」。しかも小中高ではなくて大学以降。それもクラス会やゼミ会ではなく、学校単位の大きなもの。あと、自社だけではない、同業他社との同期会、そういうものを経由して出会うんですね。

M:うん。そういう意味ではフェイスブックが出会いや再会のきっかけになってるかも。

 

出会ったあと恋愛に発展するか問題

ア:あとは、出会ったあとに恋愛に発展するかどうかですよね。なんとなく、私とは男性との距離感が違うのかな。

M:うん、これは自分ではわからないことなんだけど、違うかもしれませんね。

ア:私は礼儀正しすぎるって言われるかもしれない。年上の男性には親しくなってもわりと敬語のままだし。

M:私はスイッチを切り替えて甘えるシーンがあるかも……?

ア:敬語だと、距離を縮めにくいのかな?

M:うーん、どうだろう、でもこればっかりは身についているものだから、仕方ないですよね。

ア:私はあまりよく知らない男性からタメ口で話されるのも苦手で。だから、出会いがあっても先に進めさせないバリアがあるのかもしれません。こんなにオープンに喋ってるのに!

M:ね、婚活のこともここまでオープンにしてるのにね。

ア:「オープンすぎるて逆に入るスキがない」って言われたことあります。

M:私は、飲みに行くと最初の1/3までは敬語なんだけど、あとはお酒が入ってくるとタメ口になるみたいで。

ア:お酒の勢いでタメ口になっちゃうほど飲めないんですよね、残念ながら(苦笑)。眠くなるか、具合が悪くなるから……。

 

子どもがいる女性のデート事情

ア:ちなみに、いまのカレとはどういう日に会うんですか? 土日? 平日の夜?

M:私は平日が休みだから、平日の午後から夕方まで会ってたかな。相手が職業柄、結構コントロールできる人で。

ア:夜は?

M:夜は子どももいるし、家に帰ります。

ア:どんなところでデートするんですか?

M:その人は飲むのが本当に好きだから飲んでばっかり。でも、カレが私に時間を作ってくれるだけで価値があると思ってるから、私はそれでOK。

ア:いまのカレとの再婚は考えたりしません?

 

シングルマザーの恋愛は再婚につながる?

M:いま再婚は考えてないかも。今後は結婚そのものをしないかなー。

ア:シングルマザー的には再婚はない⁉

M:前の夫は、割と自分のことはできる旦那さんだったから、その他の人と付き合ってみると意外に男性って自分のことができないことに気づきました。

ア:ああ、同世代から上は家事できない男性のほうが多いかもですね。

M:もし再婚するとしたら子育てが終わってからだけど、長い間ぐっちゃぐっちゃになって子どもを育てたあと、また男性のぐっちゃぐっちゃな生活のお世話する理由が見当たらなくて。

ア:なるほど……孤独死が不安、みたいなことは考えませんか? 未婚の独女はわりと考えるんですが。

M:本当に一人になっちゃったら考えるのかもしれません。

ア:やっぱり、子どもがいるからですか?

M:子どもをあてにしてるわけではなくて、いま実感がないだけ。もしかして子どもが巣立ったら急に寂しくなるのかもしれません。

ア:

M:この3日間子どもが旅行中なんだけど、3日寂しいので全部飲みに行く約束入れてるくらい。

ア:相手から結婚の話は出たりしませんでした?

M:あったけど、うーん。僕はやっぱり自分の子どもがほしいって言われてフラれることもありました。

ア:今の彼と別れても次があると思う?

M:うーん、そもそも今の彼とお別れしないと思う。いまのところ別れる理由がないからねえ。一目惚れしたくらいなので、本当に好みで。

ア:40代、50代、今後も恋愛を続けていくだろうな、というわけですね。そう言い切れるのがうらやましいです!

 

【2回シリーズ了。不定期連載です!】

前編はこちら

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

元・片づけられない女が考案。世界一カンタンな「鬼速片づけ」たった2つの法則

毎日を、せわしなく生きるオトナ女性。忙しい毎日に頭がいっぱいいっぱいになったり、余裕がなくなってイラっとしたり。そんな心が荒れてしまっているとき、実は部屋も荒れているんです!部屋が片づいていることで、…

【全色塗ってみた】THREEの新作グローリップ9色、美肌に見えるのはどれ?【イエベ・ブルベ】

品格をあらわすのは口元です。オトナ世代のメイクで大事なのは、ずばりリップメイク。大人の品格を出しつつも、今っぽいリップはどんな色でしょうか? 気になるメイクアイテムをリアルに試す、人気の「全部塗ってみ…

自分史上、最高の写真を撮れる!【カメラ撮影テク×パーソナルカラー講座】

美味しい料理、キレイな景色、自分のプロフィール……。何かと写真を撮影してSNSなどでシェアする機会が増えました。できるだけステキな写真を撮れるようになりたいですよね。そこで、自分史上、最高の写真を撮れるよ…

【全色塗ってみた】クレ・ド・ポー ボーテ 新作リップ。美人見え口紅を探せ!【イエベ・ブルベ】

顔がぼんやりしたがちなオトナ世代。メイクで大切なのはずばり「リップ」です。40代の肌がキレイに見える「美人見え」リップはどんなものでしょうか? オトナサローネは気になる新色をリアルに「全部塗ってみた」と…

世界が注目する日本の観光ルート「昇龍道」知ってる?中でもおすすめ観光スポットは…

オトナサローネ編集長・アサミがいま注目している地域といえば、「昇龍道」。中部から北陸にかけての、あたかも龍のような超開運観光ルートです。歴史的建造物や伝統文化、絶景に絶品グルメと、オトナ女子の知的欲求…

運命のルージュに出会う!「なんとなく似合うと思い込んでる」口紅はもうヤメて

「クレ・ド・ポー ボーテ」から1月21日に発売される新しいプレイフルルージュ「ルージュルミヌ」。どこから見てもふっくらと官能的で輝く唇を演出するスリムルージュです。この発売を記念して、1月18日(金)から3日…

40代をカバーするベースは?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ベースメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ベースメイク編】で…

40代の美白・シワケアはどうしてる?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・スペシャルスキンケ…

実は40代に似合うメイクって?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ポイントメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ポイントメイク編】…

答えの見えない恋。納得できる次のステップへ進むために

「か・が・み」の三文字のうち、真ん中の「が」を抜くと「かみ」になることはよく言われます。「が」はすなわち「我=自分」。鏡はありのままの自分と正面から向き合い続けることの象徴です。……いったいどういうこと…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事