ナチュラル仕上げなのに! うっかりオバ見えを招く「恐怖のアイシャドウ」3選

アイシャドウのせいで、うっかりオバ見え!……なんて展開になれば、40代女性にとっては悲劇としか言いようがありません。

しかし本来は美しく見せるためのメイクのせいで、野暮ったい雰囲気や老けた印象を醸し出すことも無きにしも非ずだけに、大人のメイクって難しい!

このところずっと「ナチュラルメイク」がリアルトレンド継続中ななか、アイシャドウは“うっかりオバ見え”を招きやすいパーツでもあるから、ご用心です。

「私のアイシャドウは、老け見えを招いてる?」が気になった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

ご好評をいただいている『オバサン見えするナチュラルメイクのワナシリーズ』から、今回はアイシャドウにフォーカスしてまいります。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

うっかりオバ見え1:コンシーラーの痕跡がバレバレなまぶた

 

ナチュラルを極めたメイクを楽しみたくなると、どうしてもアイシャドウは薄づき、あるいは淡い色みを手に取りたくなります。

しかし40代の目元は、そのまま淡い色を塗っても地肌の“くすみ”のせいで発色が弱く感じるケースも多く、そのあたりをフォローすべく、アイシャドウを使う前にコンシーラーで目元をフォローしている女性も多いはず。

ところが、ここでいかにも「コンシーラーを塗りました」がバレバレだと、必死なイメージが強くなってしまって“うっかりオバ見え”……を、招きやすくなります。

厚めにコンシーラーを使ってしまうと、仕上げた瞬間は美しくとも“まばたき”によってヨレてしまい、汚らしい見た目になっているケースも。重ねているアイシャドウが淡いと、パッと見でも悪目立ちするのです。

まぶたにコンシーラーを仕込む際には、“まばたき”に耐えうる適量を守るのが、なによりも重要。さらにはヨレにくさを重視してクリーム状のアイテムを選ぶか、密着しやすくするためにアイクリームと混ぜて塗ると手軽なヨレ防止策になります。

 

うっかりオバ見え2:明るすぎるラメ入りベージュ

 

ナチュラルメイクで軽く爽やかな仕上がりの目元を求めると、明るいベージュ系アイシャドウで“くすみ”を飛ばし、軽いメイクを楽しみたくなることも。

しかし明るすぎるベージュも、全体的に“くすみ”が出始めている40代の目元を悪目立ちさせ、うっかりオバ見えを招きがちなデンジャラスカラーです。

パッと見で“まぶた”付近がやたらに明るく仕上がっていると、その独特のギラギラ感から「この人、若く見せたくて必死ね……」なイメージも醸し出しやすく、キラキラと光るラメ入りベージュシャドウが特に危険。

「40代」という年代が、その昔のギャルメイクすら彷彿とさせ、本人の狙いとは異なる方向に他者の想像力をかきたててしまう可能性があるわけです。

目元はさりげない明るさを出してこそ、みずみずしい表情に。ラメ感の強いものや、光を反射しやすい色みは避けたほうが、“うっかりオバ見え”は回避しやすいです。

 

うっかりオバ見え3:くっきりとわかるグラデーション塗り

 

少し前までは、アイシャドウと言えばグラデーション塗りが定番で、瞳を縦長あるいは横長に見せる視覚効果の高さから、“パッチリeye”を作る王道テクとしても人気がありました。

ところが昨今は、単色塗りやグラデーションには見せないグラデーション塗り手法がトレンド入り。

それだけに、40代がいまだに少し前のグラデ塗りをしていると「古臭いメイクをしているなぁ」なイメージからの“うっかりオバ見え”を招きやすくなっています。

アイシャドウは毎日のルーティンなので、一度自分なりの手法が定まってしまうと、なかなかアップデートをしにくい部分。しかし以前に爆発的な流行があった塗り方ほど、古臭さを感じさせる要素にもなるから、気を配っておくに越したことはありません。

とは言っても、グラデーションを意識した塗り方は、40代の目元を華やかにしてくれるメリットがあるのも確か。“うっかりオバ見え”を避けるべく、パッと見ではグラデーションの印象が弱くなるよう、淡い色みで統一するなどの工夫を取り入れて。

 

アイシャドウを使うと使わないとでは、40代の目元はガラリと印象が変わります。ですので、デイリーのナチュラルメイクでも、アイシャドウは欠かすべきではないパーツメイクであるのは、間違いのないお話です。

しかし私たちは、色の選び方や塗り方によっては「オバサンっぽい!」を招きやすい年代でもあるだけに、アイシャドウのせいで「スッピンよりもオバサン見え!」なんて事態を招いてしまうリスクも小さくありません。

ナチュラルメイクで目元だけを年齢不相応に悪目立ちさせないよう、くれぐれもご用心を。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事