「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。

昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念なオバサン」「メイクが下手なオバサン」なんてイメージも定着しかねません。

他方、眉毛を描くのが下手な女性ほどやりがちなNGもあるので、気をつけて。

「私も、ひょっとして眉下手って思われてる……?」が気になっている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「眉が残念」と思われる女性ほど、ハマっていることが多い“ちょっとしたワナ”のお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

ちょっとしたワナ1:眉頭がべったりとした仕上がりになっている

 

パウダーやペンシルを駆使してふわっとしたナチュラル眉を心がけていても、眉頭がベタッとした印象だと、途端に「眉のバランスが悪い」「海苔っぽい」という全体的にダメな印象を醸し出しがち。

さらには40代が眉頭を強めに描いてしまうと、気が強そうに見えたり神経質そうに感じさせたりもしやすいため、あくまでも“ふわっと軽く”描きたしていくイメージが無難です。

眉頭は眉尻と同じくらいの濃さかやや薄めくらいに仕上げたほうが、悪目立ちを防ぎやすく、自然な仕上がりが狙えます。時短でワナにハマらないよう意識するなら、毛流れに沿ってペンシルやブラシを“縦”のイメージで描いていくと、自然な毛流れが演出しやすいです。

 

ちょっとしたワナ2:眉尻が極端に細くなっている(しかも長く見える)

 

普段のメイクでは、自眉があろうとなかろうと、眉尻は気持ち的に少しすぼめる、つまり少し細めに仕上げるよう意識していらっしゃる40代女性は多いはず。

今はまだまだ太眉ブームが継続中ですが、40代のオフィスメイクでは完全なる一文字的な“THE・太眉”よりも、眉尻を少しすぼめた形のほうがしっくりくるのも確かです。

ところがそんな“すぼめた眉尻”が、メイクの際に手が滑ったかのように極端に細く仕上がっていると「アンバランスだし、中途半端じゃない?」な印象を醸し出しがちに……。長さを出しすぎているようにも錯覚しやすいため、キツそうに見えたり古臭い印象を感じさせたりもしやすいです。

残念ながらこのワナって意外と身近で、本人としては「少しすぼめたつもり」でも、思いのほか眉尻が伸びてしまっているケースも見受けられます。ベストバランスを模索するなら、この機会に一度、黄金比のおさらいを。小鼻の脇から目尻を繋いだ延長線上が「眉の黄金比」とされているので、この位置をベースにして今っぽい仕上げになるよう微調整をかけると安心です。

 

ちょっとしたワナ3:濃淡のバランスが悪くなっている

 

トレンドデザインの眉を意識していても、眉の濃淡が単調だと「なんかアンバランス」なイメージを出しがちな面も否めません。

よく眉頭が一番薄く、眉尻にかけて濃くなるグラデーションを心がけていらっしゃる方をお見かけしますが、もっとも濃いめに仕上げるべきは、“眉の真ん中部分”。つまり眉の中央をもっとも濃くなるように意識し、そこから眉頭と眉尻にかけて、左右にグラデーションを意識して仕上げると、より自然な見た目を狙えます。

「なんか眉が濃いような」「全体的に、いつものっぺりしちゃう」と思っている原因も、この“濃淡バランス”にあったりするので、お心当たりがある方は、力の入れ加減や色みで調節してみてください。

ちなみに全体的に「濃い」あるいは「薄い」のいずれであっても、濃淡のない眉になってしまった時点で、アウトです。

時短を意識して濃淡を出すならば、何色ものパウダーを使う必要まではなく、濃いめの色のパウダーと薄めの色のパウダーの2色を混ぜながら調節するだけでも十分。いつも「ペンシルだけ」あるいは「パウダーは1色のみで仕上げていた」という方は、ぜひこの機会にもう1色をデイリー使いのコスメに加えてみてください。

 

眉毛の印象が変わるだけで、ぐっと垢抜けることもあれば野暮ったくなることもあるだけに、40代のナチュラルメイクでも眉の仕上がりは特に大事。

しかも毎日のことだけに、自分ではなかなか気づかない盲点によって「あの人、眉毛が下手すぎる」なんて印象になってしまうケースも多々だけに、侮れません。

かく言う私も、眉は毎日のルーティンに頼りすぎて見直しを怠っていると、眉頭がいつの間にか濃いめになっていたり、全体の濃淡バランスが微妙に崩れたりしています。それだけに、定期的な見直しをするよう気をつけています。

お心当たりがあった方はぜひ、明日からのメイクで意識してみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

目元がくすむ40代に「オレンジシャドウ」。おもしろいくらい若返るから!

目元のくすみが気になり始めるのは、ちょうどアラフォーくらいから。かくいう私は、20代や30代前半の頃の自分と比較すると、全体的にやや年齢特有の曇りが出ているのを痛感…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

プチプラコスメ好き40代必見!「安物買いの銭失い」にならないための3大鉄則

最近のプチプラコスメは「安かろう悪かろう」ではなく、むしろデパコスに匹敵するほどの優秀なアイテムもたくさんあります。しかし中には「やっぱり」と言いたくなるような、“見掛け倒し”なコスメも存在するだけに、…

あのアイシャドウも…! 40代が使うと途端に「安っぽく見える」プチプラコスメ3大NG

プチプラコスメは、トレンドのメイクをコスパよく楽しめる便利な存在であるのは、間違いのないお話。最近では、大人世代が使えるリッチな使用感がウリのプチプラコスメも増えてきているので、冒険をしたい色みやそん…

40代女性のドレッサーにまだある!「もう使わないほうがいいコスメ」3選

デイリーメイクでそれなりに手をかけているつもりなのに「スッピンよりも、オバ見え!」なんて事態を招いていたら、かなりショックです。しかしメイクは、自分に染み付いているルーティンによって手が自然に動くもの…

40代はぼんやりしたほうがいい…?「マイナス5歳見え」するナチュラルメイク3鉄則

ここ数年は、隙のないパーフェクトメイクよりも、ナチュラルに仕上げた自然体のメイクがトレンド。飾りすぎず自分の魅力を引き立ててくれるメイク手法を身につけることができれば、年齢を感じさせない“みずみずしく…

5歳オバ見え!「ナチュラルメイクなのに老け見え」するアイライナーの3大ワナ

ナチュラルメイクを意識していても、アイラインの描き方ひとつで“ケバ見え”や“老け見え”を招いてしまうこともあるから、目もとのメイクは侮れません。ここだけのお話、極端なケースでは「アイラインを描かないほうが…

増殖中…! 職場に生息する「臭いオバサン」の傾向とイメージダウンを避ける鉄則って?

いよいよ本格的に気温が上がってきて、ちょっとしたシーンで“汗のニオイ”が気になるシーズンとなりました。加齢臭は男性だけのものではなく、女性も年齢に伴って不快なニオイのリスクが上がると言われるだけに「臭い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事