前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。

顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろん小顔に見せるのも前髪の役割がとっても大きい。

そして、今までの人生を振り返っても前髪セットにかける時間は相当なもの。高校生の頃は自転車通学ですぐに髪型が崩れるにも関わらず、毎朝、工藤静香ばりに前髪を立ち上げることに必死でした(笑)。

前髪がキレイに決まるかどうかで、その日の気分も変わるくらい重要なパーツということは40代になっても変わらないのではないでしょうか。

生えグセもあるし、年々生え際がさみしくなってくるし、決まった!と思っても昼過ぎになれば崩れてきたり…と悩みがつきません。

でも、1分1秒無駄にしたくない朝、髪のセットに手こずるのもイヤですよね。

そこでオススメしたいのが、前髪パーマです。

前置きが長くなりましたが、今回は手軽にできて効果絶大のポイントパーマについてご紹介します。

 

約30分で朝の支度が劇的にラクになる

 

パーマというと時間がかかる、髪が傷みそう、薬剤のニオイが苦手、スタイリングが難しそうとネガティブなイメージばかり。

髪が傷みそう、ニオイがするというのはカラーも同じなのに、なぜかパーマは敬遠されがちです。

確かに時間はかかりますが、それは髪全体を巻いたときの場合。前髪だけなら、髪質にもよりますが30分程度で終了。

ロッドも3本くらい(前髪の量やかけかたにもよりますが)だから、あっという間です。

例えばこんな感じで巻きます。

 

アイロンでは火傷が怖くて根元から巻ず毛先だけクリンとするし、マジックカーラーではヘンに丸まってしまう。ロールブラシは扱いが難しそうだし、前髪のスタイリングって難易度が高い!!

パーマならプロが髪質や生えグセを見極めて、希望のスタイルをつくりやすいようにしてくれるから、乾かすだけでOK! 根元を立ち上げたり、抑えたりもできるのでボリュームのコントロールもしやすいのがいいところ。

もちろん乾かすだけといってもちょっとしたコツがあるので、そこはサロンで教わって帰りましょう。これを忘れると「スタイリングが難しい」「やっぱり家で再現できない」となってしまうのです。

 

次からは悩み別のスタイルを紹介していきます。

 

直毛さんを丸みのある立体前髪に

 

ストンと落ちる直毛さん。パツンと切りそろえたような前髪は、若づくりっぽく見えてしまいます。また、ペタンとおでこにはりついたようになり、地味な印象を与えることも。

ふんわり見せようとマジックカーラーで巻いたとしても、クセがつきにくくとれやすいので手こずります。また、アイロンで巻くと毛先だけがクリンと丸まり、若づくりになりがちです。

前髪パーマなら自然な丸みができ、髪もやわらかい印象に。

根元を引き上げて巻くので、前髪全体がふんわりとして見える。

横から見ても立体感のある前髪に。やり過ぎ感がなく、とっても自然です。ロールブラシで丸みをつけたような仕上がりが自宅で再現できます。

●担当/高沢和樹さん

 

生えグセありを流しやすいように矯正

 

ぱっくりと割れて流れがうまくつけられず、ブローに時間がかかってしまう手ごわい前髪さん。せっかくキレイにまとまったと思っても、汗や湿気でぱっくりと割れてしまうこともしばしば。

うまく整えられないと老けて見えるよりもどこかだらしない印象になるので、キレイに流したいものです。

流したい方向と反対に前髪を引き出してカット+パーマを施せば、自然な毛流れができ、ふんわり!

根元もつぶれずにおでこの丸みに沿ったナチュラルな仕上がりです。

少しすき間をあけることで、若々しい雰囲気に。

根元からコントロールしているので、生えグセもどこにあるかわからないほど。割れやすい人ほど前髪パーマがおすすめです。

前髪がのびてきても、流しやすいようにカットされているので安心。

●担当/加藤秀章さん

 

生え際との境目が目立つ人はトップからなじませる

ぱっくり割れる前髪とも似ていますが、生え際との境目がはっきりと出てしまう人も多いですよね。特に生え際がさみしくなってきているとより目立ってしまい、老け見えも加速してしまいます。

