若見えのつもりが逆に老け見え!本当は「やらなくていい」40代の美容テク3選

 

メイクやファッションなどの外見に気合いが入りすぎると、うっかり“間違った若見え路線”にも走りがちです。

実際のところ、美意識が高い女性がアレやコレやと入念にお手入れするほどに、かえって老け見えを招いていることもあるだけに、気をつけなくてはなりません。

「もしや、私も…!?」などと一抹の不安がよぎった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、若見えを狙う40代女性ほどついやりがちだけれど、実は老け見えを招きかねないデンジャラスな美容テクのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

若見えのつもりで逆に老け見え1:コンシーラーの重ね塗りor多用

 

シミやシワなど「隠したい箇所」が年齢を重ねるにつれ増えてくると、コンシーラーの減りも早まりがちです。

確かに、アラはカバーしてしまったほうが、実年齢よりも若く見える肌を狙えるのは、間違いのないお話でもあります。

しかし、鏡を見つめて「あっ。ここにもシミ! あっ。こっちにも!」などと思いつつ、あちらにもこちらにもコンシーラーを塗りたくってしまえば、これこそが“老け見え”を招く要因にも。

幾重にもコンシーラーを重ね塗りしていたり、あるいはコンシーラーを塗る箇所が多すぎて、もはや“下地”状態になってしまっていたりといった使い方は、上から重ねるファンデーション類を「厚塗り」に見せやすい落とし穴が潜んでいます。

他方、世間では「年齢を重ねると、厚化粧がすごい」的な思い込みが強い傾向も否めず、コンシーラーを多用して不自然な肌感になっているメイクほど、「若見えのつもりが老け見え」に陥りやすいというわけです。

コンシーラーでアラを隠すにあたっては、一度塗り程度で“自然なカバー”を死守する心がけが、老け見えを防ぐ術に。

さらには、できるだけ自分の肌色から浮かない色みを選ぶ工夫も重要です。肌よりも明るいトーンのコンシーラーは悪目立ちを招きやすいだけに、避けたほうが賢明です。

 

若見えのつもりで逆に老け見え2:仕上げのツヤ出しルースパウダー

 

「肌へのツヤ出し効果が高い」とされているラメ感のあるルースパウダーは、40代の肌に加えてしまうと、かえって毛穴が目立ったり肌の凹凸が強調されてしまったりといった、デメリットを招きやすいデンジャラスなアイテム。

「ツヤのある肌のほうが、若く見える」は確かであるものの、パウダーの質感のせいで、肌のアラが目立ちやすくなるというわけです。

しかし、年齢とともに隠したい箇所が増えてくるのも、多くの40代が抱くホンネ。それだけに、ベースメイクでは下地やコンシーラーからファンデーション、ルースパウダーと、言ってみれば“フルコース”でメイクを仕上げたくなります。そして、むしろこれが災いしているとなれば「だいぶショック」としか言えません。

気温や湿度が高い時期には、パウダーをはたいたほうがメイク崩れはしにくくなるとはいえ、その質感には十分気をつけて選ぶのが、老け見えを招かないコツになります。

「何を選んだらいいのか……」と迷っている方は、まずはラメ感のないパウダーを手に取ってみると、今までより使い勝手がよく感じやすいと思います。

 

若見えのつもりで逆に老け見え3:ツヤ髮を目指すつもりの「ヘアオイル」の多用

 

ツヤのある髪が、それだけで若々しい雰囲気を演出してくれるのは、確かなお話です。

しかしながら「ツヤ」を通り越して「ベタつき」を感じさせてしまえば、40代の髪は、途端に老け見えを招く要素に転落します。

若見えを狙える髪に仕上げるならば、トップのボリューム感がかなり重要。頭頂部がペタッとしていると、髪が薄く見えたり生活に疲れたような印象を与えたりする引き金にもなりがちな面は否めません。

それだけに「ツヤが欲しいから」とヘアオイルを多用してしまえば、それがかえって老けて見せる要素にもなりやすいのです。

40代がヘアオイルを選ぶなら、ベタつきを極力抑えてくれる仕様のものを選び、毛先など“必要最小限”だけ使うのが、無用な老け見えを防ぐコツにもつながります。

「どうしても全体的にツヤを加えたい」ならば、ヘアオイルよりもツヤ出しスプレーを用いたほうが、より自然なツヤ感を演出しやすいので、ぜひお試しを。

 

