セクシー狙いのつもりがオバさん…!? 男が幻滅した40代女性の「お風呂上がり」ダメ姿3例

 

意中の男性とのお泊まりデートでは、ちょっとした振る舞いのせいで、幻滅を招くのだけは避けたい40代女性も多いはず。

あまりに気合いを入れすぎて空回りしてしまうのも残念ながら、普段どおりの姿を晒しすぎてしまって唖然とさせてしまうのも、もったいない展開です。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちがギョッとしたという40代女性の“お風呂上がりの姿”にまつわるエピソードをご紹介します。

 

気づけばお風呂上がりにダメおばさん1:洗面所がビショビショになっても平然としている

「うちに泊まりにきた女性で、衝撃的だった40歳の女性がいます。

その日は一緒に入浴したわけではなく、先に彼女がお風呂に入ったんですが、彼女のあとに僕が風呂に入ろうとしたら、なぜか洗面所の床がビショビショ。

入浴してから体を拭くまでの間に裸でウロウロしたのかもしれないけど、人の家の洗面所を汚したら、水くらいは拭き取っておくのがマナーじゃないですか?

普段の振る舞いからはそんなにガサツな印象を受けていなかった女性なんですけど、それを見てしまって思わず、幻滅しました。

それ以来、うちに泊らせたくなくなっちゃって……。いい雰囲気になっていたんですが、それきりです」(43歳男性/IT)

 

洗面所の床は、入浴後に濡れてしまいがちな場所だけに、使い終わったら丁寧にチェックをしておきたい空間。

この女性の場合は、普段から自宅のバスルームでも同じように振舞っているのかもしれませんが、自宅を汚されてしまえば気になる男性も少なくないのは否めません。

 

気づけばお風呂上がりにダメおばさん2:濡れ髪を乾かさないままベッドに入ってくる

「すでに別れた40代前半の元カノの話ですが、今となっても『アレはナシだよなぁ』と思っていることがあります。

彼女は、ウチに泊まりにくると、いつもお風呂上がりに髪を乾かさないままベッドに入ってきていたので、寝具がビシャビシャに濡れてしまっていたんです。

一度だけ『風邪をひくし、ちゃんと乾かしたら?』って提案したことがあったんですが、僕の家にあるドライヤーは、なんの機能もなく髪が傷みそうなシロモノだから『使いたくないの』と断られました。

だったら自分で納得できるドライヤーを持ってくればいいし、そもそもそんなことを言いつつ、濡れ髪のまま寝るほうが髪にも健康にも悪いのでは……って気がして、言い訳にも唖然としましたね。

それだけが原因で別れたわけではないけれど、その元カノが泊まりにくるたびに寝具が濡れて寝心地が悪かったのは、今でも悪い思い出として残っています」(44歳男性/経営)

 

自宅で洗髪したときにはきちんと髪を乾かしている女性でも、勝手の異なる他人の家となると、なんとなくドライヤーを使うのがはばかられ、自然乾燥をしてしまいがち?

しかし濡れ髪のせいで湿ってしまう寝具の寝心地の悪さを考えると、彼に配慮をしてあげるのもマナーです。

こちらの元カノは、髪を乾かすのも面倒に感じたうえに、ドライヤーを持参するのも面倒だっただけかもしれませんが……。

 

気づけばお風呂上がりにダメおばさん3:バスタオルを巻いたまま長時間ウロウロする

「お泊まりデートのときに、風呂上がりにバスタオルを巻いたまま長い時間ウロウロする女性の姿が苦手です。

言っちゃ悪いけど、モデルみたいな体型をしている女性ならセクシーに見えるけど、一般的な40代女性の体型だとバスタオルを巻いている姿って、生活感のほうが強いですよ。

ぽっちゃりめな体型の今カノもコレをやるタイプなんですが、そんな姿を見るたびに『品がないよなぁ』と思いながら見ています。

しかも、その姿で缶ビールを飲んでいることもあって、もはや『おじさんかよ』って心の中で突っ込んでしまいますね……(苦笑)。

入浴の直後だけなら仕方ないけれど、ずっとその格好でいられると、恥じらいがない気がして……。抱く意欲も、ちょっと失せちゃっているのが本音です」(42歳男性/サービス)

 

女性に品格を求める男性ほど、入浴後のバスタオル姿には厳しい目を向けているものなのかもしれません。

このあたりは好みが分かれそうな話でもありますが、「セクシー」ではなく「生活感」を感じ取る男性もいることは、心しておいて損はないのかも。

 

お風呂上がりの姿は、深い仲になっている、あるいはこれからそうなる相手にくらいしか見せることのない、極めてプライベートな姿。

だからこそ、そこで幻滅を招く振る舞いをしてしまうと、男性からの評価がダダ下がりになりやすいシーンとも言えるのではないでしょうか。

お心当たりがあったかたは、よろしければ次回のお泊まりデートから気をつけてみてください。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

40代女性のまつ毛が「プチプラ」で品格の目元に!この2品の組み合わせで

40代にもなると、若いころと比べて、まつ毛の量そのものが減ったり毛が細くなったりする“老化”に、頭を抱える女性も少なくありません。かく言う私もそのひとりで、40歳を迎えたころから、まつ毛のボリュームダウンを…

信じた僕がバカでした…!? 男が「騙された」と感じた40代独女の発言3パターン

40代が新しい恋愛をはじめるにあたっては、若いころのように“勢い”だけでなく、相手の恋愛へのスタンスや理想をさりげなく確認したうえで親密な関係へと発展するパターンも珍しくありません。「もう失敗したくない」…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事