解決法はパーマだけでなく、カットも大事。前髪だけ独立してカットするのではなく、サイドとなじませるようにすることで分け目が目立たないそう。

生え際が気にならないふんわりショートに。

パーマも前髪だけでなくトップとサイドとなじむようにかけることがポイント。上からかぶさる毛束もでき、丸みのある女性らしいフォルムに。

生え際をなじませる場合はロッドの本数が増えるため、パーマをかける時間は40分ほどみてほしいとのこと。

●担当/和野陽介さん

 

毎日、時間をかけてスタイリングをするのか、定期的にパーマをかけてラクをするのか。時間の使い方はあなた次第ですが、プロの手でビシッと決まる前髪をつくってもらうほうが断然ラクですよね。

薬剤もどんどん進化しているので、髪の傷みを過剰に心配する必要はありません。それに、前髪だけならすぐに伸びてカットしていけるのであまり気にならないはず。

ポイントパーマは前髪だけでなく、ボリューム不足を感じるつむじまわりやハネが気になる毛先だけにもできるので、悩みに合わせて美容師さんに相談してみましょう。

 

前髪パーマなら…

Elilume  from zacc(エリルミー フロム ザック)

40代の髪悩みを熟知し、素材をいかした扱いやすくおしゃれなヘアスタイルを得意としたスタッフがそろいます。

緑豊かな新宿御苑が目の前に広がり、四季折々の景色を楽しみながら施術が受けらる癒しの空間。

前髪ポイントパーマは3000円から。

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

暗髪でもおしゃれに見える!簡単「ひとつ結び」で3変化

白髪をしっかりと染めるとどうしても髪色は暗くなります。また、若づくりになりそうと髪色を落ち着かせる人も増えてくる40代。地味に見えがちな暗髪でひとつ結びにしたらオバさん指数が上がってしまいそうですが、ち…

もう失敗しない!髪色選びは肌タイプより○○が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの手法もさまざまなので、白髪まじりでも色遊…

オバ髪が生まれ変わった人は「タオル」「ドライヤー」「○○」を変えている!6つの正解

春の新色リップが欲しい、春らしいブラウスを買い足したい。メイクやファッションは季節ごとに新しいものを買うけれど、ヘアはどうでしょう。ヘアスタイルを変えることはありますが、年を重ねるとあまり季節は関係な…

銀座・青山・代官山で40代に人気のヘアは?ベストスタイル発表!【後編】

まだまだコートが手放せないけれど、春おしゃれの準備ははじまっています。ファッションやメイクを春仕様にチェンジしたらヘアだって変えたいですよね。自分に似合うことが一番だけれど、ほどよくトレンドも意識した…

銀座・青山・代官山で40代に人気のヘアは?ベストスタイル発表!【前編】

最近、朝起きると鼻がむずむずして「あ、きたな」と、花粉で春の訪れを感じております。ショップにも春ファッションが並び、寒いけれど春トレンドを取り入れたい気分ですよね。そして服に合わせてメイクやヘアも変え…

うねりやパサつきをおさえて「髪を早くきれいに伸ばす」4つの方法は?

40歳を過ぎると髪をバッサリと切る人が増えますよね。美容師さんに話を聞いても、40代後半から一気にショート率が高まるとのこと。うねりやパサつきで扱いにくくなっている髪は切ってしまったほうがラク、と考える人…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むにははやく、おしゃれにも貪欲です。しかし、…

ぺたんこ、うねり……40代の困り髪を救うのは女っぽミディアム

ケアをしていても扱いづらくなってくる髪。うねって広がる髪を落ち着かせたい、髪が細くなりボリュームがなくなってきた、とにかくまとまらない!そんな手に負えない悩みをカバーしつつ、女らしさや華やかさがほしい…

40代のオバ見え原因1位、白髪。うまく「染めずに」カバーするには?

40代の髪悩み№1といったら白髪。黒髪はどんどん元気がなくなっていくのに、白髪は生命力にあふれているかのように太く、目立つのがやっかいです。しかも、頭頂部や顔まわりなど視界に入りやすい場所に生えやすいの…

やっぱり美容室は怖い!? 思い通りのスタイルを手に入れる3つの心得

「美容室でなりたい髪型をうまく説明できない」「どうオーダーしていいのかわからない」「美容師さんと話すのが苦手」「やってみたいヘアスタイルがあるけれど、結局いつも同じになってしまう」40代女性からもよく聞…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事