はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に今回のように海外から持ち込まれて感染する例はまだまだあります。いっけん子どもの病気という印象ですが、実は今回の流行でも感染者の大半は大人。いま40代は何を気をつければいいのでしょうか?

 

旅行の予定があるけれど、どうすれば…?

 

はしかは猛烈な感染力を持つ感染症です。感染すれば90%が発症、かつ発症すると「治癒を待つ」しかありません。医療の発展により1950年代の「流行のたびに数千人死亡」というような事態ではなくなりましたが、残念ながら現在でも死亡例はあり、また約30%は肺炎などの強い合併症を伴います。空気感染もするので、手洗い、マスクのみで予防はできません(症状の概要は厚生労働省「麻しんについて」をご覧ください)。

 

はしかのワクチンが予防接種法に基づく定期予防接種に導入されたのは1978年10月で、対象は幼児。ですので、私たち40代は「予防接種を受けたか受けてないか微妙」な世代でもあります。正直、明らかに感染した記憶のある人以外は自分がどのくらいリスクを負っているのかわからないのではないでしょうか? しかも報道では危険危険と言われますから、「GWの旅行の予定はキャンセルしたほうが?」という気分にもなりますが……。

 

 

「それはいささか過剰な反応です。ただし、唯一の確実な防御策はワクチン接種。ワクチンが品薄という話も聞きますが、完全に足りないというほとでもないので、まずは問い合わせてみてください。また、私たちのクリニックでは、子どもの定期接種用の混合ワクチンは確保しています」とみいクリニック代々木(東京都渋谷区)の三島果子先生。

 

 

「もともとワクチン製剤は子ども向け、大人向け、という物ではなく、子どもに接種するワクチン製剤と大人に接種するワクチン製剤は同一の物です。現在麻しんが流行しているため、おそらく急に麻しんのワクチン接種を希望される方が増え、麻しん単独ワクチンの供給が間に合わない状態になっているのではと思います。いっぽう、子どもは1歳で定期接種として風しん・麻しん混合ワクチン(MRワクチン)を接種しますので、MRワクチンについては定期的な需要があり、供給体制も安定しクリニックも常備しているというわけです」

よかった、ちょっといろいろ焦っていましたが、そんなに慌てることもないのですね。

 

「現在の40代、50代は定期接種が整備される途上の世代。逆に、麻しん・風しん(3日ばしか)ともに自然感染して抗体を獲得した人がかなりいます。とはいえ、GWに国内で感染が広がるリスクはあります。不安があるならワクチンを打っておくに越したことはありません」。

 

なるほど。念のためワクチンを打っておきたいという場合、どうすれば?

 

「国内外問わず、流行が明らかな地域に旅行するのであれば、打っておいたほうがいいでしょう。まずはかかりつけの医院に電話でワクチンの在庫を確認してください。一般には抗体検査をしてからワクチンを接種しますが、もう旅行が迫っているので急ぐという場合はそのように相談してください」。

 

ただし、抗体検査もワクチンもともに自費です。気になる費用ですが、医院ごとにまちまち。おおよその目安が、抗体検査5,000円、麻しん単独・風しん単独のワクチンがそれぞれ5,000円、2種混合のMRワクチンが10,000円前後です。

 

沖縄県では30‐39歳の感染がピークだった

クリックで拡大/沖縄県「麻しん(はしか)患者の発生について」より 2018年4月26日現在 最新情報は同サイトを確認のこと

 

沖縄県では今回の感染者のうち74名の「ワクチン接種歴」も公表していますが、「30‐39歳」の患者数が有意に多く、かつ20歳以上は「ワクチン接種歴 不明」が多数派です。40代は接種した記憶がなくても特に不思議はないのですね。また、1回接種での罹患者がいる点にも注目してください。一般に95%の人々は1回接種でも抗体を獲得できるものの、5%は2回目も必要とされています。現在の定期接種は2回が標準です。

 

こんな人はワクチン接種をしたほうが!

国立感染症研究所によれば、定期接種対象の子ども以外で「可能な限り早めの MR ワクチン接種が推奨される者」 は以下の通り。

 1 か月以内に海外旅行・国内旅行を予定している者

 (可能な限り 2 週間以上前に接種を済ませる。旅行直前に接種する場合は、接種後 5~14 日の体調変化に注意が必要)

医療関係者(救急隊員、事務職員等を含む)

 保育関係者

 教育関係者

 不特定多数の人と接触する職業に従事する人

 近隣で麻疹患者の発生が認められる、生後 6-11 か月児(緊急避難的な場合に限る)

 0 歳児の家族

 麻疹抗体価陰性あるいは低抗体価の妊婦の家族

 麻疹抗体価陰性あるいは低抗体価の麻疹含有ワクチン接種不適当者の家族

 2 歳以上第 2 期定期接種対象期間に至る前の幼児で、麻疹含有ワクチン未接種あるいは接種歴不明者

 小、中、高、大学、専門学校生等で、麻疹含有ワクチン未接種あるいは 1 回接種あるいは接種歴不明者

(国立感染症研究所「麻しん風しん混合(MR)ワクチン接種の考え方」 )

 

 

 

MRのもうひとつ「風しん」の予防接種は?

