やっぱり美容室は怖い!? 思い通りのスタイルを手に入れる3つの心得

「美容室でなりたい髪型をうまく説明できない」「どうオーダーしていいのかわからない」「美容師さんと話すのが苦手」「やってみたいヘアスタイルがあるけれど、結局いつも同じになってしまう」

40代女性からもよく聞く悩みです。

仕事でのトラブル処理や恋愛での駆け引きなど、さまざまな難局を乗り切ってきたであろう40代女性でもなぜか美容室では消極的になってしまうよう。

雑誌やWEBメディアでも定期的に取り上げられていますが、改めて美容室でのオーダー法についてまとめたいと思います。

 

その前に…

美容室では無理に話さなくて大丈夫!!

なぜか美容師さんと楽しく会話をしないといけないと思いこんでいませんか?

 

美容室に行くのはだいたい2~3カ月に1回、白髪染めで頻繁に通っていても月に1回くらいですよね。たまにしか会わない人と友達のように会話が弾まなくても仕方がないこと。

 

そして、仕事でたくさんの美容師さんと接してわかったのが、美容師さん全員がおしゃべり好きではないし、会話上手ではない、人見知りも多いということ。お客さまに話しかけるのは、ヘアスタイルを決めるためのヒントを得たいからなんです。もちろん、1対1の接客になるので楽しい時間を過ごしてもらいたいという気持ちもあります。

 

ですから、プライベートのことは話したくない、疲れているから今日は話したくないというのであれば無理に話す必要はないのです。「話したくないオーラ」を感じ取ってくれる人もいますが、新人アシスタントや経験が浅い人には難しいもの。大人女性としては、先に「今日は疲れているので…」「読みたい本があるので…」などひと言伝えておくといいですね。

 

美容師さんも「気をつかわずに好きなように過ごしてほしい」と思っているので、気にしないことです。ここは恥じらいのある乙女ではなく、図々しいオバサン精神でいきましょう!

 

では、次からは「なりたい髪型」に近づけるための心得をご紹介します。

 

心得1 「おまかせ」は卒業する

細かく伝えるのが面倒でつい「おまかせでお願いします」と言っていませんか? 長年通っていて美容師さんと信頼関係が築けていれば、たまに「おまかせ」もありですが、たいていはサロン帰りにモヤモヤが残る結果に。

 

「おまかせというお客さまでも話をしていくと前髪は短くしたくない、動きはほしいけど軽くはしたくないなどこだわりがあるんですよね」との声を多くの美容師さんから聞きます。

 

そう、私たちはつい「おまかせで」と言ってしまいますが、実は頭の中にコレ!という髪型が浮かんでいるもの。でも、美容師さんとの会話に苦手意識があり、「おまかせ」「似合う髪型に」と口にしてしまうのです。

 

仕上がったスタイルが思い描いていたものと違うと「おまかせ」と言いつつもモヤモヤが残り、初めての美容室であれば「あそことも相性が悪かった。自分に合うサロンが見つからないな」となってしまいがち。

 

どんなに高い技術を持った美容師さんでもエスパーではないので、その人の頭の中まではわかりません。「おまかせ」は簡単なようで難しいオーダーです。美容師さんの腕の見せ所ではありますが、そこには美容師さんの好みも少なからず反映されますから、あなたの「好み」と一致するとは限りません。

 

そこで、どんなスタイルが好みなのか、どんな髪型にしたいのかを引き出すために「会話」が必要になってくるのです。最初に無理に話す必要はないとお伝えしましたが、髪に関することはスルーせずにきちんと答えましょう。できれば、「おまかせ」にはせず、最初から希望を伝えられるのがベター。

 

具体的にしたい髪型がないという人はイメージだけでも決めておいて。例えば、「仕事で責任ある役職を任されたのでキリッとしたできる女性に見せたい」「婚活中なので、やわらかい雰囲気にしたい」という見た目イメージでもOK。ここまで具体的に言わなくても「カッコよくしたい」「可愛い系にしたい」だけでも十分です。

 

希望やイメージを伝えるためにはどうしたらいいのか、それが心得2です。

 

心得2 なりたい髪型は言葉より写真で伝える

「可愛い系にしたい」と言葉で伝えることも大切ですが、人によって「可愛い」のとらえ方が違うのでイメージを共有するために写真があると便利です。

 

「女優やモデルの写真を見せたら笑われそう」「顔が違うから似合わないよね」という心配はご無用!

