【九星フラワー占い】一白水星の6月は「舞台のうえの休憩」

一年でもっとも昼間の時間が長い6月。「光の時間」と言ってもいいかもしれません。一方で梅雨の時期でもあります。雨が降り出せば、暗く重い雲に包まれて……。不安定な季節を、調子を崩さずに過ごすコツ、楽しみを見つけるコツを星ごとにお話しします。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

粘り強いけれどスタミナ不足の一白水星

一白水星さんの今月のキーワードは「舞台のうえの休憩」です。

今年に入ってから、なんだかよくわからないけれど忙しい、きっとそう感じている一白水星さんは多いことでしょう。忙しいけれど、人に頼られたり、責任あることを任されたりしているので、やりがいがあるものだから、ついつい頑張りすぎているかもしれませんね。そろそろ今年の折り返し地点、ちょっと一息ついてみましょう。

一白水星の星のもとに生まれている人は、粘り強くはありますが、スタミナ満点のエナジー体質というわけではないので、何かに集中していて気が付いたらガス欠になっていた、なんてことは少なくありません。どうか自分の体を過信しないでください。

必殺ワザは「観察返し」!これで貴方にイチコロです

そうはいっても、周囲の人たちはここまで勢い盛んだった一白水星の動きから目が離せないでいます。まるで、観客がいる舞台の上で、休息をとらなければいけないような状態。ゴロリと横になることもできず、かえってストレスになりそうですね。

こうなったら、観察返しです。体は休めつつ、周囲をよく観察して、あなたに近づいてくる人がどんな人で、何を求めているのか、探ってみましょう。たぶん疲れていて、あなたに癒されたいか、癒しのヒントを求めている人たちのはず。もしかしたら本人たちは自覚がないかもしれませんが、やさしく丁寧に接してあげたら、あなたのファンになって、もしかしたら思い通りに操れる……なんて、やり手の一白水星もいるかもしれません。

【続いて6月の詳細運!】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LIFESTYLEに関する最新記事