「日焼け止めの塗り直し」っていちいちオフしてるの?実際みんなどうしてる?

いよいよ本格的にUV対策が必要なシーズンを迎えています。

「日焼けしたくない!」「年齢とともに、シミが本気で気になる……」な女性にとって、1年中油断できないのがUVですが、今年は春先からここまで日差しが強かった! これから夏が終わるまで紫外線対策が日々の最優先テーマですね。

「でも、メイクしたあとのUVお直しって、どうしたらいいの?」に地味に頭を抱えていらっしゃる40代女性のみなさま、初夏の訪れをそこまで控えた今、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、年齢とともに深刻に気になりがちな“UV対策”から、メイクしたあとの顔お直しにフォーカスしてお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

SPF値が高い下地を使っても、塗り直さなければ無意味!?

 

ご存じの方も多いとは思いますが「SPF」や「PA」の値が高い下地や日焼け止めを使っているからと言って、朝塗ったまま夕方までお直しせずに済むわけではありません。

SPFは「紫外線B波」からの肌を黒くしたり赤みを引き起こしたりする影響を「どのくらいの間、防止できるか」の目安であり「数字が大きいものを塗っていれば、1日中安心」とは言い切れないのです。

また「PA」は、肌を黒くしたり弾力を失わせたりする原因となる「紫外線A波」からの影響を防ぐ目安であり「+」の表記が多いほど、その防御力が強くなります。一般的には、炎天下で長時間過ごすのでもない限りは「SPF」は『30~35』もあれば十分で「PA」も『+++』あれば問題ないとされています。

さて端的に言えば、そんなふうにどんなに強い日焼け止めやメイク下地でも「紫外線による影響を遅らせる」にすぎないため、影響をゼロにできるかと言えば別のお話。

なのでオフィスワーカーだったとしても、日中のメイク直しでは紫外線対策のお直しも視野に入れてこそ、大人の美肌を育むコツになるわけです。

とは言っても、限られたお直し時間でUV対策をお直しするルーティンを作るには、時短美容が狙える手軽さも大事。

そこで、時短で叶うUV対策のお直し術を2つお話します。

 

時短美容家が検証!40代の肌を守る時短UV対策お直し術2つ

(1)メイクの上から使える専用のUVミストを使う

 

「日焼け止めと言えば、ミルクやクリーム状になっているアレ」というのは、とっくに昔のお話。

近年はプチプラアイテムでも機能性が高いUV対策グッズが豊富に出ています。中でも「顔専用」で作られていて美容液成分が配合されている「メイクの上から使えるUV対策ミスト」は、かなり便利な存在です。

時短でUVお直しをするなら、シューっとして完了するものほど手軽な方法はありません。ベースメイクのお直しを終えたあとに吹き付けるだけ。

私は、短時間でお直しを済ませるべきシーンでは、小さめサイズで顔に直接スプレーできる仕様のUVミストを持ち歩き、メイク直しをしないときでも「そろそろフォローしようかな」のタイミングで吹き付けています。

ちなみに、スプレーやミスト状の容器に入っていても、直接顔に吹き付けないよう注意書きが書かれている製品もあるため、購入前にはぜひチェックを。

 

(2)ポイントメイクを残しベースだけ“拭き取り”でやり直す

 

とは言っても、仕上がりの美しさを求めるなら、やはり“やり直し”に勝るお直しはありません。

そこで、アフター5に大事な予定がある日や絶対にメイク崩れが許されない場面などでは「一度オフして、塗り直す」が確実なフォローに。

「ベースメイクを落として、やり直す」と聞くと、ものすごく手間のかかる作業に感じる女性も少なくないかもしれませんが、朝のメイクはポイントメイクも含めての所要時間だと考えると、ベースだけの“オフ&やり直し”であれば実は4分もあれば完了してしまいます。

出先でベースメイクを落とすには「シート状のメイク落とし」または「ミルク状の拭き取りタイプのクレンジング」が手元にあると、ポイントメイクは残しつつ、ベースだけを手早くオフしやすいです。

ミスト状のUV対策グッズに比べれば少々面倒ではありますけれど「時短かつ美しい仕上がり」のバランスを突き詰めていくと、私がいろいろ試し検証した結果、今のところは「一度オフ!」がもっとも納得感の高い方法でした。何をするにせよ、それなりの手間はかかるだけに「急がば回れ」はUV対策でも言えます。

 

メイク後のUV対策を意識して、ファンデーションの上から日焼け止めを塗り直すとヨレや崩れを招きがちなだけに、ほんの“ひと工夫”が明暗の分かれ道にも。

今年の夏に向け、UV対策を本格化したかった女性のみなさま、よろしければ参考にしていただければ幸いです。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりやすい口紅もあるために、ここがちょっとした…

なんでもいいわけじゃない! 「3歳老け見え」を招く残念なチークの選び方3大ワナ

薄づきを意識してメイクをしていても、周囲から「あの人、厚化粧のオバサンって感じ!」などと思われてしまったら、すごく残念。他方、ナチュラルメイクブームが継続中だけに、デイリーメイクは「できる限り薄め」を…

男は辛辣! 20代なら可愛くとも40代だと「即座にオバ見え」な女性のNG3しぐさ

ちょっとした“しぐさ”のせいで、男性に「この女性は、かなりオバサンっぽいなぁ……」と思わせてしまうのは、婚活を意識している40代女性ほど避けたいもの。しかし時として、世間が40代女性に対して抱く感想は辛辣で、…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事