焼き鳥デートによし、コスパよし!行列店から独立の新店、五反田「とり口」

カジュアルなものから高級系まで、焼鳥のお店っていろいろありますよね。そもそも私、個人的には焼鳥って、日本が誇るべき食文化のひとつだと思っています。庶民系からおハイソ系まで、TPOに合わせて選べるのも優秀です。

今回は、デートにもカジュアルな接待にも、もちろん女子会にも使える、ニューカマー(2018年オープン!)の焼鳥店をご紹介します。

 

五反田の裏通りのスタイリッシュな一軒


中目黒の「鳥よし」をご存じですか。1994年のオープン後、そのおいしさから瞬く間に人気となった焼鳥店です。予約は受け付けていないため、行列が絶えませんが、逆に考えればがんばって並べば食べられるということです。

 

いや、今回紹介したいのは、「鳥よし」ではないんです。その「鳥よし」出身の焼き手が店長を務める五反田の「とり口」です。おっさんの街というイメージが根強い(笑)五反田ですが、ここ数年、女性同士でも足を運びたくなるような、しゃれおつな店も増えてきています。五反田、いまおもしろいですよ。

 

「とり口」は駅前の喧騒を離れた裏通りに位置しています。通り過がりで入る人は少なそうな立地ですが、2018年3月にオープンしたばかりにもかかわらず、すでに多くのリピーターを獲得している同店のコンセプトは「焼鳥+(プラス)」。食事のメニューは、鳥尽くしの「おまかせコース」(5,800円、税別)のみ。潔し!

 

「おまかせコース」1本で勝負


そのコースですが、鳥取県産大山地鶏と、滋賀県産淡海地鶏を使用し、店長が長年の研究の中でたどり着いたこだわりの炭「土佐備長炭」で焼き上げた自慢の焼鳥10本と、約10品の一品料理といった構成。なかなかのボリュームです。お腹いっぱいになります。ただ、おいしく、楽しいのでぺろり。


鳥を使った一品料理は、仕入れによって内容は変わりますが、「シャツを着た卵とからすみ」や「鳥粥」、「鳥といりこのにゅう」など、ほかではなかなか出会えないものが多く、一品一品がちょっとしたサプライズ。デートはもちろん、女子会も盛り上がりそうです。

 

スタイリッシュな内装はデート利用にも

ワイン、日本酒など、お酒の品ぞろえも豊富なので、つい飲み過ぎてしまいそうですが、それもありかと。和三盆を使った「リッチレモンサワー」、「山椒ジントニック」など、女性がぐっとくるようなサワー&カクテルメニューもありますよ。

王道の焼鳥ももちろん美味。もも、かしわ、つくね、ハツなど、王道のラインナップとなりますが、こちらも仕入れによって内容は変わります。

コースを締めくくるのは、旬のフルーツを贅沢に使用したかき氷。フレーバーは季節に合わせて、毎月変わるそうですよ。


この内容でこの値段はなかなかのパフォーマンスだと思います! カウンター中心の店内もスタイリッシュかつ心地よいプライベートな空間で、デート利用にもおすすめ。一品ずつ運ばれてくる楽しげな料理が、場を盛り上げてくれるので、まだそれほど気心が知れていないお相手を誘っても助けてくれそう(笑)。4人ほど入ることができる半個室もあるのでちょっとした接待に利用するのもあり、かと。もちろん、しっぽり女性同士で鳥三昧もいいですね!

 

とり口
住 所:東京都品川区西五反田 2-28-10
営業時間:17:00~23:00(最終入店21:30)
定休日:日曜・祝日
料金:おまかせコース 5,800円(税別)
TEL: 03-6421-7254
http://www.toriguchi.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク