えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

スポンサーリンク

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれません。今回は、着ているだけで5歳老けて見えてしまう、そんなNGトップスをご紹介したいと思います。

 

①40代女性の顔映りがいい色、悪い色って?

以前、オトナサローネでも記事になったのが自分に似合う色がわかる「パーソナルカラー診断」。自分の肌や瞳、髪の色などから自分が春・夏・秋・冬の4つのどのタイプか分かります。避けるべき色、似合う色を理解するだけで、買い物の際に迷わなくなるので、知っておいてソンはありません。年齢が上がることに、カラーアイテムを取り入れると華やかさが増して若く見える効果もあるので、自分がどのタイプなのか診断してみてください。

 

②全ての40代女性が気をつけるべき色は?

パーソナルカラーとは別に、若い時はいいけれど40代前後になったら気をつけなければいけない色が2つあります。それは、「黒」と「ベージュ」。「え?! 大人の女性たちに一番無難な色じゃないの?」と思うかもしれませんが、この2色は落ち着きすぎて地味に見えたり、顔色を悪く見せてしまうことも。黒やベージュのトップスを着る時は、華やかなアクセサリーをつけることで地味見えを防ぎます。特にこの2色と相性のいいゴールドキラキラ輝くジュエリー系はおすすめ。

 

③気をつけた方がいいトップスのデザインは?

アラフォーが失敗しがちなのが、体型カバーを考えた末の逆効果パターン。例えば、二の腕をカバーしたいからフリル袖やバルーンスリーブを選んだのに、丈やボリュームが出る場所が中途半端でよけいに二の腕の太さが目立ってしまうことも。その他、ぽっこりお腹を気にして長めのサマーニットなどを買ってしまい、ウエスト部分に布がたまり、さらにお腹のボリュームが出てしまう結果に。気になるのは分かりますが、きちんと試着して前後左右きちんと鏡でチェックする必要があります。二の腕が気になる人は、5分袖や肩が落ちたデザインのものを選んで。

 

④アラフォーが着ると痛い「柄」は?

全ての人に当てはまるわけではありませんが、40代女性のトップス着こなしで難しいのが「小花柄」と「アニマル柄」。小花柄は可愛らしい印象ですが、レトロ感があるので年齢が上がるとともに老け感が強まります。アニマル柄はインパクトがあるので、顔の周りに持ってくると迫力が出てしまいます。40代女性ならバッグや靴、ベルトなど顔から遠く、面積の小さい小物で取り入れて。柄物をトップスで取り入れるなら、細見え効果もあるストライプや定番のボーダーなど、クリーンでシンプルなものが◎です。

 

以上、いかがだったでしょうか。オールマイティーだと思っていた黒やベージュ、体型カバーになると思っていたデザインなど、自分では気付かないところで若見えに失敗している人はよく見かけます。40代になれば、体型や肌色の変化があるのは当然。今の自分に似合う色や形を選んで、ぜひ−5歳見えを目指してください。

ファッション・読み物ライター

松本小夜香

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松本小夜香の最新記事

FASHIONに関する最新記事