若見えのつもりが逆に老け見え!本当は「やらなくていい」40代の美容テク3選

 

メイクやファッションなどの外見に気合いが入りすぎると、うっかり“間違った若見え路線”にも走りがちです。

実際のところ、美意識が高い女性がアレやコレやと入念にお手入れするほどに、かえって老け見えを招いていることもあるだけに、気をつけなくてはなりません。

「もしや、私も…!?」などと一抹の不安がよぎった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、若見えを狙う40代女性ほどついやりがちだけれど、実は老け見えを招きかねないデンジャラスな美容テクのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

若見えのつもりで逆に老け見え1:コンシーラーの重ね塗りor多用

 

シミやシワなど「隠したい箇所」が年齢を重ねるにつれ増えてくると、コンシーラーの減りも早まりがちです。

確かに、アラはカバーしてしまったほうが、実年齢よりも若く見える肌を狙えるのは、間違いのないお話でもあります。

しかし、鏡を見つめて「あっ。ここにもシミ! あっ。こっちにも!」などと思いつつ、あちらにもこちらにもコンシーラーを塗りたくってしまえば、これこそが“老け見え”を招く要因にも。

幾重にもコンシーラーを重ね塗りしていたり、あるいはコンシーラーを塗る箇所が多すぎて、もはや“下地”状態になってしまっていたりといった使い方は、上から重ねるファンデーション類を「厚塗り」に見せやすい落とし穴が潜んでいます。

他方、世間では「年齢を重ねると、厚化粧がすごい」的な思い込みが強い傾向も否めず、コンシーラーを多用して不自然な肌感になっているメイクほど、「若見えのつもりが老け見え」に陥りやすいというわけです。

コンシーラーでアラを隠すにあたっては、一度塗り程度で“自然なカバー”を死守する心がけが、老け見えを防ぐ術に。

さらには、できるだけ自分の肌色から浮かない色みを選ぶ工夫も重要です。肌よりも明るいトーンのコンシーラーは悪目立ちを招きやすいだけに、避けたほうが賢明です。

 

若見えのつもりで逆に老け見え2:仕上げのツヤ出しルースパウダー

 

「肌へのツヤ出し効果が高い」とされているラメ感のあるルースパウダーは、40代の肌に加えてしまうと、かえって毛穴が目立ったり肌の凹凸が強調されてしまったりといった、デメリットを招きやすいデンジャラスなアイテム。

「ツヤのある肌のほうが、若く見える」は確かであるものの、パウダーの質感のせいで、肌のアラが目立ちやすくなるというわけです。

しかし、年齢とともに隠したい箇所が増えてくるのも、多くの40代が抱くホンネ。それだけに、ベースメイクでは下地やコンシーラーからファンデーション、ルースパウダーと、言ってみれば“フルコース”でメイクを仕上げたくなります。そして、むしろこれが災いしているとなれば「だいぶショック」としか言えません。

気温や湿度が高い時期には、パウダーをはたいたほうがメイク崩れはしにくくなるとはいえ、その質感には十分気をつけて選ぶのが、老け見えを招かないコツになります。

「何を選んだらいいのか……」と迷っている方は、まずはラメ感のないパウダーを手に取ってみると、今までより使い勝手がよく感じやすいと思います。

 

若見えのつもりで逆に老け見え3:ツヤ髮を目指すつもりの「ヘアオイル」の多用

 

ツヤのある髪が、それだけで若々しい雰囲気を演出してくれるのは、確かなお話です。

しかしながら「ツヤ」を通り越して「ベタつき」を感じさせてしまえば、40代の髪は、途端に老け見えを招く要素に転落します。

若見えを狙える髪に仕上げるならば、トップのボリューム感がかなり重要。頭頂部がペタッとしていると、髪が薄く見えたり生活に疲れたような印象を与えたりする引き金にもなりがちな面は否めません。

それだけに「ツヤが欲しいから」とヘアオイルを多用してしまえば、それがかえって老けて見せる要素にもなりやすいのです。

40代がヘアオイルを選ぶなら、ベタつきを極力抑えてくれる仕様のものを選び、毛先など“必要最小限”だけ使うのが、無用な老け見えを防ぐコツにもつながります。

「どうしても全体的にツヤを加えたい」ならば、ヘアオイルよりもツヤ出しスプレーを用いたほうが、より自然なツヤ感を演出しやすいので、ぜひお試しを。

 

若く見せるつもりで手をかけているのに、それが逆に老け見えを招く原因になっていたら「かなりショック」でしかありません。

「きちんと美容テクを駆使しているのに、どうも年齢よりも上に見られることが多いわ」とお心当たりがあるならば、もしかして“手をかけすぎ”のワナにハマっているかもしれません。ぜひこの機会に、デイリー美容のルーティンを見直してみて。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

反則でしょ…! オトコがウンザリした「40代婚活女性」の仰天エピソード3選

「婚活」の名目で出会った女性に対し「この人、本気で結婚する気あるのか……?」と憤りを抱く男性もチラホラいるようです。ひと口に「婚活」と言っても、その温度差には個人差があるだけに仕方のない話でもあるものの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事