材料3つ!低糖質パン「クラウドブレッド」でつくるヘルシー朝ごはん♪

GWもおわり、気温がだんだんと温かくなると体のラインが気になる季節でもあります。
そんな40代独女におすすめしたいのがクラウドブレッド。
今回は、見た目はパンのようにふかふかなのに、小麦粉を一切つかっていない低糖質パンを
つかったヘルシー朝ご飯メニューをご紹介します。

材料3つで低糖質なクラウドブレッドの作り方(基本)

まずは、基本のクラウドブレッドの作り方をご紹介します。
【材料】クラウドブレッド8枚分
卵 2個
きび砂糖 小さじ1
クリームチーズ  30g
ベーキングパウダー 小さじ1/3

【下準備】
・卵は卵黄と卵白に分ける。
・クリームチーズは常温に戻す。
・オーブンは160度に予熱する。
【作り方】
1、ボウルにクリームチーズをいれ、泡立て器で滑らかになるまで混ぜる。
2、卵黄を少しづつ加えて、ダマにならないようにしっかり混ぜる。
3、別のボウルに、卵白、ベーキングパウダーを入れ、ツノがしっかりたつまで泡立てる。
4、2に少しづつ3を加え、切るように混ぜる。
5、オーブンシートをひいたオーブン皿に4をスプーンで天板にのせ直径8㎝ほどの円形にならす。
6、オーブンで160度15分焼く。
7、焼けたらすぐにオーブンシートをひっくり返し、ケーキクーラーで冷ます。

 

クラウドブレッドをつかったエッグベネディクト

クラウドブレッドが焼きあがったら、それをつかってちょっとリッチなエッグベネディクトをつくってみませんか?

【材料】2人分
クラウドブレッド 2枚
卵         2個
ケール      1/2枚

ソース
ケチャップ、マヨネーズ  各大さじ1

オリーブオイル  適量
クミンシード   適量

【作り方】
1、ポーチドエッグをつくる。水1ℓを沸騰させ、酢30cc、塩小さじ1(分量外)を加え卵をそっと割り入れる。
2分半たったら氷水で冷やし水気を切る。ケールはさっと湯がき、一口大に切る。

2、ソースの材料をボウルに入れ混ぜ合わせる。

3、クラウドブレッドの上にケールをのせ、ポーチドエッグをそっとのせる。2のソースをまわしかけ、オリーブオイル、クミンシードをそえる。

 

 

食べたいけど痩せたいを叶えるクラウドブレッド

 

これからの季節、お肌の露出が増える機会が多くなり、自然と体のラインも気になります。
でも、昔のように食べないで痩せるというのは、健康的とはいえませんし、そもそも継続できません。

そんな40代独女におすすめしたいのが、小麦粉をつかわないパン、クラウドブレッドです。
通常のパンと違い、小麦粉をつかわず、卵とクリームチーズでつくります。しっかり泡だてたメレンゲを
加えることでふんわり軽い食感になり、ダイエット中の口寂しさも感じることがありません。また、クリームチーズの香りとコクのおかげで少量でも満足感を得ることができます。

一度にまとめて焼いておき、一枚づつラップに包み冷凍すれば、食べたい時に軽く温め直すだけですぐに食べることができます。また、そのままはもちろんですが、通常のパンと同じくアレンジすることも可能です。
例えば、軽くあたためたクラウドブレッドにジャムやチーズをトッピングしてトースト風にアレンジ。また、お好みの野菜とチーズをのせて焼けばピザ風クラウドブレッドの出来上がりです。他にもパンケーキなど、ダイエット中はカロリー高そうと嫌煙しがちなスイーツもクラウドブレッドなら、ヘルシーにつくることができます。

しっかり食べて空腹感とストレスなく理想の体型に近づく一歩に是非、クラウドブレッドを取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク