猛暑こそハーフアップ! 大人のハーフアレンジ10選

今年の夏は災害レベルの暑さ! ジャマな髪はフルアップで襟足スッキリヘアにしがちですが、強い日差しでフルアップは危険がいっぱい!

というのも、首後ろは日焼け止めをつけにくく、さらに日差しを浴びやすい場所。その結果、他のパーツはUVケアが完璧でも、首後ろだけ日焼け肌に……なんてことも。事実、ショートの私は毎年首後ろの日焼けに悩まされています。もう、半ば諦めてますが。

首筋のジャマな髪は、少し減らすだけでも体感気温がぐっと下がるし、日焼けのリスクも追う必要なし。しかも見た目も涼しげで夏らしいスタイルになります。そこで今回は、アラフォー女性でもイタくないハーフアップを10タイプご紹介。自分に似合うデザインが必ず見つかるはず!

 

1 髪質・毛量を問わないオーソドックスハーフ(難易度★)

耳上の髪を真後ろでまとめたシンプルなハーフアップ。日常使いできて、シンプル服にもぴったりなデザイン。トップにふんわり感と毛先にワンカールつけるだけで、好感度がさらにアップ!

【作り方】

耳から上の髪を真後ろで1つにまとめてゴムで結びます。ゴム部分を押さえながら、トップの髪を軽く引き出してふんわり感を与えて。結んだ毛束から細い毛束を取り出し、ゴムの上にグルグルっと巻きつけて毛先をスモールピンでとめる。仕上げに毛先をアイロンでワンカール。

 

2 ゴムなしですぐに作れる耳かけ風ハーフアップ(難易度★)

左右の顔周りの髪を耳にかけるだけでも、立派なハーフアップに。風通しが良くなるので、ダウンスタイルでもクールダウン。凛とした表情になるので、オフィスヘアとしても大活躍!

【作り方】

左右の髪を耳にかける。耳にかけたすぐ上の毛束を根元〜毛束中間までねじり、耳から少し離した場所にピンどめを。その上から髪をかぶせ、ピンを隠すようにスタイリングすれば完成。普通に耳かけするよりもスッキリ感が出て、さらに手直しする必要もなし!

 

3 女性らしい雰囲気が魅力的な片耳かけハーフ(難易度★)

左右の耳かけは輪郭が気になるけど、顔周りの髪がジャマ。そんな人には片耳だけかけたスタイルをチョイスして。アシンメトリーなシルエットは、女性らしい雰囲気も与え、色っぽい印象に。

【作り方】

前髪を斜めに流したとき、少ない方のサイドを耳かけ。顔周りの毛束を根元から耳にかけられる部分までねじる。毛束を耳にかけ、耳後ろにピンを縦にして下から上に向かってピンをさす。写真のように毛束中間から差し込み、土台の髪と一緒にとめれば、1日中しっかりキープ。

 

4 頭頂部の湿気を解消するサイド結びハーフ(難易度★★)

日差しを受けやすいトップの髪が蒸れると、吹き出物や抜け毛の原因に。汗をかきやすい人は、トップの地肌にすきま風が入り込むアレンジがオススメ。根元が立ち上がるため、若見え効果も!

【作り方】

前髪のすぐ上の髪から結び始める。トップの髪を取り出したら、片側に引き寄せてゴム結び。次に結んだ毛束のすぐ下の左右の毛束を取り出し、ゴムを隠すように毛束をまとめてゴム結び。これを3〜4回繰り返す。毛束の重なりで根元が立ち上がって蒸れを解消。太くて多い髪にオススメ。

 

5 ハネやすい毛先をカバーできるシニヨンハーフ(難易度★)

髪が硬くてハネやすい人の場合、ハーフアップで結んだ毛先がハネたり、予期せぬ方向になることも。シニヨンハーフなら毛先のハネを気にする心配なし。しかも見た目もエレガント。

【作り方】

耳から上の毛束を真後ろで1つにまとめる。まとめた毛束を普通に結ぶときと同じようにゴムを数回通し、最後は毛先をゴムに通さない。毛先を真上にすると、写真のようなゴムおだんごに。おだんご部分は指で毛束を広げ、形を整えるのがポイント。ゴム上にヘアアクセをつければ完成。

 

6 若見え効果も狙える、くるりんぱハーフ(難易度★★)

アレンジ好きの間では一般的になったくるりんぱ。簡単にプロっぽいニュアンスが出せる一方、髪がボサつきやすいので要注意。サイドをねじってから仕上げることで、引き上げ効果もバッチリ。

【作り方】

左右の顔周りの毛束は、真上に引き上げながら根元からしっかりねじる。ねじった左右の毛束を真後ろでゴム結びに。結び終えたらゴム上のすきまに毛束を下から通してくるりんぱ。ねじった部分はくるりんぱすることでツイストしたようなデザインに。左右の毛束は多く取らないのがコツ。

 

7 ペタンコトップを解消。2段くるりんぱハーフ(難易度★)

トップの毛束を引き出しても、すぐにペタンコになりがち。そんな髪質にオススメのハーフアップ。くるりんぱだけで作れるので、時間のない朝にもササっと作れる優秀スタイルです。

【作り方】

まずは左右のハチ部分の毛束を真後ろで1つ結びにして、ゴム上のすきまに毛束を通してくるりんぱ。次に左右の顔周りの毛束を真後ろにで結んでくるりんぱ。ゴム結びが2段になるため、浮き上がりを防ぐためにもシリコンゴムを使うのがベスト。見た目の良さも上がる。

 

8 ドライ髪にツヤを出すクロスハーフアップ(難易度★★)

くるりんぱすると毎回ボサついて失敗しがち。そんな人は、髪が乾燥している証拠。クロス編みを加えたハーフアップなら、髪にツヤが出せて、くるりんぱのようなニュアンスも出せます!

