「日焼け止めの塗り直し」っていちいちオフしてるの?実際みんなどうしてる?

いよいよ本格的にUV対策が必要なシーズンを迎えています。

「日焼けしたくない!」「年齢とともに、シミが本気で気になる……」な女性にとって、1年中油断できないのがUVですが、今年は春先からここまで日差しが強かった! これから夏が終わるまで紫外線対策が日々の最優先テーマですね。

「でも、メイクしたあとのUVお直しって、どうしたらいいの?」に地味に頭を抱えていらっしゃる40代女性のみなさま、初夏の訪れをそこまで控えた今、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、年齢とともに深刻に気になりがちな“UV対策”から、メイクしたあとの顔お直しにフォーカスしてお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

SPF値が高い下地を使っても、塗り直さなければ無意味!?

 

ご存じの方も多いとは思いますが「SPF」や「PA」の値が高い下地や日焼け止めを使っているからと言って、朝塗ったまま夕方までお直しせずに済むわけではありません。

SPFは「紫外線B波」からの肌を黒くしたり赤みを引き起こしたりする影響を「どのくらいの間、防止できるか」の目安であり「数字が大きいものを塗っていれば、1日中安心」とは言い切れないのです。

また「PA」は、肌を黒くしたり弾力を失わせたりする原因となる「紫外線A波」からの影響を防ぐ目安であり「+」の表記が多いほど、その防御力が強くなります。一般的には、炎天下で長時間過ごすのでもない限りは「SPF」は『30~35』もあれば十分で「PA」も『+++』あれば問題ないとされています。

さて端的に言えば、そんなふうにどんなに強い日焼け止めやメイク下地でも「紫外線による影響を遅らせる」にすぎないため、影響をゼロにできるかと言えば別のお話。

なのでオフィスワーカーだったとしても、日中のメイク直しでは紫外線対策のお直しも視野に入れてこそ、大人の美肌を育むコツになるわけです。

とは言っても、限られたお直し時間でUV対策をお直しするルーティンを作るには、時短美容が狙える手軽さも大事。

そこで、時短で叶うUV対策のお直し術を2つお話します。

 

時短美容家が検証!40代の肌を守る時短UV対策お直し術2つ

(1)メイクの上から使える専用のUVミストを使う

 

「日焼け止めと言えば、ミルクやクリーム状になっているアレ」というのは、とっくに昔のお話。

近年はプチプラアイテムでも機能性が高いUV対策グッズが豊富に出ています。中でも「顔専用」で作られていて美容液成分が配合されている「メイクの上から使えるUV対策ミスト」は、かなり便利な存在です。

時短でUVお直しをするなら、シューっとして完了するものほど手軽な方法はありません。ベースメイクのお直しを終えたあとに吹き付けるだけ。

私は、短時間でお直しを済ませるべきシーンでは、小さめサイズで顔に直接スプレーできる仕様のUVミストを持ち歩き、メイク直しをしないときでも「そろそろフォローしようかな」のタイミングで吹き付けています。

ちなみに、スプレーやミスト状の容器に入っていても、直接顔に吹き付けないよう注意書きが書かれている製品もあるため、購入前にはぜひチェックを。

 

(2)ポイントメイクを残しベースだけ“拭き取り”でやり直す

 

とは言っても、仕上がりの美しさを求めるなら、やはり“やり直し”に勝るお直しはありません。

そこで、アフター5に大事な予定がある日や絶対にメイク崩れが許されない場面などでは「一度オフして、塗り直す」が確実なフォローに。

「ベースメイクを落として、やり直す」と聞くと、ものすごく手間のかかる作業に感じる女性も少なくないかもしれませんが、朝のメイクはポイントメイクも含めての所要時間だと考えると、ベースだけの“オフ&やり直し”であれば実は4分もあれば完了してしまいます。

出先でベースメイクを落とすには「シート状のメイク落とし」または「ミルク状の拭き取りタイプのクレンジング」が手元にあると、ポイントメイクは残しつつ、ベースだけを手早くオフしやすいです。

ミスト状のUV対策グッズに比べれば少々面倒ではありますけれど「時短かつ美しい仕上がり」のバランスを突き詰めていくと、私がいろいろ試し検証した結果、今のところは「一度オフ!」がもっとも納得感の高い方法でした。何をするにせよ、それなりの手間はかかるだけに「急がば回れ」はUV対策でも言えます。

 

メイク後のUV対策を意識して、ファンデーションの上から日焼け止めを塗り直すとヨレや崩れを招きがちなだけに、ほんの“ひと工夫”が明暗の分かれ道にも。

今年の夏に向け、UV対策を本格化したかった女性のみなさま、よろしければ参考にしていただければ幸いです。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事