百年の恋も冷める・・・男性が「別れを決めた40代独女とのケンカ」って?

 

お付き合いしていると、どうしても避けられないのがケンカ。カッとなると、取り返しのつかない言葉を吐いたり悪態をついてしまったり、そのまま別れ話まで一直線、なんてことも。

実際に男性が経験した「別れを決めたケンカ」には、思わずドン引きするような40代独女の「本性」もありました。

頭に血がのぼったときこそ、冷静に相手と向き合いたいですね。

どんなケンカが別れの引き金になったのか、エピソードをご紹介します。

 

「こんなに尽くしているワタシ」にうんざり

 

「バツイチの俺にずっと優しくしてくれていたアラフォーの女友達。

この人なら安心して付き合える、と思って交際を申し込み、OKをもらってからは順調な交際が続いていました。

でも、気になるのが『尽くしているワタシ』に酔うところ。

毎日のお弁当やアレの相手も嬉しいけど、あとで必ず『ご褒美』をねだられるんですよね。

お礼を伝えたり食事をおごることはしていたけど、だんだん負担になってきて……。

俺の誕生日に豪華な手料理でもてなしてくれたんだけど、そのあとやっぱり『こんなに尽くしてる私、偉くない?』と言われたときに、もうイヤだとはっきり自覚しました。

『こんな付き合いは負担だから』と別れ話を切り出したら、『こんないい女を捨てるなんて、信じられない!』とびっくりする言葉が。

いや、ありがたいとは思っていたけど、自分でいい女とか言う女性はちょっと……。もちろんそのまま別れました」(38歳/教員)

 

★ 尽くされるのは男性にとって嬉しいことではありますが、それは相手の中に「下心」がないからこそ。

最初から「認めてもらって当然」のような態度では、恋心も冷める一方です。

この女性は、恋人だけでなく友人たちにも自分のしていることを「いい女」としてアピールしていました。

……イッタいよねぇ。

 

アレの不満はほどほどに

 

「40代になってから、あっちの機能が何となく下降気味になっているのは気がついていました。

欲はあるけど、どうも最後までがんばれない状態で、それを気にしていたのが当時付き合っていた同い年の彼女。

最初は『私のせい?』と嘆くのを必死に否定して精力増大のサプリなども飲んでいたけど、酒を飲んだ夜は特にアレが難しくなり、彼女の不満が募る一方で。

彼女が不機嫌になるのが面倒で、そのうちアレ自体を避けるようになりました。

すると今度は『男としてだらしないと思わないの?』『ほかに元気になるような女でも見つけた?』と嫌味の嵐。

こっちが悪いのはわかっているけど、年齢的なものなら仕方ないし一緒に解決策を考えてくれるでもないし、これ以上は付き合えないと思って別れました。

最後に言われた『その年で不能とか本当にかわいそうね!』という言葉が今でもトラウマです……」(43歳/人事)

 

★ 欲に関することは、いくつになっても男性のプライドを大きく左右します。

特に、元気がないことを女性に言及されたら、ショックが大きいもの。上手くいかないからと不満顔ばかり見せられていては、積極的に手を伸ばす気も失せてしまいます。

改善する努力をしているなら、一緒に考えてくれるような彼女が嬉しいですよね。

「不能」とか男性に言えてしまうような女性は、まず思いやりがないと思われます。くれぐれも口にするのは控えましょう。

 

「金の切れ目が縁の切れ目」!?

「脱サラしてデザイン事務所を立ち上げた俺。当時付き合っていたのはそれまで勤めていた会社の同僚でした。

起業したばかりの頃は仕事も少なく、貯金を崩して生活する月もありました。今は退職前のツテなどが当たって順調な経営をしています。

最初は『応援しているからね!』と事務所の掃除や食事の世話などをしてくれていた彼女だったけど、仕事が少ない現実を見ると少しずつ『本当に大丈夫なの?』と不満を言うように。

会社勤めの頃は、人並みの給料をもらえていたので外食やデートもそれなりに楽しんでいたけど、起業してからは時間もなくなって遊びに行けなくなったのが嫌だったらしく……。

独立することに必死で特に結婚を意識して付き合っていたわけではないんだけど、『私って家政婦か何かなの?』と責められるとちょっと交際を続ける自信がなくなってきました。

ある日、外食したいと言う彼女を断ってお弁当を買おうとしたら、『こんな貧乏な生活、耐えられない!』と不満が爆発。

俺の起業に文句を言いだし、『あのまま会社にいたら結婚も考えてあげたのに』という言葉には思わずドン引きでした。

いろいろやってくれていたことは本当に感謝しているけど、結局金のない俺には価値がないのか、とそのまま別れました。

もっと大事にできれば良かったんだろうけど、こっちも自分のことで精一杯だし、理解してほしかったです」(40歳/デザイナー)