【作り方】

左右のハチ部分の毛束を残しトップ中央の髪を真後ろでゴム結びに。結ぶ位置は耳の高さよりやや下に。次に左右の毛束を二等分して、根元から毛先までクロス編み。編み終えたらゴムの上に巻きつけ、毛先をピンで固定。反対側も同じように。最後にトップの毛束をゆっくり引き上げて。

 

9 毛束にゆとりを与えた編み込みハーフ(難易度★★★)

編み込みはキツく編むとお堅い印象ですが、編み目をたるませるだけで、優しい印象に早変わり。編み込みが得意な人は、夏ヘアのレパートリーに取り入れて。1日中崩れないのもイイ!

【作り方】

トップ中央から編み込みスタート。耳下まで編み込みんだら、片手であまった毛束を押さえる。この状態で、反対側の手を使い、編み目部分を指で軽く引き出してたるみをつける。ゆっくり外側の毛束だけを引き出すのがポイント。全部の編み目を引き出したら、あまった毛束をゴム結びに。

 

10 片寄せまとめ髪風ハーフアップ(難易度★★)

一見すると1本結びを片側に寄せたようなスタイル。しかし襟足の髪はサイドに寄せただけ。日差しが強いと感じたら首後ろを隠すことも可能。ちょっとしたパーティにも使える優秀ヘアです。

【作り方】

トップの髪を中央でゴム結び。これを土台に、左右の毛束を後ろに引き寄せてゴム結び。このとき、少しずつ片側に寄せて結ぶのがポイント。これを耳下まで繰り返し、結んだ髪を1つにまとめて太いゴムでまとめる。残った襟足の毛束は片側に寄せ、仕上げに上からバレッタを。

 

似たようなハーフアップですが、あらゆる髪質や毛量に必ず対応できるデザインをセレクト。まだまだ暑い日が続きます。自分にぴったりのハーフアップを見つけて、快適な夏を過ごしましょう!

 

 

撮影協力:EMBELLIR/鈴木富美子さん

EMBELLIR代表。都内有名サロンを経験後、高橋亜季氏とサロンオープン。和装やウェディングなどのハイレベルなヘアアレンジを得意としており、数多くの女性誌などで作品を披露。サロンでは自身がプロデュースする水牛角のヘアアクセ・FUCAも販売中。

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

これからの季節。髪の悩みで一番に挙げられるのが「髪の乾燥」。若々しい髪に欠かせないツヤを失ってしまっては、オバ髪まっしぐら!油分多めの太髪・剛毛な私でも、40歳を過ぎたら髪の乾燥に悩まされることに。すぐ…

パーマをかけずにふんわり髪に見せるヘアデザインスタイル7選

40歳を過ぎると、髪のコシが突然なくなって、ペチャンコヘアに悩まされていませんか?46年間剛毛・太毛・そして硬い毛の私でも、最近では髪の分け目がかなりはっきりしてきました。なので、本来ならパーマをかけてふ…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その理由は、手入れが楽なのはもちろん、額のシ…

【結べないボブ】も「ちょいアレンジ」で5歳若見え!4つの正解

寝ぐせがつきにくく、手入れが簡単な肩上カットのボブスタイル。でも、オバさんボブなんて陰口叩かれてるかも……?その原因は、ズバリ手抜きスタイリング。「ボブは寝ぐせがついてなければ整ってる」なんて思ってたら…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタイルですよね。でも、ボブって意外と服装が…

オバ髪はスタイリングで回避できる! 2つの「若見え仕上げ」で美人髪に

40歳を過ぎると、突如訪れる髪の老化現象。パサつき髪やうねりを防ぐために入念なヘアケアを行ったり、マメに美容室に通ってメンテナンスをする。それでも、どういうわけかババ臭い髪型。そんな人は、いま一度スタイ…

100均ヘアゴムでもイタくない! プチプラアクセで簡単なオトナのヘアアレンジ

シンプルなアレンジのとき、たまにはヘアアクセを使って変化をつけたくなること、ありません? とはいえ、高価なヘアアクセは出番があまりないから、購入するのはちょっと気が引けちゃいますよね。となると、やっぱ…

そのアメピンが「オバ髪」の原因!? ピン少なめでできるオバ髪脱却アレンジ

髪の長さが中途半端だったり、レイヤーが多く入ってると、まとめた髪から予想外の後れ毛が。そんなとき、ついついアメピンに頼ってしまいますよね。でも、このアメピン。使い方次第ではオバ髪になってしまってること…

浴衣美人の秘訣はまとめ髪にアリ! 大人のセルフ浴衣アレンジ

最近では若い子の間では浴衣を着る文化が浸透しつつありますが、大人はまだまだ消極的。確かに着付けは面倒ですし、動きにくい。そもそも浴衣なんて持ってないって人もいるでしょう。でも皆さん。大人の女性ならでは…

初心者でも失敗しない! 自分で前髪ちょいカットの注意点

あなたが美容室に通うのはどれくらいの頻度ですか?40代女性の場合、実は半年に1回が最も多いと言われています。次に多いのが3ヶ月に1回。多忙である上に、子育て中のママになると出費が重なり、美容室に通うお金…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事