高価な美容液より効く!? たるみ対策にはコレが必須【特集オトナのたるみケア】

今月のOTONA SALONE執筆陣による特集は「おとなのたるみケア」とのことで、時短美容家として活動をしている私からは、まずは“顔のたるみ”に効果を感じている方法をみなさんにお話します。

 

「顔のたるみ」は気づかぬうちに深刻化!?

 

今さら言うまでもないお話ではありますが、年齢を重ねるにつれ、肌からハリが失われる上に重力によって皮膚が下に引っ張られたような“たるみ”を痛感する女性は増えがちです。

しかもこの“たるみ”、毎日鏡を見ている本人はなかなか気づかぬうちに進行しているという側面もあり、かくいう私も「日々のお手入れで、どのくらい“たるみ”をフォローできているのか」をチェックすべく、いそいそと自分の5年前の写真と比較して見たところ、その劣化に愕然としたことがあります。

そんな背景もあって、加齢とともに注力すべき“たるみケア”は、個人的にも痛感している次第でありますが、美容家という立場上、さまざまなエイジングケアを試しているものの、効果を感じるお手入れもあれば、正直なところ「やってもやらなくても、同じかも……?」と感じるものまで、実にいろいろです。

そんな私が「これは効いた!」を実感しているお手入れは、ただひとつと言っても過言ではありません。

 

「頭皮ケア」が“たるみフォロー”に欠かせなくなっています

 

「これは続ける価値あり」と感じたお手入れの最たるものとは「頭皮ケア」。

頭皮と顔の皮膚はつながっていることから、医学的なお話はさておき「頭皮をお手入れすると、たるみのケアにつながる」というのは、美容の世界ではよく言われているお話です。

 

そして実際私も、頭皮マッサージマシンを愛用中。市場にはいくつもアイテムがありますが、私が使っているのは『リファグレイス ヘッドスパ』。デイリーのお手入れを任せています。

 

このマッサージマシンのポイントは、充電式の防水タイプなので、お風呂あがりだけでなくお風呂の中でも使用OKな点。頭の下部から頭頂部に皮膚を引き上げるようにゆっくり移動させながらマッサージをしていくので、まさに、たるんだ肌を上に引き上げるかのように、エイジングケアにダイレクトにアプローチできる手順。ヘッドスパをした後には、明らかに頭皮が柔らかくなり、顔のコリも改善しているのを実感しています。

 

私の場合は、所定の時間をヘッドケアに費やせないときには、ほんの数分でも使うようにしていて、とにかく“毎日続ける”を第一の目標に掲げつつ、“たるみ”へのアプローチを意識。

 

1日3分だったとしても、1週間にすれば21分間頭皮ケアができていることになるので「やらないよりは、少しでもやるほうがいい」をモットーに、どんなに時間がない日でもデイリーケアとして取り入れています。

 

そして、気になる成果はと言えば「習慣にしていなかったときよりも、習慣化したあとのほうが、“たるみ”が気にならなくなった」のは「間違いない」と言い切れます。

 

加齢とともに、おでこやほうれい線まわりの“たるみ”が気になっていたのですが、デイリーに頭皮ケアをするようになってからは、明らかに“おでこ”の見た目が改善したような気がします。

 

さらに私は、同ブランドの『リファカッサレイ』もデイリー美容に取り入れていて、主に顎まわりやほうれい線まわりを集中的にケアしています。原稿を執筆する合間や、ネットサーフィンをしているときにも“かっさ”は手に取りやすく、便利。

写真左から・リファグレイスヘッドスパ 32,184円、リファカッサレイ 25,704円/MTG ともに税込み価格、筆者私物

 

この“W使い”が功を奏したのか、このところ「顎まわりがシャープになった」を実感中です。

 

顔のたるみが改善するだけで「痩せた?」と言われる機会も増え、本当は体重が増えているにもかかわらず、気分は上々です。

 

どんなに効果を実感できた美容液でも、使い続けるうちに“お肌の慣れ”を感じてしまう私としては、こんな風に、なにはさておき“頭皮ケア”の重要性を再認識している次第です。

 

私自身、40代の肌は、手をかければまだまだ応えてくれる可能性を秘めていると考えています。年齢よる劣化を感じたら、まずは普段おろそかにしていた方ほど、真剣に“頭皮のケア”に着手なさることを自信をもっておすすめします。

 

(※筆者注:文中の効果はあくまでも個人的な感想です。画像は筆者の私物です)

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事