華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

華原と小室は似た者同士である

バーキンと言えば、華原の元カレ・小室哲哉のことも忘れるわけにはいきません。「週刊文春」(文藝春秋社)が小室と女性看護師との不倫をすっぱ抜きましたが、小室のお抱え運転手の車に乗る女性看護師はバーキンを持っていたのです。自分で買った可能性もありますが、上述したとおり、バーキンを買うには一種のコネがいる。小室がプレゼントした可能性もないとは言えないと思います。

 

その気になればバーキンを買えるであろう小室の不倫報道は、小室が引退を発表したことと、介護を前面に押し出したことで同情を集めて終わりましたが、「週刊文春」が逆襲をしかけます。小室の妻であるKEIKOの親族が「小室が記者会見で語った内容は、ほとんど嘘」と「週刊文春」に語ったのです。小室は「KEIKOは漢字ドリルをやっている」「オトナの女性としてのコミュニケーションが取れなくなっている」発言について、「ドリルをやっていたのは5年前」「KEIKOは要介護状態ではない」「そもそも小室は介護などしていない」と否定したのです。

 

何をもって介護というかは難しい問題だと思います。たとえば、食事を作って食べさせるなと実務も介護ですが、たくさん稼いで人を雇うのも介護だと言えなくもありません。ポイントは介護される側の状態を把握していることだと思うのです。別れ話もせずに忽然と姿を消す小室は、飽きっぽい上に、典型的な臭いものにふたをするオトコでしょう。そんな人に介護という七面倒なことができると私に到底思えません。

 

2008年に「オーラの泉」に出演した小室は、KEIKOが自分にとって必要な理由を「母親のよう」と表現していましたが、病気をして、お母さんでなくなったKEIKOはもう必要ないということではないでしょうか。不倫相手とされる女性は、看護師さんということもあって、いろいろ行き届いて“便利”なのではないでしょうか。使えなくなったら、相手をポイ捨てする小室と、その小室に捨てられた華原は実は「かわいがられることしか興味がない」という点で、非常に似ているのです。

 

なぜ華原は小室ネタを封印しないのか?

テレビであまり見ることがなくなった華原ですが、7月7日放送の「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)に出演した際、「TKとカラオケに行ったときに、TRFの歌を歌ったら、歌手になれました」と小室ネタを披露しています。テレビ出演時の華原が小室話をする率は、非常に高いものがあります。

 

一般論で考えれば、未練がましいとも言われる行為ですが、もしかしたら華原に「小室と自分は赤の他人である」という意識がないのではないかと思うのです。今は90年代ではなく、小室との思い出を振り返っても意味はない、自分はもう20代ではなくアラフォーということを、華原はわかっていないように感じられて仕方がありません。強いオトコでないと愛せないう華原には、バーキンの呪いがかかっているように思えるのです。

1 2

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

森高千里を絶賛する博多大吉から考えた、女性がオバさんと呼ばれるワケ

少し前に、ツイッターで「大学に入学した娘が、サークル勧誘のビラをもらえなかった話」がバズったのをご存知でしょうか。19歳がオバさんと言われるワケ女子大の入学式に参加したお母さんと娘さん。帰りにサークル勧…

藤あや子、魔性の女は意外と「薄情」?オトコを骨抜きにし続ける半生

3月31日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)は秋田つながりで、俳優・柳葉敏郎、タレント・佐々木希、歌手・藤あや子が出演しました。美人の産地として名高い秋田らしく、あと3年で還暦をむかえる藤あや子センセ…

イチロー夫人、弓子さんが女子アナ時代に示した「控えめ」だけど最強の攻め

お代替わりが近づいています。4月1日には新しい元号、「令和」が発表されました。5月1日から、我々が浩宮さまとお呼びしている現在の皇太子さまが、天皇陛下となられます。浩宮さまと言えば、独身時代の1983年に記者…

相田翔子「劣化上等」発言から考える。天然オンナと美魔女の共通点は…

藪から棒に何ですが、みなさんは強い女性というと、どんな人を連想するでしょうか?高キャリアな女性とか、弁が立つ人を思い浮かべる人も多いでしょうが、私が思うのは天然と呼ばれる女性なのです。エセ天然じゃない…

南果歩、二度の離婚とボディタッチ連発に見る「イタいオンナ最強」論

「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演していた女優・南果歩を見て、私は不覚にも感動してしまったのです。ダウンタウンや坂上忍など男性出演者にボディタッチを連発する南果歩。両腕をそれぞれゲンコツにして…

大久保佳代子ら、40代婚活女性が直面する「オトコにどこまで合わせるか問題」

3月8日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、「40歳からの婚活」を特集していました。40代で結婚したと願う男女は増える一方で、結婚相談所に登録しているのは30代が一番多いそうですが、40代もそれに肉薄す…

竹内結子、再婚に見る二度目の亭主は地味でいい説。

アサミ編集長さんも記事をお書きになっていましたが、みなさん、パーソナルカラーというものをご存知でしたでしょうか?もの知らずなことに、私がパーソナルカラーと骨格診断を知ったのはここ2~3年です。最初は日…

堀ちえみ、闘病告白で考えた真の女子力とは何か。

人間にとって、最大のプライバシーは病気だと思いますが、有名人というのは下手な憶測を呼ばないために、時にそういう一番知られたくないことまで公表しなくてはならない。本当に因果な商売だと思います。世の中の人…

ベッキー、結婚再始動しても抜けない「例のクセ」にガッカリだ

久しぶりに見たけど、やっぱりベッキーって腕があるなぁ。2月10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)を見ていて、こう思ったのでした。なぜベッキーを見るのが久しぶりかというと、例の不倫騒動があ…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験のある人はみな結婚していることになります…

LIFEに関する最新記事