なんでもいいわけじゃない! 「3歳老け見え」を招く残念なチークの選び方3大ワナ

薄づきを意識してメイクをしていても、周囲から「あの人、厚化粧のオバサンって感じ!」などと思われてしまったら、すごく残念。

他方、ナチュラルメイクブームが継続中だけに、デイリーメイクは「できる限り薄め」を心がけていらっしゃる女性は多いものの、使っているコスメのせいで狙い通りの仕上がりになっていないケースも散見されます。

そんなふうに選び方によって、残念な仕上がりを招きやすいコスメのひとつが、“チーク”。使っているチークによって「3歳オバ見え!」を招くこともあるだけに「塗っていれば、なんでもいい」というわけにはいきません。

「私が使っているものは、大丈夫かしら……?」が気になった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、『オバサン見えするナチュラルメイクのワナシリーズ』から、塗るだけで即オバ見えを招きやすいチークの選び方に迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

うっかりオバ見え1:ローズ系の色みが強いチーク

チークは塗るだけで頬に血色感を与えてくれる便利な存在であるものの、その色みによっては悪目立ちを招きやすく、40代が警戒すべきその最たる色は“ローズ系”でもあります。

ローズ系の色みは、肌に赤みを加えやすい一方で、黄色みが強くなりがちな40代の肌に加えると濃いめの発色にも見えがち。薄めに塗っていても、頬の赤みが不自然に増して見えやすく、ケバい印象を招きやすいワナが潜んでいます。

また、ローズ系のうちでももっとも危険な形状が「パウダー」で、肌の色や状態によっては、粉っぽい仕上がりを感じさせやすいデメリットも。さらにローズ系のうちでも、青みが強いローズは「厚化粧な感じ」を招く、危険なチークの典型です。

自然な赤みを加えるなら「ローズ系」より「ピンク系」に寄せたほうが安心。ではありますが、狙っているメイクのテイストによってどうしてもローズ系で攻めたい日には、一切の青みを感じさせないクリームチークを仕上げのパウダーより前にさりげなく仕込んで。

 

うっかりオバ見え2:油分が多いプチプラクリームチーク

メイク直後には美しく仕上がっていても、時間の経過とともにヨレを招きやすいチークとしては、油分の多いクリームチークがデンジャラスチークの代表格です。

クリームチークは、仕上げのパウダーの前に仕込むと40代の肌にナチュラルな血色を与えてくれやすい反面、時間の経過とともに皮脂などと混ざってヨレやすいものもありますので、うっかりオバ見えを防ぐにはアイテム選びが最大のカギに。

他方、油分が多いクリームチークほどメイクをするときには伸びや発色がよく感じられますが、そこから皮脂やファンデーション類が混ざってくるに連れ、どんどんと崩れやすいデメリットもあります。この傾向は、残念ながら皮脂対策の機能を備えていないものが多い、プチプラチークほど顕著な実情も。

40代がプチプラのクリームチークを手に取るなら塗った直後だけでなく、塗ってから数時間後の状態もチェックしつつ、厳選するのが正解です。

 

次ページ「それはさすがに買っていないのでは」だけど…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事