岩井志麻子 美貌か金か?「年下男を攻略」するには 

四十路女達の夢をかきたてた……ではないな。ぶっつぶした、だな。

立て続けに、ものすごく年下の夫を殺した四十代の女達が現れた。

 

「年下の夫」を持つ40女の恐しい事件

先に出てきた女Mは、一回り近く下の夫を自宅でコンクリ詰めにしていた。

後に出てきた女Fは、もっと強烈。

息子の同級生だった! 二十歳下の夫を、十六歳下の愛人と共謀して殺していた。愛人も、夫や息子と面識ありだったという。

この二人に金や不動産がある、もしくは美魔女、あるいは周りの評判が「可愛くて人気者」「頭もいいし仕事もできて優しい」というようなものが多ければ、若い男の目当てもわかるし、惚れる理由も納得できる。

 

年下男には若作り? 女磨き? お金?

世の四十路女達も犯罪はさておき、私も一回り下の男が来ないかしら~。

そのためには若作りかしら。ううん、大人の女磨きよ。お金だって魅力のうちよ……とと悩ましいため息もつけ、妄想や夢やシュミレーションも盛んになったりする。

が、現実にはどちらも借金まみれの上、Mはふかしたマンジュウみたいだし、Fはキュウリの漬物みたい。

マンジュウとキュウリの差だけで、二人はダメ加減と凶悪さもそっくり。周りの評判も、ともに乱暴だの嘘つきだのだらしないだの、ぼろくそ。

 

「18歳年下」の夫を持つ私が思うこと

そういう私も、今の夫は十八歳年下の韓国人なんだけど。

私の場合、世間は私を小金持ちだから……という目で見ている。まぁ、否定はできないし、しない。

私も美魔女とも思われてないし、非の打ちどころなしともいわれない。

そんな私からいわせてもらうと、年下男ゲットは困難ではない。若い男だからこそ、チョロいという面もあるのだ。

 

年下男ゲットは困難じゃない

とにかく彼らは、ヤリたい盛り。

やるまでの面倒くさい駆け引きだの、恋愛の醍醐味といっていい喜怒哀楽の出したりひっこめたりも、省略しがち。

そんなに社会で揉まれてなきゃ、相手の女の容姿も性格もそんな吟味を重ねず、ヤレるとなるとヤッちまうところがあるからね。こちらも、若い男なら最後の目的に持ち込むまでの手練手管があんまり要らない。

難しそう、と思ってるだけよ。だから難しくなるの。

犯罪は論外として、ストーカーや強要にならないよう自制しつつ、若い男にもっといっていいのよ、四十路さん達。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

岩井志麻子 女50代、「私の更年期」について考えてみる

四十になる前にガツンと重いのが来た人もいれば、軽めのが閉経したときの五十くらいで来たかな、とか。閉経間際の四十代後半でかなり長引いて苦しかった、などなど。更年期とは、年齢も症状も本当に人それぞれのよう…

岩井志麻子 「セックスでキレイになる」は、本当なのか?

あるオシャレなファッション誌が、定期的に「セックスでキレイになる」なんて特集を始めるようになってから、セックスがもはや美容法や健康法を超え、何やら民間信仰にまでなってしまったようだ。裸になる、性的サー…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、事件の話。お金だけある下品な家だから育ち…

岩井志麻子 40代以降の「晩婚でよいこと、そうでないこと」

私は最初の結婚が23歳、再婚が41歳のときだった。つまり、早婚と晩婚を経験していることになる。うーん、だからといってそれぞれのメリットとデメリットを、普遍的に絶対的に相対的にきちんと語れるものではない。だ…

岩井志麻子 「結婚できるブス」と「結婚できない美人」について

ダイエット本と英語学習本の決定版は、いまだに出ていない。だって、決定版というか絶対的解答や解決法が出ちゃったら、それで終わりだから。そしてダイエットや英会話に関わる仕事をしている人達が、大量に失業して…

岩井志麻子 下品に思われる「言葉遣い」のお作法について

下品なエロ話ばっかりしているオバサンと、世間では思われている私。それはまったくもってその通りなんだけど。常に下品なエロオバサン、ではない私を全然知らない人の中に入れば、とことん普通の言葉遣いで世間話を…

岩井志麻子 40代「オバサンと呼ばれたくない」女性がいて

オバサンと呼ばれたくない。と、真剣にいう一回りほど下の女性がいて、きょとんとしてしまった。誰も呼んでないじゃん。そりゃ世間一般的にはギャルじゃないけど、おしゃれだしきれいだし。私も彼女が年下というのも…

岩井志麻子「そろそろ閉経…」と思い始める40代女性に伝えたいこと

私自身が五十代も半ばとなり、閉経もした。少なくとも自然の状態、つまり医療行為をしない状態であれば絶対、妊娠はしない。当然、出産もない。50代になって思うこと子どもがいない五十代の女達は、「自分は生涯、子…

岩井志麻子 私も#me too だったのか? キャリア女性とセクハラ問題

痴漢された女性に、あなたが派手な格好してたからでしょ、とか。性被害に遭った女性に、二人きりになるなんてあなたにもその気があったんじゃないの、とか。さすがにそんな典型的なセカンドレイプみたいなことをいっ…

岩井志麻子 雑誌ではわからない【男の本音】というもの

直接会ってのインタビューではなく、簡単に電話でコメントをってのがときどきある。その中で、「あっ、また来たな」と苦笑させられる男性記者が何人かいる。私が「女の本音」をぶっちゃけたら「女の本音を教えてほし…

注目の記事

LOVEに関する最新記事