 

美容師さんが写真から得たい情報は髪色や長さ、質感、ウェーブの強弱、全体の雰囲気です。写真は3~4点用意しておくとイメージのすり合わせがしやすいとのこと。

 

前髪はこの写真くらいに、全体の雰囲気はこっち、髪色はこっちのほうが好みなど合わせ技もOKです。「好き」だけでなく、「嫌い」「したくない」髪型の写真も参考になります。

 

特に髪色は「明るい茶色」「落ち着いた色に」と言葉だけでは美容師さんとのズレが生じます。写真で確認しながら、これくらいの明るさまでなら大丈夫、ここまで明るいとイヤなど確認をしていくことが大切です。

 

写真はヘアカタログだけでなく、雑誌のファッションページでもいいですし、広告やパンフレットでも問題ありません。

最近は40代向けのヘアカタログも充実していますね。準備をし忘れても美容室には雑誌やヘアカタログが置いてあるので、美容師さんと一緒にチェックしながら方向性をかためていきましょう。

 

同世代のヘアカタログでなくても大丈夫。こんな感じにしたいというイメージの共有をしたら、髪質にあった対応策を考えてくれます。<「BEST HIT! 愛され小顔ヘアカタログ500」(主婦の友社刊)>

 

手軽なのは、スマホに画像を保存しておくこと。こんな髪型いいなと思ったら写真に残しておくか、スクリーンショットを撮っておくといいですよ。

 

日々納得いく髪型を手に入れる方法!次ページ

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代パーマ、この「思い込み」でオバ髪化してない…?40代がやりがちNGパーマヘアケア

ボリュームがなくなってきた40代にはパーマがおすすめ、ということを何度もお伝えしてきました。また、パーマをかけるとスタイリングがラク、とも。しかし、パーマをかけた人の多くは「スタイリングがうまくいかない…

40代は【かき上げ前髪】×【耳かけ】で秋ヘアがとびきり素敵に見える!

ファッションにあわせてヘアも衣替えをするとき。がらりとイメージを変えるのは勇気がいるけれど、カラーや毛先の動きをチェンジするだけでも雰囲気は一新できます。40代女性を素敵に見せる「かき上げ前髪×耳かけヘ…

【くるりんぱ】真ん中からずらすだけ!1分で大人可愛いヘアアレンジ2選

「くるりんぱ」と命名した人はどなたか存じませんが、今やこれ以外考えられない!というほどの絶妙なネーミング。正直、ここまで浸透するとは思っていませんでした。もちろん、アレンジとしては「その手があったか!…

いつもの「ゴムだけ結び」を1分で上級に!くずしひとつ結び・横くるりんぱアレンジ3選

夏は髪をおろしていると、汗で首にはりついて不快になりますよね。見た目にもスッキリとまとめたほうが、涼しげです。そこで、今回は巻かずにおしゃれに見えるひとつ結びや、くるりんぱを応用したアップスタイルをご…

「正しい髪の洗い方」知ってた?抜け毛、頭皮のニオイを防止するシャンプーのやり方4ポイント

美肌も美髪も一日にして成らず。日々のお手入れが欠かせません。そのお手入れも実は特別なことではなく、「正しく洗う」ことだけ。でも、この「正しく洗う」ことができていない人が多いのが現実です。子どものころ、…

【ミディアム】うねり、ぺたんこオバ髪は「動き」でカバー!若見え3スタイル

ボブやショート人気におされ気味のミディアムですが、女っぽさを表現するにはもってこいのレングスです。また、ある程度長さがあることで加齢による髪悩みもカバーしやすい利点もあります。ひとつ結びなどまとめ髪に…

【ショートボブ】40代は毛先の動きで「おばさんショート」回避!人気ヘアカタログ

40才を過ぎると髪を短くする人が多い、という話を美容師さんからよく聞きます。たしかに40才以上をターゲットにしたヘアカタログでは、ロングよりもショートの割り合いが多くなっていますし、周囲を見渡せば短めヘア…

40代ミディアムのすっきり簡単まとめ髪 広がる・うねる髪のヘアアレンジ3選

ボリュームが減ってくる年代なのに、この時期は髪が広がり扱いにくさが倍増。朝、きれいにまとめたつもりでも昼頃にはうねうね、ちりちり……ってこと、ありますよね。梅雨の時期はダウンスタイルをあきらめて、まとめ…

40代でもモテる髪って?9つの【NGシャンプー習慣】と正解ヘアケア

40代にもなると大っぴらに「モテたい!」とは言えない雰囲気ですが、独身女性であればまだまだ出会いを期待するわけです。オトナサローネでは編集長の婚活記も盛り上がりをみせていて、いくつになっても素敵な恋がで…

【オバ髪】は「生え際」のコレが原因!40代の白髪・うねり・パックリ割れの隠し方は

今、まさに私も悩んでいる生え際の白髪とうねり。湿気の季節到来で、とくにうねりが強まってきています。生え際は鏡を見たときに目につく場所であり、人とのコミュニケーションの場でも相手からよーく見られてしまう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事