合コンの時代はもう終わり!? 人気急上昇中“マッチングアプリ”の実態を徹底追及!

「理想の人に出会いたい」という男女の切実な願いを叶えてくれる“マッチングアプリ”。10月10日放送の「ねほりんぱほりん」(NHK)では“マッチングアプリにハマる人”をクローズアップし、その人気の秘密と実態について迫りました。

「マッチングアプリ」と「合コン」の違いって…?

そもそもマッチングアプリとは、出会いを求める男女をアプリによって結びつけるオンラインサービスのこと。匿名でやりとりをする従来の出会い系サイトとは違い、登録に身分証明書の提示が義務づけられているのが特徴です。

よく男女の出会いの場として“合コン”が挙げられますが、合コンだと自分好みの異性がいないケースも大いに考えられますよね。いっぽうマッチングアプリは、プロフィールから自分が気に入った人だけにアプローチすることが可能。

様々なタイプの異性が軒並み揃う“マッチングアプリ”は、いわば「無限お取り寄せ」といっても過言ではありません。逆に決まりきったメニューの中から仕方なく手をつける“合コン”は「給食」だと番組で紹介されると、ネット上では「名言いただきました!」「例え方が秀逸すぎる」「NHKから『合コンは給食』というパワーワードが出てくるとは…」と瞬く間に話題に。

ちなみに“マッチングアプリの必勝法”は、「登録するプロフィールに“本名を漢字”で公開する」「3枚中1枚の写真はあえて“シュールな写真”を選び、ツッコミどころを作る」「実物より“不細工に加工”して、会った時に意外と可愛いじゃんと思わせる」などのポイントが挙げられていました。

マッチングアプリを利用した“その後”はどんな展開が待っている?

合コンや出会い系サイトにはないメリットが満載の“マッチングアプリ”。リゼクリニックが発表したアンケート調査によると、未婚女性の5人に1人がマッチングアプリを経験したことがあるのだそう。ではマッチングアプリを利用した後は、どのような展開が待っているのでしょうか。

同調査では20代~30代の女性330名を対象に、「マッチングアプリを使用したその後」についてヒアリングを実施。第1位には「会って食事だけした(52.7%)」がランクインし、第2位以降には「交際に発展した(29.1%)」「1人も会わなかった(25.5%)」の順に回答が並んでいます。

意外にもマッチングアプリで交際にまで発展する人は多いようですが、いっぽうでは「セックスの関係だけになった(14.6%)」「友人ができた(14.5%)」と交際とはまた違った関係性が生まれたという人も。ちなみにマッチングアプリで、ゴールインした人の割合は全体のわずか3.6%でした。

年々利用者が増え続けるマッチングアプリですが、今後もその勢いは増々加速していきそうですね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もた…

男は意外と見てる…! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG

デート中、まだ深い仲になっていない間柄のときほどタイミングを迷いがちなのが、お手洗いに立つ頃合い。会話が盛り上がっているときにいきなり失礼するわけにもいなければ…

男ウケ最悪…男が「なんでそんな装いで?」と首をかしげる40代の秋冬ファッション

トレンドを意識しつつ、モテも狙える装いに身を包みたい40代女性も少なくありません。婚活を意識していれば、なおのこと、“トレンド×モテ”で男性ウケを狙いたくなるのも心…

オバチャンにしか見えない…男が思う「似合っていないと一発アウト…!」な40代の秋冬ファッション3例

40代ともなると、自分のファッションテイストが確立されている女性も多いもの。トレンドには関係なく「私のシンボルはこれ!」と自信をもって言えるほど、似合う自負がある…

KYなオバサン…!? 男が「信用できない女」だと感じる40代女性のLINE3選

恋愛関係でも、それ以外の人間関係でも「この女性は、信用できない」と思われてしまえば、相手との将来にヒビが入りがちです。婚活中や恋人募集中のタイミングでは、言うま…

旅行中にバレました!男性がドン引きした40代女性の「それはオバサンだわ」行為

深い仲になってしばらくすると、旅行に出かけるカップルも多いもの。多忙を極めている40代カップルだと、週末を利用したプチ旅行も人気です。ところが、旅行はちょっとした…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、な…

