5歳オバ見え!「ナチュラルメイクなのに老け見え」するアイライナーの3大ワナ

 

ナチュラルメイクを意識していても、アイラインの描き方ひとつで“ケバ見え”や“老け見え”を招いてしまうこともあるから、目もとのメイクは侮れません。

ここだけのお話、極端なケースでは「アイラインを描かないほうが、素敵なのに……」なんて周囲に思われているメイクもあるだけに、40代女性がナチュラルメイクを楽しむならアイライナーの選び方も重要なテーマです。

「私は使っているアイライナーは、大丈夫よね……?」が頭をよぎった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は『オバサン見えするナチュラルメイクのワナシリーズ』から、選び方によって「5歳オバ見え!」だって招きかねない老け見えアイライナーの特徴に迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

うっかりオバ見え1:黒光りするフィルムタイプ

 

年齢を重ねていくと、どうしても目もとのインパクトが弱まってくるので、トレンドとは関係なくブラックのアイライナーを愛用している40代女性も多いはず。

そしてこのところは、ヨレにくく滲みにくいのに、メイクオフではスルッと落ちる仕様の“フィルムタイプ”なアイライナーも増えてきていますので、流行を取り入れる意味でも、積極的に手にとっている40代だって少なくないのではないでしょうか。

ところがフィルムタイプのアイライナーの中には、やけに黒光りする仕上がりになってしまうものも。そして40代がこの手の“黒光りライナー”でアイラインを描いてしまうと、年齢不相応にギラギラしたイメージを醸し出しがちな傾向は否めません。

特に、目もと以外のメイクをナチュラルに仕上げているにもかかわらず、やけにアイラインだけがギラついていると「若作りオバサン」「スナックにいる派手なオバサン」なイメージが強まってしまい、かえって老けた印象に。

フィルムタイプのアイライナーは、独特のつるんとした仕上がりが魅力的ではありますが、悪い意味で黒光りする仕上がりになるものだけは避けたほうが賢明です。

 

うっかりオバ見え2:べったりとした質感のペンシルアイライナー

 

リキッドが流行ろうがジェルがいいと言われようが、昔から描きなれているペンシルアイライナーでデイリーのメイクを仕上げている40代女性だって少なくありません。

ペンシルアイライナーの質感は、その素朴な仕上がりがナチュラルメイクとも好相性なのは間違いなく「派手すぎず地味すぎない」のちょうどいい塩梅を演出しやすいアイテムでもあります。

しかし「ペンシルタイプなら、何を使っていても安心」とは言えないのが、メイクの怖いところ。

やたらにべったりとした質感に見えるペンシルアイライナーは、ギトギトした目もとに映りやすく「汚らしいオバサン」「メイクが下手くそなオバサン」なイメージを醸し出すリスクが高めです。

また「べったりとして見える」どころか、本当にべったりとした質感で、まばたきするたびにまぶたにアイライナーが移ってしまうようなものもあり、これこそ「汚いオバサン」以外の何者にも見えないリスキーなアイライナーでもあります。

アイライナーを選ぶ際には、質感と同じくらい色移りの加減も重要。手もとでサンプルを試すときには、肌を擦り合わせてみたり指先で色移りの加減を確認したりしてから購入すると安心です。またメイク直後には問題なくとも、汗と混ざり時間の経過とともに色移りするものもあるので、ご注意を。

 

うっかりオバ見え3:筆先がやたらに太いリキッドアイライナー

 

どんなにナチュラルメイクでも、目もとはややセクシーに仕上げたほうが、メイク全体の女っぷりが上がるのも確か。

ですので、デイリーのメイクではリキッドアイライナーを愛用していらっしゃる40代女性も、私のまわりに少なくありません。ジェルでもペンシルでもないあの独特の仕上がりは、やっぱりリキッドでないと得難いだけに、根強い人気もあります。

ところが、リキッドアイライナーで仕上げたラインは、その独特の質感があるだけに太さによって即座に「ケバい!」を招きがちなのも確か。

それだけに、筆先がやたら太めなリキッドアイライナーは「使うだけで、3歳オバ見え!」の典型にもなりやすいリスキーな面も強いのです。

まぶたがたるみ始めている人も決して少なくないのが40代の傾向だけに、太さのあるリキッドラインは、アンバランスかつ主張しすぎなイメージを出してしまう引き金にもなりかねません。

リキッドアイライナーを使ってナチュラルな目もとに見せるコツは、ズバリ“細め仕上げ”。それだけに、筆先はなるべく細いものを用いたほうが今っぽい目もとに仕上がります。

 

オバ見えを回避するのにもひと役買ってくれるはずのアイラインで、かえってオバサンっぽさを加速させていたら、とても残念。「何で描いても、一緒でしょ?」などと思っていると、思わぬ落とし穴にハマることもあります。

お心当たりがあった方は、この機会にぜひ、デイリー使いのアイライナーをアップデートしてみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

いい雰囲気だったけど…男が一瞬で「付き合うのは遠慮しておこう」と感じた40代独女のニオイって?

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事