梅雨の困り髪ですか?「えり足タイトなボブ」がおすすめ【特集オトナの髪悩み】

年齢とともに扱いにくくなっている髪。湿気でじとっとする梅雨はうねる、広がる、ペタンとするなどさらにまとまりが悪い髪になり、毎朝うんざりしているのではないでしょうか。

ある程度の長さがあれば、アレンジ(といってもひとつ結び)でごまかすことはできますが、アラフォーに人気のボブスタイルは、アレンジするほうが手間だったりしますよね。

年齢的にもボリュームはほしいけれど、広がるのは困りもの。でも、ボブでおしゃれに決めたい。そんなアラフォーにおすすめのスタイル2つとスタイリングのコツを教わってきました。

 

1・髪がペタンとする人は…

えり足をキュッと引き締めたメリハリボブ

 

「梅雨=髪が広がる」と思いがちですが、髪がやわらかい、毛量が少ない人は湿気でペタンとしてしまいます。アラフォーになると髪のハリ・コシも失われつつあるので、この時期「ボリュームダウン」が悩みという人は多いんだとか。

髪ペッタンな人におすすめなのが、トップはふんわり、えり足はスッキリのメリハリあるシルエット。

レイヤー(段差をつけてカットすること)を入れてふわっと髪が動くようにカットしているので、適度なボリュームをキープすることができます。えり足部分は首に沿うようにタイトにカット。全体的にふわっとしているけれど、横に広がらずコンパクトに見えるのです。

 

バックスタイル。えり足はスッキリとまとまっていて、トップからかぶさる髪は段差がついているのでふんわりボリューミー。

前髪は長めに設定し、サイドへ流せば顔も小さく見えますし、華やかな印象に。

サイドから見ると、後頭部の丸みがキレイに出ているのがわかる。

 

毎日のスタイリングは…

タオルでしっかりと水分を拭きとってからドライヤーで乾かします。後ろから前へ手ぐしを通しながらドライヤーの温風を当てると、毛先が自然と内に入りまとまりのよいシルエットに。

髪がパサつきやすい世代なので、スタイリング剤はバームやシアバターがおすすめです。

ペタンとしやすい人は軽いテクスチャーのシアバターを毛先中心になじませてください。根元からつけるとバームの重さでさらにペタンとしてしまうので注意しましょう。

●担当:新谷千絢さん/Ramie GINZA

 

 

うねりが気になる人はこっちのスタイル!→次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事