40代でもマネできる!「痛く見えない」かろやかボブヘア4選

普段、ヘアスタイルを決めるときは何を参考にしていますか?

40代向けのヘアカタログが増え、等身大のスタイルが選べるようになってきましたが、若いころに比べればまだまだ参考にできるものって少ない印象です。

特にwebの世界では、「40代に似合う●●ヘア」というタイトルでもクリックして見てみると、そこに出ているのは20代の女の子たち。40代向けのヘアカタログに出ているヘアスタイルと似てはいても、モデルさんの髪質や顔のハリなどやっぱり違いがあって、そのままマネしようとすると痛いオバさんになりそう……ってなりませんか。

そこで、今回は可愛い!おしゃれ!だけど、アラフォーにはどうだろう……と悩んでしまいそうな若いモデルさんのスタイルをもとに、注意点や似合わせポイントをご紹介します。

 

1.万能ひし形シルエットの束感ボブ

頭や顔の形がきれいに見えると評判のひし形ボブはアラフォーでも取り入れやすいヘア。顔型を選ばずに似合わせやすいボブです。

流した前髪が若いころだと落ち着いて見えがちですが、アラフォーになるとちょうどよくハマります。また、前髪を外に流すことで顔が引き締まりリフトアップ効果もあり! ワックスやシアバターで束感をつくれば、今っぽいカジュアル感も出せるので老け見えも回避できます。

注意したいのは、トップの長さ。短いと老けて見えるので長めに残してもらいましょう。

担当:加藤貴大さん/Ramie GINZA

 

2.ペタ髪でもOKなふんわりボブ

やわらかい髪質でもふんわりと決まるナチュラルなエアリーボブ。すき間をつくるようにスタイリングすることで、ふわっと軽やかに決まります。

1のスタイルとも似ていますが、前髪を斜めに流すことで大人女性らしい落ち着いた雰囲気に見えます。髪色は好みによりますが、ダークトーンに染めてもふんわりとした質感なので重く見えません。

毛量が減ってきた、ペタ髪の人は毛先ワンカールのパーマをかけると自分でもスタイリングがしやすく、ふんわり感がキープできますよ。

担当:松下哲史さん/Ramie omotesando

 

3.クセ毛もまとまる重めなミディアムボブ

鎖骨下に長さを設定したミディアムボブ。まとまりのある重めシルエットですが、表面の髪が動くようにカットしているので、重すぎない軽い質感に。長さと重さがあることで、うねりなどクセがある人でもまとまりやすくなります。

直毛の人は毛先が内に入りやすいようにワンカールのパーマをかけるといいでしょう。

鎖骨レングスはアラフォーに人気の長さなので、ムリなく取り入れられると思います。髪のボリュームが減ってくる世代ですが、カットの仕方で重めシルエットにできるのでぜひ相談してください。

担当:岡本聡美さん/Ramie GINZA

 

4.大人にも似合うショート前髪のボブ

難易度高めに見えるショート前髪は、意外にもアラフォー世代におすすめのスタイル。

パツンと揃えてしまうと思いっきり若作りになりますが、すき間をつくることでなじみやすく、若々しい印象に。40代、50代の女優さんにも多いですよね、短めの前髪にしている人が。

顔も明るく見えますし、視線が上に行くので重力に負け気味なお肌も上向きに(なったような錯覚…)。

残念ながら面長の人は、前髪を短くしてしまうと顔の縦幅が強調されてしまうので、避けたほうがいいでしょう。ただ、束感のあるボブスタイルはどんな顔型にも似合うので、前髪の長さを調整することでマネできますよ。

前髪がポイントになるスタイルなので、カウンセリングのときは前髪の浮きやすい、割れやすいところを美容師に伝えましょう。もちろん、美容師もクセはチェックしますが、普段どんなところに困っているのかがわかると、スタイリングもしやすいスタイルづくりができます。

担当:NAOMIさん/Ramie GINZA

※火・木・日曜はRamie omotesandoに出勤

 

若いモデルさんのスタイルでも「ここが気に入った」というポイントを美容師に伝えることで、年齢や髪質などを考慮しつつ「なりたいヘア」に近づけることができます。

ムリとあきらめずに、相談することからはじめてみましょう。

 

 

●協力サロン

Ramie GINZA

Ramie omotesando

持ちのいいカットやナチュラルで女性らしいスタイルがアラフォー世代から支持を得ている。

フェミニンからカジュアルまで大人の魅力を引き出してくれるサロンです。

銀座と表参道、どちらも窓が大きく開放感があり、ゆったりと過ごせます。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

ボリュームの足りないぺちゃんこオバ髪に、100均のヘアグッズで対策!

掃除グッズや収納ケースだけでなく、今はイヤリングなどアクセサリーも買える100円ショップ。最近、近所に新しい100円ショップができたので品揃えをチェックしに行ってみました。食器や日用品と並び、ヘア用品も充実…

オバさん見えする髪には「うねり」あり。40代の乾燥ヘア対策6つの心得

手の甲や足がカサカサしはじめ、そろそろ乾燥対策をしなくてはと思い始めている今日この頃。肌が乾燥しているということは、頭皮も髪も乾いているわけです。それでなくても、年齢のせいでパサつきやうねりが目立って…

前髪ナシでも小顔に見える!40代のボブ&ショート3選

年を重ねても「小顔になれる」というのは魅力的なワードではないでしょうか。OVER40になると、フェイスラインのたるみも気になり、ただ顔が小さく見えるよりもリフトアップ効果もほしいところ。日々のマッサージやハ…

薄毛が気になる40代女性は「パックリ分け目」を隠して!簡単3つのテクは?

髪がやせてきた、手触りが悪い、スタイルが決まらなくなってきた……。年々感じる髪の老化。毛量の多さに悩まされてきた私も、最近はボリュームが減ってきたなと感じ始めています。電車に乗っていると座っている人達の…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッとできるお手軽アレンジとしてはやっぱりハ…

髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイテムです。たしかに「ピン1本でOK」と書かれ…

頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサ…

まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事