セレブに学ぶ!「イマな白コーデ」バランス at ロンシャン

ファッションセレブの着こなしに見る「今年の白」とは?

2018年5月4日に開催された、ロンシャンのニューヨーク5番街のNEWフラグシップストア「ロンシャン5th Avenue店」オープニングパーティから白コーデをピックアップ、見てみましょう。

 

当日は、セント・パトリック大聖堂に隣接した、ブランド最大級を誇る<ロンシャン5th Avenue店>のCafe de Longchampが特別な内装にチェンジ。来場したゲストたちはロンシャンのパリらしい雰囲気を存分に堪能しながら盛り上がったそう。

Paris Jackson, Kendall Jenner

新広告塔にはケンダル・ジェンナーが起用されました。パリス・ジャクソンとのカット。これからファッションビジュアルであのキュートな笑顔に会えるんですね! さて、さっそくセレブのファッションを拝見します。

 

白ワントーンにもう1色効かせる

Jenny Walton

アクセづかいの天才とも言われるジェニー・ウォルトンは、ドーリーな雰囲気をさらに引き立てる白ピアス×白のシェルネックレス×メタルネックレスを白のシフォンリッチなブラウスにオン。白の「上半身ワントーン」は世代を問わない勝ちパターンですが、トーンを邪魔しないメタルできりりと引き締めた甘辛バランスたるや。このテクをいただくならば、他にレザーやグラスなど異素材アクセにも注目です。

 

「効かせる黒」は面積5%程度で直線的に

Cara Delevingne

 

ふと気がついたらずいぶん髪が短くなっていたカーラ・デルヴィーニュ。遠目にはレースにも見えるこのワンピは、透け感のあるシフォン地にジオメトリック柄のプリントです。ここでの注目は「黒をきっちり額縁のように配置している」点。ともすればふわふわ頼りなくなる白をシンメトリーな黒がきちっと整えてくれます。また、足元の白ヒールでの「遠隔白配置」は視線分散に。こんなミニは履けない私たち40代も「オール白トーン、白パンプス追加、黒ベルト」というバランスはマネできそう。

 

シンプル白だからこそレッドリップが効く

Nicoletta Santoro

元ヴォーグスタイリストのニコレッタ・サントロ(左)はすっきりVのホワイトトップス。西洋の女性は本当に口紅マジックを知り尽くしているなと感嘆しますが、このきっちりひいた赤リップと耳元にだけポイントを置いたアクセのバランスは神の域ですよね。また、袖のロールアップはともすればオトコマエ感が出がちなところを、思い切ってひじを出せばレディ感が出てこれまた感嘆。

髪から袖への曲線と「手首」は効く

Nina Garcia, Sophie Cassegrain

ロンシャンのアーティスティック・ディレクター、ソフィ・ドゥラフォンテーヌ(右)のエレガントなホワイト・ブラックのバイカラーのトップスは、リッチでつややかな黒髪から曲線が流れて優美のひとこと。袖口のふわんとした丸みもまた優美で、これはちょっと素人には真似できないバランス感です。ただし、ここまでの全写真に共通して1つだけ確実に参考になるのは、「手首の出し・隠し具合」。思い切って出す、あるいはなるべく隠す、このメリハリが今年の白のバランスでは大事みたいです!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

結局、40代を一番キレイに見せるデニムって? その正解はコレだ!

まだ肌寒い今の季節に活躍するのが、動きやすくてほどよく保温性もあるデニムスタイル。冬はニットにあわせて、春はブラウスやTシャツをあわせて一年通して履けるので、ど…

植松晃士 大人の夏ファッション、40代女性こそ〇〇が大事!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。いきなり夏日が続いてファッションが追いつかない!という方も多いのでは?今回は、夏に向けてのファッションについてお話させていた…

40代にありがちな服迷い。「やってはいけないコーデ」4選

「このイラストを見かけるたび気が引きしまる」「OTONA SALONEを読むのが毎週の禊」と各界で大人気、それが「脱オバサン!」イラストコーデ企画。今回は「真夏に起こりうる…

植松晃士 40代からの「秋トレンド」取り入れかた2018 ─昭和なオバタリアンにならないために─

みなさん、こんにちは。植松晃士です。過酷な夏も過ぎ、朝晩は秋の気配を少しずつ感じますね。今回は“レディーを高める秋”と題して、40アップの女性たちにファッションアド…

植松晃士 体型カバー・流行・好感度が手に入る40代の「美人見え」コーデとは?

みなさん、こんにちは。植松晃士です。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか? 長い人は10日ほどもお休みできたんじゃない?誰もが「美人見え」の鉄板コーデって?…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知症そのものは40代から進行が始まることも事…

「いつもオバサンひとつ結び」な40代の髪悩みが消える?新ドライヤー登場!

オトナサローネ編集長アサミいわく、まとめ髪の日は「ただのひっつめにせず、毛先をきちんと巻いておく」のがモテの鉄則なのだそう。いっぽう、オトナサローネでは「脱・オバサン1つ結び」記事はいつでも非常に高人…

プチプラで40代の顔たるみ防止!仕事中に使えるアイテム3選

オトナサローネの特集「オトナのたるみケア」では、リアルな40代執筆陣が実際に毎日コツコツ積み上げているたるみケアを配信中です。さて、みなさんは「たるみのケア」として最近何を始めましたか? 私(47歳)は配…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。・立位体前屈はもちろんマイナス・開脚もで…

リアルな働く40代、どこで仕事服を買っていますか?この秋ファッション調査【オトナ組】

今週は、40代オトナサローネ執筆陣チーム【オトナ組】に、「この秋どこで服を買いましたか?」というテーマで、リアルなファッションを質問しました。おしゃれも美容もお仕事も全力な40代、いろいろなアイテムをチェ…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。日頃コーヒーとサッポロ一番塩とポテチで生…

洗濯物がクサい…10年悩んだ私がニオイから解放された方法

だいたい7月上旬を境に、電車通勤が憂鬱になる女性はかなり多いのではないでしょうか。最近オトナサローネ編集部でも盛り上がるのが「車内がクサイ」ネタです。一般に男性のほうが嗅覚そのものが弱く、また男女では…

あなたの家と会社の「通勤経路」は大丈夫?ハザードマップを確認してみて

このたびの豪雨で被災された皆様には心からのお見舞いを申し上げます。さて、とりわけSNSでリアルタイムに災害を目にしていた人々は、「果たして自分ならどうしただろう、逃げられただろうか」と改めて畏怖したので…

七夕に願い事がかないそう!光り輝く「金箔」の短冊に願いを込めて

たとえば婚活、資格試験など「ここいちばん」の願い事を抱えている人なら、今週ぜひチェックしたいのが銀座一丁目のGINZA TANAKA 。なんと、きらきら美しい「金箔の短冊」に願いを書いて、店頭の笹飾りにかけること…

ファミマの花畑牧場「生キャラメルチョコミント」今すぐ買って!【ミントと和解】

2018年6月、日本のチョコミント界に大問題作が投下されました。その名も「チョコミントパンケーキ」。https://edit.otonasalone.jp/69535/私のタイムラインにはさんざんこのネタが流れてきましたが、その後あっさり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事