若く見せるつもりで手をかけているのに、それが逆に老け見えを招く原因になっていたら「かなりショック」でしかありません。

「きちんと美容テクを駆使しているのに、どうも年齢よりも上に見られることが多いわ」とお心当たりがあるならば、もしかして“手をかけすぎ”のワナにハマっているかもしれません。ぜひこの機会に、デイリー美容のルーティンを見直してみて。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

歳のせいじゃなかった…! 最近「メイクのりが悪い」40代の3大NGスキンケア

年齢を重ねるにつれ「メイクの“のり”が、悪くなってきた」と口にする女性も増えてくる傾向です。加齢の波は、誰にでも押し寄せるものだけに「40代ともなれば、普通よね」と諦めの声もしばしば聞こえてきます。でも本…

「あのオバサン、清潔感がない…!」と思われる、40代女性の盛りすぎメイク

メイクは、同じコスメを使ったとしても、その強弱によって印象はガラリと変わるものです。清潔感の「ある」or「ない」については、色づかいや色の組み合わせかたも関係しますが、メイクがtoo muchになっているだけで…

男ドン引き! お泊まりの朝「別人じゃん…」になる40代に足りないコスメは?

お泊りデートの翌朝は、ポーチに入れて持参したコスメ類で、メイクを済ませるのが一般的。アレコレと持っていくと荷物になるので、こういったシーンでは持ち歩くコスメは厳選し、自宅でのメイクに比べて、簡素に済ま…

泥酔よりイヤだ…!? 男がドン引きする40代女性の「お酒の飲みかた」3例

社会人経験が長くなってくると、必要に迫られた結果、若いころよりもお酒に強くなる40代女性も珍しくありません。そして一方で「泥酔した姿は、みっともない」は男女問わずによく言われるお話。ところが、場合によっ…

それ「おツボネさま」に見えてる!厄介な40代の痛ポイントメイク3例

メイクの印象によって「この人って、こんなタイプ……?」な憶測にもつながりがちなだけに、ビジネスシーンでのブランディングとメイクテイストは、切っても切れない間柄に。だからこそ、デイリーのビジネスメイクでは…

「おばさんっぽい!」と言われる40代女性のポーチに入っている3大痛コスメって?

「あの人って、年齢のわりにオバサンっぽいよね」「いかにもオバサン!って雰囲気で、残念」周囲から、こんな評価をくだされていたとしたら、40代としては不名誉なお話。しかしメイクのテイストや使っているコスメの…

30代までは許されても…!? 40代だと「格段に非常識」に見えるNGメイク3例

メイクは、TPOによって変えてこそ、品格やトレンド感を演出できるもの。30代までは許されても、40代になってTPOにそぐわないメイクをしているとそれだけで「あの人、非常識そう」とレッレルを貼られやすい残念な傾向…

「ケバいオバサン」よりみっともない……!? 男が嫌悪感を示す40代女性の3大NGキャラ

先日、私たちと同世代の男性たちとの会話で「40を過ぎると、単なる“ケバいオバサン”路線に向かっていく残念な同世代も増える」という話題が出ました。と同時に「ケバいオバサン系もイヤだけど、もっとイヤな路線に向…

40代だって人前でラブラブしたい……! 「愛情表現が豊かな中年男性」の見抜きかた

40代になっても、愛する人とはいつまでもラブラブな関係を築きたいのを理想とする女性だって少なくありません。「愛に年齢は、関係ない!」とも言えますし、大人世代になっても豊かな愛情表現をしあっているカップル…

最初は好条件に見えても……「かなり難あり」な中年独身男の前兆3パターン

仕事もそれなり、見た目もまぁまぁ……と、一見すると「好条件」に見える中年独身男性でも、その裏に“難”が隠されているというのは、比較的よく耳にするお話。とは言っても、一方で“40代で婚活”となると「ある程度の妥…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事