プチプラコスメ好き40代必見!「安物買いの銭失い」にならないための3大鉄則

最近のプチプラコスメは「安かろう悪かろう」ではなく、むしろデパコスに匹敵するほどの優秀なアイテムもたくさんあります。

しかし中には「やっぱり」と言いたくなるような、“見掛け倒し”なコスメも存在するだけに、40代女性がプチプラコスメを選ぶときには、その仕上がりに気をつけたいところ。

「この前買ったプチプラコスメは、大丈夫かしら?」と一抹の不安がよぎった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代がプチプラコスメを買うシーンで「失敗」しないための鉄則をご紹介します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

失敗を防ぐ鉄則1:油分の多さをチェック

プチプラコスメの中には、ぱっと見では鮮やかな発色でも、実際に使ってみると油分のバランスがイマイチで、40代が使うと“メイク崩れ”を起こしやすいアイテムもチラホラ。

特にアイシャドウやアイライナー、アイブロウ製品は、油っぽいものを使うと、皮脂と混ざり合ってメイクが落ちたりヨレたりする原因にもなりかねないため、テスターでのチェックは欠かさないほうが無難です。

コスメを購入する際には、いったん手元を使って質感をチェックしている女性が少なくないはずですが、油分チェックは塗った直後よりも少し時間が経過してからのほうが実情がわかりやすく、かつ手元よりも眉毛付近やまぶたなど、実際に塗るパーツで試したほうが、皮脂との混ざり具合を確認しやすいです。

「失敗」を回避するためには、面倒でも、タッチアップは入念に。

 

失敗を防ぐ鉄則2:発色をチェック

 

コスメの発色は、強すぎても弱すぎても、40代の肌には不相応になりがちなのも事実。

発色が強すぎてしまえば、特定のパーツだけがニュッと悪目立ちすることからの「失敗」、弱すぎてしまえば、見るからに安っぽさを醸し出すことからの「失敗」を招きがちです。

そのため、40代女性が満足度の高いプチプラコスメを手に入れるには、“ほどよい発色”が重要なポイントにも。

こちらも、手元でテスターを使うと実際にファンデーションやコンシーラーを使った肌に塗ったときと仕上がり感が異なるケースも多々あるため、テスターを使う際には、できるだけ“ベースメイクを済ませた状態”の肌に試したほうが確実です。

とは言っても、コスメとの出会いは突発的なのも「あるある」ですし、ショップの雰囲気によっては顔に試すのをためらいたくなることもありがち。

そんな場面では、店内にあるベースコスメを手元に塗り、その上から検討中のプチプラコスメを試してみると、失敗が少なくなります。

 

最後に、いちばん大事なのはコレかも…?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事