 

★ 相手の男性に何を求めて付き合うのか。「スペック」でその人を判断するような女性は、幸せな交際も結婚も遠くなると心得たい例です。

こちらの女性は、どうも彼氏の起業が成功して「社長夫人」となる自分を夢見ていたフシがあります。

それなら、男性の努力に寄り添い支えてあげるのが正しいやり方。男性の状態をしっかり把握せずに自分の都合ばかり通しても、いずれ愛想を尽かされます。

「結婚も考えてあげたのに」って、どんだけ上から目線なんだ……。

 

 

 

 

ケンカのときは本性が出やすくなりますが、それでも控えたいのは相手のアイデンティティーを傷つけるような言動。

男性のプライドを粉々にするだけでなく、結局は自分自身の価値が低くなります。

こりゃ別れ話もうなずけるわ、というエピソードをご紹介しましたが、自分本位の恋愛は上手くいかないことがよくわかりますよね。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと【40代編集長の婚活記】

アラフォーになっても結婚をしないまま、独身で45歳をむかえたOTONA SALONE編集長アサミの連載婚活記。婚活パーティに参加したのは半年前、1度はデートに至るものの、その…

実録!40代独女が体験した「ひと夏の恋」は意外な場所と人だった?

8月になると、夏休みをとって旅行に行ったり、お盆に地元に帰省したりするアラフォー女性もいると思います。開放的な夏の雰囲気は、つい気を大きくさせるもの。意外な場所で意外な男性と「ひと夏の恋」を楽しんだな…

二度とムリ! 40代独女を「オバサンくさい」と思うドライブデート3選

気になる男性とのドライブデート。自分ではしっかり気合を入れてきたつもりだけど、何だかイマイチ盛り上がらない……。お出かけの機会が増える夏、男性の車で遠出するシチュエーションもあると思いますが、気をつけた…

どうしてこうなった!?40代独女の「男を見る目がなかった」エピソード3つ

「この人だ!」と恋心を自覚しても、実際に親密度が深くなってみるととんでもないヤツだった、なんて経験をしたことはありませんか?男を見る目がなかったと嘆いても、それだって立派に人を好きになった証。失敗はど…

トホホ…40代独女が経験した「こんなはずじゃなかった」お付き合いって?

好きな男性と晴れて結ばれたものの、実際にお付き合いしてみたら想像と違っていた……。こんな経験をした40代独女もいると思いますが、「こんなはずじゃなかったのに」と思うと恋心も萎えてしまいますね。どんな交際に…

理解不能!?真夏の40代独女「ドン引きデート」3つの伝説

愛する男性とのデート。いつだって楽しく過ごしたいと思うのは当然ですが、男性の言動に振り回されてしまうことってないですか?「え、これも『デート』なの?」と思わず疑いたくなるような時間、お付き合いが解消に…

【恋の修羅場】あるある…40代が「恋人の浮気を確信した瞬間」3つ

愛する男性とのお付き合い。順調なことがもちろん一番良いのですが、ときには「もしかして……?」と浮気を疑うような瞬間も訪れます。見ないようにしても目についてしまうのが、恋人のアヤシイ態度。浮気の証拠はある…

【男の本音】その路線、ムリかも…男性が40代独女に感じる「NGな色気」って?

薄着になる夏は、どうしても肌の露出が増えますよね。セクシーさを狙ってやっているそのファッション、本当に男性の視線を集めていますか?見られるといっても、悪目立ちするとマイナスなイメージを持たれてしまいま…

男性に「この人はずっとおひとりさまだろうな」と思われる40代独女って?

「おひとりさま」という言葉が流行って久しいですが、本当に独身を謳歌しているアラフォー女性は、堂々と生きる姿が周りからも支持されています。こんな女性はいつか良い男性が現れていつの間にか結婚、なんてことも…

これが噂の「モテLINE」!男性が喜ぶタイミングや内容って?

気になる男性とのコミュニケーションにLINEを使っているアラフォー女性は多いと思いますが、メッセージを送るタイミングやかける言葉など、どれくらい意識していますか?雑談が好きな女性と違い、男性にとってLINEは…

【男の本音】僕らが40代独女と恋に落ちた瞬間・萎えた瞬間

外出する機会が増える夏は、仕事仲間や友人たちとのお付き合いも活発に。花火大会などイベントがあれば、普段とは違う相手の姿に思わず目がいくこともあるでしょう。素敵な笑顔を見て恋に落ちる瞬間もあれば、見たく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事