麻しんと同様に感染すると脅威となる風しん(3日ばしか)については、逗子市が掲載している「風しんワクチン接種歴の学年・年齢のめやす」が「私はワクチンを打ったのかしら?」の参考になります。40代に該当する部分を引用します。これより若い世代は上記リンクからサイトをご覧ください。

 

なお、風しんも麻しんも未接種なのでこの機会にMRワクチンをと希望する場合、風しんの抗体価が低い人で妊娠を希望する女性(おおむね49歳以下)にはMRワクチンの接種費用を助成する自治体も増えてきました。お住まいの自治体の例を「自治体名 風しん 助成」で検索してみてください。

 

昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれの年齢

 平成5年(1993年)にMMR(麻しん・おたふく・風しん)ワクチンが中止され、未接種であった年齢です。平成7年(1995年)の予防接種法の改正により経過措置として、この年齢の人に対して平成15年(2003年)9月30日の間まで風しんの予防接種が実施されましたが、接種率は低いと言われています。

昭和54年4月1日以前に生まれた男性

 定期予防接種の機会はありませんでした。

昭和37年4月2日生まれ~昭和54年4月1日生まれの女性

 中学生時に学校で集団定期予防接種を行っていました。

昭和37年4月1日以前に生まれた女性

 定期予防接種の機会はなく、自然流行という形で免疫を獲得する時代でした。
今回の流行でたまたま感染しなかったとしても、次回がどうかはわかりません。気になる人はこの機会に接種をお勧めします!

国立感染症研究所 麻しんQ&A〔麻疹(ましん、はしか)について〕

国立感染症研究所 感染症情報センター 麻疹の現状と今後の麻疹対策について(平成14年)

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

40代女性の体は足裏で整える!老け防止にもなる足ツボが気持ちいい

40代になると30代の頃と比べて筋力が低下するため、体の老化を感じる年代に入ります。すでに実感している人も多いのでは? より意識的に運動をしないと、筋力が低下し全身…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャ…

「40代ポチャ」でも男性に好かれるボディとは? やせなくても美人に見せるコツ

「スリムじゃないけどあの人、キレイ!」って女性いますよね。雰囲気なのか、ファッションなのか、ヘアースタイルなのか…。今日は、ぽっちゃりでもきれいに見えるボディラ…

有名人御用達のマッサージ師が教える「老廃物・脂肪」をスッキリさせるコツ

疲れが取れない、むくみが取れない、脂肪が落ちにくくなった……。そんな悩みを感じてはいませんか? その原因は「リンパや血液の流れが滞って老廃物や余分な脂肪がたまって…

やせても老けたら負け!40代の「老けないダイエット」5つの要点

20代と比較すると、40代はダイエットの結果が出にくいですよね。だからといって体重だけ必死に減らすと、結果的にがくっと老け込みがち。「あの人やせてきれいになったよね…

セレブに学ぶ!「イマな白コーデ」バランス at ロンシャン

ファッションセレブの着こなしに見る「今年の白」とは?2018年5月4日に開催された、ロンシャンのニューヨーク5番街のNEWフラグシップストア「ロンシャン5th Avenue店」オープニングパーティから白コーデをピックアッ…

「パラパラチャーハンの作り方」論争に新たな刺客!濃く溶いたスープで驚きの結果

何気なく「一人暮らしをはじめた方へ 新生活応援トピック集」という資料をめくっていたときのこと。新入学・入社の人たち向けの資料です。「なるほど、いまどきの一人暮らしは収納と一緒に防災まで考えるのか…」な…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌のビフィズス菌摂取、玉ねぎは水溶性の食物繊…

年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がな…

「餃子にビールはもう古い?」まさかのコレにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。「オッ、いいねえ」的なノリで。そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲…

シャンプー成分3つの誤解「シリコーンは頭皮に悪い」は都市伝説?

シャンプーの〇〇成分は頭皮に悪い、というネット記事を目にしたことはありませんか?ふと気が付いたら「ノンシリコーン」と書いてあるシャンプーが増えました。今回話を伺ったディシラの新シャンプーもまたノンシリ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事