両思いと思い込んで…40代独女がやらかした「イタい恋愛アプローチ」3つ

好きな男性がいると、自分の存在をアピールしたくなる40代独女も多いでしょう。

もちろん片思いを進めるためにはアプローチが大切ですが、それも程度が肝心。やりすぎたり方向を間違えたりすると、うまくいっていると思っていたつもりが実は引かれていたなんてことも。

失敗しないアプローチは、相手の気持ちを確認することを忘れずにいたいですね。

実際にどんなやり方でつまずいてしまったのか、エピソードをご紹介します!

 

草食系男子じゃなかったの!?

 

「同じ部署で気になっていた年下の男の子。

女性関係の話をまったく耳にしないし、飲み会でもいつも端っこで全然目立たないし、草食系なんだろうなと勝手に思い込んでいました。

なので、こちらから積極的に話しかけたりランチに誘ったり、彼の趣味なんか探って親しくなろうと頑張っていました。

特に嫌がられている様子もないし、LINEのIDを交換して帰宅後もあれこれやり取りして。うまくいっていると思っていました。

一人暮らしと聞いていたある日、彼の分もお弁当を作って会社に持っていき、渡そうとしたら拒否。

『遠慮しないで』と言ったら、

『こういうのは困ります。社内恋愛はしない方向なので』

とはっきり言われてびっくりしました。

お昼にそれを同僚にグチったら、『あの人、年下の女性が好みって去年の飲み会のとき言ってたじゃない。知らなかったの?』と呆れ顔で返され、余計にショック……。

だからLINEの返信は遅いしあっちから誘われることもなかったのか。

草食系だからと一方的すぎた自分が恥ずかしくなりました……」(38歳/事務)

 

★ 年下男子にアプローチする際に起こりがちなのが、「断られないからOKと思ってしまうこと」。

特に草食系男子なんだと勝手に決めつけてしまうと、受け止めてもらえるのが好意だと思ってしまいます。

ですが、それでもダメなときはダメ。きちんとお断りすることは、誠意の現れともいえますね。

一方通行なアピールは、ときにこんな「悲劇」を呼びます。

 

「ツンデレ」のつもりがただの「イタいオバサン」に

 

「昔から、好きな人の前ではツンデレになってしまう私。

それでも好きな気持ちは伝わるもの、と思っていて、なんとかお付き合いまで発展したこともあります。

うまくいかなかったのはつい先日まで好きだった人のとき。

趣味のサークルで知り合って、仲良くなれたのはいいけどやっぱり素直に好意を見せることができなくて……。

せっかく休日にドライブに誘ってもらえたのに『ヒマなの?』とからかってしまったり、食事に行っても『オトコってスイーツとか可愛いものを食べる女性にダマされるよね~』と楽しくない話題を持ち出したり、困らせただろうなと思います。

でも、彼も笑ってくれていたから、大丈夫だと思いこんでいました。

彼の誕生日、思い切って高価なネクタイを用意していたんだけど、つい『仕方ないからあげる~』なんてごまかして、彼からは

『おめでとうもナシか。仕方なしなら別にいいよ』

と断られてしまいました。

それから気まずくなって疎遠になったけど、後で友人に話したら『それってどこにデレがあるの?』と言われて大反省でした。

これじゃただのイタいオバサンですよね……」(36歳/営業)

 

★ ツンデレって、気をつけていてもつい出てしまうものですよね。

ですが、アラフォーにもなってツンばかりな対応では、さすがに男性もうんざりします。

好意は伝わるもの、と決めてしまうのは危険です。

デレれば良いわけでもないですが、男性が不安にならないようなストレートな好意の伝え方も考えましょう。

作戦勝ちに持ち込むつもりが、ただのお客さんに?…次ページ

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

本気になって大後悔!40代独女が懲りた「思わせぶりな男性の態度」3つ

気になる男性と親しくなり、なんだかいい手応えと思っていたのに……告白したら「ごめんなさい」。男性の思わせぶりな態度を真に受けて玉砕するなんて、悲しいですよね。見抜けなかったのは私がいけないのか相手のほう…

こじらせすぎ!40代独女が一回で嫌になった「バツイチ男性とのデート」

40代になると、バツイチ男性との出会いも増えるのではないでしょうか。離婚を経験している男性は、傷ついたぶん女性に優しい場合もありますが、逆に痛みを引きずったまま変に心をこじらせていることもあります。そん…

「そんな女性だったとは!」男性ががっかりした40代独女の「告白後の態度」

好きな人に思いを告げる瞬間は、いつだって一世一代の覚悟と思って真剣にのぞみますよね。その結果フラれてしまっても、精一杯頑張った恋なら後悔もありません。ですが、告白したあとで40代独女の態度が変わり、「こ…

どうしてそうなった!?40代独女が頭を抱えた「男性からの”ありえない”プレゼント」

男性からのプレゼントは、感謝もするし何を選んでくれたのかドキドキしますよね。が、中には「これ!?」とびっくりするものを贈られた40代独女もいます。男性の気持ちはうれしいけれど、正直にいうと持て余すし今後…

「えっ嘘でしょ!?」40代独女が呆然とした【恋愛経験値の低い男性】とのデート

男性の中には、「彼女のいない歴=年齢」であったり片想いがかなったことがなかったり、恋愛経験値の低い人もいます。本人もコンプレックスに感じていることが多いですが、それは決して悪いことではありません。好き…

居酒屋デートであぜん!40代独女がびっくりした「ケチな男の振る舞い」って?

夜のデートで足を向けることも多い居酒屋。お酒の入る席では、リラックスできる反面その人の意外な”本性”が垣間見えてがっかり、なんてこともあります。シラフのときには気づかなかった「ケチな男」の振る舞いには、…

「もう電話したくない!」男性がガッカリした40代独女からの【ありえない電話】

LINEにメール、ネットサーフィンやSNSなど、日常のいろんなところで使うスマートフォン。もちろん誰かとの電話でも必ず手にすると思いますが、気になる男性との通話、楽しんでいますか?顔が見えない電話は、自分で…

「絶対彼女にしたくない」と男性がカフェでドン引き!40代独女の特徴って?

酷暑が続き、普段よりカフェや喫茶店を利用するという40代独女も多いのではないでしょうか。誰でも気軽に立ち寄れるカフェは、涼しいしリラックスして過ごせるのが良いですよね。が、気が緩みすぎると思わぬ”醜態”を…

【ああ、勘違い】てっきり君もその気かと。男性が40代独女に振られた原因とは?

好きになった人とは結ばれたいと、恋をするなら誰だって思いますよね。でも、現実はそう甘くなくて、縮まらない距離に苛立ちと焦りが募るばかり。ある男性は、うまくいかない関係に躍起になり、相手の気持ちを無視し…

好きになったのは「同僚の彼」。40代独女が出した答えとは

好きになった人は、同僚の彼氏だった。かなう見込みの薄い恋でも、男性に向ける好意をなかなか捨てられない。こんなせつない恋は、どうしてもつらい思いばかりが募ってポジティブな感情が消えてしまいます。でも、諦…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事