40代でもマネできる!「痛く見えない」かろやかボブヘア4選

普段、ヘアスタイルを決めるときは何を参考にしていますか?

40代向けのヘアカタログが増え、等身大のスタイルが選べるようになってきましたが、若いころに比べればまだまだ参考にできるものって少ない印象です。

特にwebの世界では、「40代に似合う●●ヘア」というタイトルでもクリックして見てみると、そこに出ているのは20代の女の子たち。40代向けのヘアカタログに出ているヘアスタイルと似てはいても、モデルさんの髪質や顔のハリなどやっぱり違いがあって、そのままマネしようとすると痛いオバさんになりそう……ってなりませんか。

そこで、今回は可愛い!おしゃれ!だけど、アラフォーにはどうだろう……と悩んでしまいそうな若いモデルさんのスタイルをもとに、注意点や似合わせポイントをご紹介します。

 

1.万能ひし形シルエットの束感ボブ

頭や顔の形がきれいに見えると評判のひし形ボブはアラフォーでも取り入れやすいヘア。顔型を選ばずに似合わせやすいボブです。

流した前髪が若いころだと落ち着いて見えがちですが、アラフォーになるとちょうどよくハマります。また、前髪を外に流すことで顔が引き締まりリフトアップ効果もあり! ワックスやシアバターで束感をつくれば、今っぽいカジュアル感も出せるので老け見えも回避できます。

注意したいのは、トップの長さ。短いと老けて見えるので長めに残してもらいましょう。

担当:加藤貴大さん/Ramie GINZA

 

2.ペタ髪でもOKなふんわりボブ

やわらかい髪質でもふんわりと決まるナチュラルなエアリーボブ。すき間をつくるようにスタイリングすることで、ふわっと軽やかに決まります。

1のスタイルとも似ていますが、前髪を斜めに流すことで大人女性らしい落ち着いた雰囲気に見えます。髪色は好みによりますが、ダークトーンに染めてもふんわりとした質感なので重く見えません。

毛量が減ってきた、ペタ髪の人は毛先ワンカールのパーマをかけると自分でもスタイリングがしやすく、ふんわり感がキープできますよ。

担当:松下哲史さん/Ramie omotesando

 

3.クセ毛もまとまる重めなミディアムボブ

鎖骨下に長さを設定したミディアムボブ。まとまりのある重めシルエットですが、表面の髪が動くようにカットしているので、重すぎない軽い質感に。長さと重さがあることで、うねりなどクセがある人でもまとまりやすくなります。

直毛の人は毛先が内に入りやすいようにワンカールのパーマをかけるといいでしょう。

鎖骨レングスはアラフォーに人気の長さなので、ムリなく取り入れられると思います。髪のボリュームが減ってくる世代ですが、カットの仕方で重めシルエットにできるのでぜひ相談してください。

担当:岡本聡美さん/Ramie GINZA

 

4.大人にも似合うショート前髪のボブ

難易度高めに見えるショート前髪は、意外にもアラフォー世代におすすめのスタイル。

パツンと揃えてしまうと思いっきり若作りになりますが、すき間をつくることでなじみやすく、若々しい印象に。40代、50代の女優さんにも多いですよね、短めの前髪にしている人が。

顔も明るく見えますし、視線が上に行くので重力に負け気味なお肌も上向きに(なったような錯覚…)。

残念ながら面長の人は、前髪を短くしてしまうと顔の縦幅が強調されてしまうので、避けたほうがいいでしょう。ただ、束感のあるボブスタイルはどんな顔型にも似合うので、前髪の長さを調整することでマネできますよ。

前髪がポイントになるスタイルなので、カウンセリングのときは前髪の浮きやすい、割れやすいところを美容師に伝えましょう。もちろん、美容師もクセはチェックしますが、普段どんなところに困っているのかがわかると、スタイリングもしやすいスタイルづくりができます。

担当:NAOMIさん/Ramie GINZA

※火・木・日曜はRamie omotesandoに出勤

 

若いモデルさんのスタイルでも「ここが気に入った」というポイントを美容師に伝えることで、年齢や髪質などを考慮しつつ「なりたいヘア」に近づけることができます。

ムリとあきらめずに、相談することからはじめてみましょう。

 

 

●協力サロン

Ramie GINZA

Ramie omotesando

持ちのいいカットやナチュラルで女性らしいスタイルがアラフォー世代から支持を得ている。

フェミニンからカジュアルまで大人の魅力を引き出してくれるサロンです。

銀座と表参道、どちらも窓が大きく開放感があり、ゆったりと過ごせます。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

銀座・青山・代官山で40代に人気のヘアは?ベストスタイル発表!【前編】

最近、朝起きると鼻がむずむずして「あ、きたな」と、花粉で春の訪れを感じております。ショップにも春ファッションが並び、寒いけれど春トレンドを取り入れたい気分ですよね。そして服に合わせてメイクやヘアも変え…

うねりやパサつきをおさえて「髪を早くきれいに伸ばす」4つの方法は?

40歳を過ぎると髪をバッサリと切る人が増えますよね。美容師さんに話を聞いても、40代後半から一気にショート率が高まるとのこと。うねりやパサつきで扱いにくくなっている髪は切ってしまったほうがラク、と考える人…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むにははやく、おしゃれにも貪欲です。しかし、…

ぺたんこ、うねり……40代の困り髪を救うのは女っぽミディアム

ケアをしていても扱いづらくなってくる髪。うねって広がる髪を落ち着かせたい、髪が細くなりボリュームがなくなってきた、とにかくまとまらない!そんな手に負えない悩みをカバーしつつ、女らしさや華やかさがほしい…

40代のオバ見え原因1位、白髪。うまく「染めずに」カバーするには?

40代の髪悩み№1といったら白髪。黒髪はどんどん元気がなくなっていくのに、白髪は生命力にあふれているかのように太く、目立つのがやっかいです。しかも、頭頂部や顔まわりなど視界に入りやすい場所に生えやすいの…

やっぱり美容室は怖い!? 思い通りのスタイルを手に入れる3つの心得

「美容室でなりたい髪型をうまく説明できない」「どうオーダーしていいのかわからない」「美容師さんと話すのが苦手」「やってみたいヘアスタイルがあるけれど、結局いつも同じになってしまう」40代女性からもよく聞…

髪がバチバチ静電気でまとまらない!カンタン除去対策3つの方法

冬になると悩まされる静電気。ドアノブや車のドアをさわる瞬間、バチッと痛みが走り不快な気分に。服を着るとき髪がパチパチして顔にまとわりついたり、広がってボサボサになるのも静電気の仕業です。静電気が発生す…

かき上げ前髪、束感…雑誌で見るヘアスタイルの小さいコツ、教えます!

ヘアチェンジをするときに、雑誌のヘア企画やヘアカタログを参考にする人も多いですよね。ただ、素敵だな、マネしたいなと思うスタイルがあっても「スタイリングが難しそう」と諦めてしまうことはありませんか?サロ…

タートル、ニット帽に似合うギリギリ結べるボブの冬アレンジ

タートルネックやマフラーなど首元にボリュームのあるファッションが増える冬。肩につくボブヘアはダウンスタイルだと毛先がハネたり、もったりと見えてしまいますよね。そんなとき、やっぱり頼れるのはまとめ髪。と…

ヘアブラシを変えるだけでこんなに違う!洗う前の「3分ブラッシング」でエイジング髪が美髪に

美肌&美髪は1日にして成らずということは、40数年生きてきた私たちなら実感しているところ。しかし、もう年だから、一度ダメージを受けた髪は戻らないからと諦めることはありません。人生100年時代。折り返し地点に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事