隣にいるのが恥ずかしい!40代独女の「お会計のとき」これは無理と思う態度

たとえば、気の合う友人と食事に行ったとき。おしゃべりも弾んで料理も美味しかったけど、いざお会計になってレジの前でお互いが払う料金をモタモタと確認し合う。こんな「…

モテる40代女性ほど送ってる!男が「お。いいね」と好感を抱くLINEの共通点3選

LINEを使ったコミュニケーションは、もはやプライベートな会話にとどまらず、ビジネスの連絡にまで広がっている昨今。気になっている異性からの「お。いいね」を得るには、…

仕方ないじゃ済まされない…? 男目線で「一発でナシ」になる40代女性のNG身だしなみ3選

男性目線と女性目線での「あれはナシでしょ」と感じる身だしなみは、少々異なる実態にもあります。同性であれば、女性のちょっとしたNGを見て「ナシだろうけど、わかるわか…

70代の親を持つアラフォー世代必見! 緊急時に大活躍する“命のバトン”って何?

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。みなさん突然ですが、「命のバトン」ってご存知ですか? 70代の親を持つ方必見のアイテムなのですが、知っている人はほんの一握り。かくいう私も、最近になって知りま…

マツコも思わず「応援してねーよ!」 ボディビル大会のかけ声が独特すぎると話題

筋肉が好きな人もそうでもない人も、見事なマッチョに目を奪われてしまった経験はありませんか。最近ではマッチョの筋肉だけでなく、マッチョを応援するための“かけ声”が話題に。今回はネット上で大きな注目を集める…

話題の漫画家・柴田亜美の極限美容に見る「51歳美女のつくりかた」

「南国少年パプワくん」(エニックス)や「自由人HERO」(集英社)など、数々のヒット作を手掛けた超人気漫画家・柴田亜美さん。10月30日放送の「ザ! 世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に出演し、その相変わらず…

3兆円以上の効果がある?日本を動かす「オンナの宴」の実態

男子禁制の秘密の花園“女子会”。その経済効果は約3兆7000億円に上り、2020年東京オリンピックの経済効果を大きく上回ると言われています。今や日本経済を動かしている“女子会”ですが、なぜここまで著しい成長を遂げ…

ネコは他の動物に比べて研究が進まない…その “ネコさまらしい”理由って何?

今、世の中は空前の猫ブーム。昨年の猫の飼育数が永遠のライバル・犬を初めて上回り、SNS上では可愛い猫の画像をアップする“ニャンスタグラマー”が急増しています。そんな多くの人々を魅了し続ける猫ですが、10月11…

BMIを広めたのは保険会社の陰謀? 林先生も驚く衝撃事実

ダイエットに取り組む際、気になるのが体重と体脂肪率、そして“肥満指数”とも呼ばれる「BMI」ですよね。しかし今年10月に放送された「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)では、“BMIは金儲けのために広められた適当な…

「だめんず・うぉ~か~」作者が教える“こんな男に気をつけろ”

「だめんず・うぉ~か~」(扶桑社)で知られる漫画家の倉田真由美さんが、10月8日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。“だめんず”に騙されないための方法を教えてくれました。だめんずを見分けるプロフ…

「悪魔のおにぎり」が大ヒット! いま悪魔シリーズがブームに?

コンビニのおにぎりといえばツナマヨや明太子、鮭などが定番。特にツナマヨ人気が高いようですが、いま「悪魔のおにぎり」というおにぎりが人気なのはご存知でしょうか?「悪魔のおにぎり」がツナマヨ人気を破って話…

ユニクロ、ワコール、Triumph… ブラジャー市場で巻き起こる美しき下着戦争!

かつては専門メーカーが独占していた“ブラジャー市場”。しかし最近は「ユニクロ」の下着業界進出によって、大きな地殻変動が起きているようです。そこで今回は、そんな知られざる“ブラジャー市場”の実態に迫っていき…

雑菌を想像してゾッとしてしまう!? “足湯”を嫌がる女性急増中!

意外と誰もが持っている“潔癖症”な一面。普段はそこまで潔癖ではないのに、ある限定の場面で極度に潔癖症が発動してしまうという経験はありませんか? 最近ではそんな潔癖症スイッチがONになるシチュエーションに、“…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事