岩井志麻子 美貌か金か?「年下男を攻略」するには 

四十路女達の夢をかきたてた……ではないな。ぶっつぶした、だな。

立て続けに、ものすごく年下の夫を殺した四十代の女達が現れた。

 

「年下の夫」を持つ40女の恐しい事件

先に出てきた女Mは、一回り近く下の夫を自宅でコンクリ詰めにしていた。

後に出てきた女Fは、もっと強烈。

息子の同級生だった! 二十歳下の夫を、十六歳下の愛人と共謀して殺していた。愛人も、夫や息子と面識ありだったという。

この二人に金や不動産がある、もしくは美魔女、あるいは周りの評判が「可愛くて人気者」「頭もいいし仕事もできて優しい」というようなものが多ければ、若い男の目当てもわかるし、惚れる理由も納得できる。

 

年下男には若作り? 女磨き? お金?

世の四十路女達も犯罪はさておき、私も一回り下の男が来ないかしら~。

そのためには若作りかしら。ううん、大人の女磨きよ。お金だって魅力のうちよ……とと悩ましいため息もつけ、妄想や夢やシュミレーションも盛んになったりする。

が、現実にはどちらも借金まみれの上、Mはふかしたマンジュウみたいだし、Fはキュウリの漬物みたい。

マンジュウとキュウリの差だけで、二人はダメ加減と凶悪さもそっくり。周りの評判も、ともに乱暴だの嘘つきだのだらしないだの、ぼろくそ。

 

「18歳年下」の夫を持つ私が思うこと

そういう私も、今の夫は十八歳年下の韓国人なんだけど。

私の場合、世間は私を小金持ちだから……という目で見ている。まぁ、否定はできないし、しない。

私も美魔女とも思われてないし、非の打ちどころなしともいわれない。

そんな私からいわせてもらうと、年下男ゲットは困難ではない。若い男だからこそ、チョロいという面もあるのだ。

 

年下男ゲットは困難じゃない

とにかく彼らは、ヤリたい盛り。

やるまでの面倒くさい駆け引きだの、恋愛の醍醐味といっていい喜怒哀楽の出したりひっこめたりも、省略しがち。

そんなに社会で揉まれてなきゃ、相手の女の容姿も性格もそんな吟味を重ねず、ヤレるとなるとヤッちまうところがあるからね。こちらも、若い男なら最後の目的に持ち込むまでの手練手管があんまり要らない。

難しそう、と思ってるだけよ。だから難しくなるの。

犯罪は論外として、ストーカーや強要にならないよう自制しつつ、若い男にもっといっていいのよ、四十路さん達。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク