安っぽいオバサン…!? ゴージャス狙いで「むしろ貧相になる」40代のNGメイクテク3つ

デートやちょっとしたイベントごとがある日のメイクでは、普段よりも“ちょっとゴージャス”な仕上がりを狙いたくなるものです。

ところが、そんなシチュエーションでこそ、40代が陥りがちなワナも!

自分では華やかなメイクに仕上げたつもりでも、周りから見て「貧相」な仕上がりになってしまっているメイクもあるのです。

「もしかして私のメイクも、貧相に見えてるかも!?」と一抹の不安がよぎった40 代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、ゴージャス仕上げのつもりが、かえって40代の顔を貧相に見せるデンジャラスなメイクテクのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

ゴージャス狙いでむしろ貧相1:優しさを出そうとしてカーブが不自然なノッペリ眉

 

40代のメイクでも数年前より少しだけ“太め”に仕上げる手法は、まだまだデイリーメイクのリアルトレンドではあるものの、そろそろ今までよりも“ほんの少し”細めに仕上げた眉の人気が高まっています。

さらに今年は、これまでストレートだった眉のデザインから徐々にカーブを取り入れたデザインへとシフトしつつあるトレンドもあるので、今までよりカーブを入れて“優しさ”を出しつつ、華やかな印象を狙っている40代女性も増えている頃合いです。

柔らかいカーブのある眉は若見え効果が狙えるだけでなく、顔を華やかに見せてくれるパーツでもありますから、ナチュラルを活かしつつも少しだけゴージャスなメイクを狙いたい日には重宝するデザインなのは間違いありません。

ところが、そんな“ちょいゴージャス”を狙った眉でも、濃淡や凹凸に欠けてしまえば、途端に“ノッペリ”とした印象になり、かえって貧相な印象を強めてしまうことがあるのです。

不自然なカーブが入っているノペっとした眉は垢抜けない印象を強め、どんなに高価なコスメを使ったメイクだとしても貧相なイメージを醸し出しやすく、失敗に至りやすい典型でもあります。

華やかな眉に仕上げるためには、カーブをつける際に、自眉のデザインを活かしつつ自然な弧を描くのが鉄則。さらには、パウダーや眉マスカラを使って濃淡を出し立体感を演出して。

 

ゴージャス狙いでむしろ貧相2:アイホールだけが強調されたアイメイク

ゴージャスなイメージでメイクをしたい日には、普段よりも濃いめな発色のアイシャドウを手に取りたくもなります。

普段は控えめなブラウンメイクをしている女性なら、同じブラウンでも発色の強いものや光沢のあるアイシャドウに変えるだけでも、華やかな雰囲気になるのは確かです。

しかし普段どおりに仕上げたマスカラやアイラインのまま、アイシャドウの発色だけを強めてしまうと、アイホールの印象だけが悪目立ちし、かえって貧相な表情に見えるデメリットも。

ダークな色みだと目のまわりだけがパンダよろしく強調されたり、淡い色みでも遠目には日焼けの色ムラのように見えたりしがちです。

デイリーにナチュラルメイクを心がけている40代ほど陥りがちなワナだけに、アイシャドウを濃くする際には、まつ毛メイクやアイライナーとのバランスも考慮するのをお忘れなく。

 

ゴージャス狙いでむしろ貧相3:パーティ感を出したくて塗ったラメが目立つチークやハイライト

 

イベントごとに備えて華やかなメイクをしたくなると、普段はなかなか使わないようなラメ感のあるアイテムにも惹かれます。

光に反射してキラキラと光るコスメ類は、上手に使えばジュエリーのような華やかさを演出できるのも事実。

ところが、40代のメイクでこういったアイテムを闇雲に使ってしまうと、ラメが悪目立ちしたせいで、かえって“安っぽさ”を醸し出すことも多々あります。

不自然な輝きやツヤ感を超えてテカテカとした光を放つチークやハイライトは「オバサンが無理して若作りしてきてる!」なんて不名誉な印象を与えやすく、華やかな顔を目指したつもりが貧相なイメージを加速させる要因にもなりやすいのです。

大人世代がラメ感のあるアイテムを用いるなら、細かい粒子を使った上品な輝きを放つアイテム選びがマストと言えます。

迷ってしまったら、とにかく「粒子が細かいラメ入り」を優先して使ってみて。

 

ちょっとだけ気合いを入れて、いつもより“少しだけ華やか”を意識したつもりが、むしろ貧相なイメージを与えるメイクになっていたら「かなりショック」です。

トレンドになっているコスメでも、40代が使うと安っぽい印象を与えがちなものもあるだけに、デイリーメイクに“ちょい足し”するコスメは厳しい目で選ぶのが正解です。

お心当たりがあった方はぜひ、この機会にメイク手法をアップデートなさってみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

後輩にも悪影響…?「いかにもオバサン」のレッテルを貼られる40代女性のデスク姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、…

余計なお世話かもしれないけど…! 僕らが知る「結婚できない40女」のダメ生活スタイル3選

婚活を公言していて、それなりに出会いや恋愛にご縁があっても“結婚”には至らないのも、40代婚活では決して珍しい展開ではありません。この場合、「結婚できない」のではなく、自らの意思で「結婚しない」を選択して…

ガサツすぎるでしょ…男が心底引いた「バレンタインデー」の贈り物3選

日本におけるバレンタインデーは、すっかり女性が男性にチョコレートを贈る日として定着しています。ところが、女性は愛を贈るつもりのプレゼントを満足げに渡しても、ちょっとしたことにより、男性が「いくらなんで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事