定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

 

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。

トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの疑惑を向けられる話は時おり耳にしますが、メイクトレンドを理解していない男性たちからは「定番」であっても、評判がイマイチなものも。

「私のメイクもそうだったら、ざんねんすぎる……」と感じた40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、定番メイクながらも、男性たちが「うーん」と首を傾げることのある40代女性のメイクに迫ります。

 

 

定番でも「ダメなオバサン」になりがちメイク1:自眉に合っていない眉マスカラ

「眉毛だけがパキッと明るい色のオバサン、すごく無理している感じがある」(40歳男性/飲食)

 

「眉毛になにかを付けているのか、変にテカテカしていて、しかも色が明るくなっているオバサンメイクに違和感」(44歳男性/システム)

 

デイリーメイクに、眉マスカラを使っている女性は、40代にも少なくありません。

毛流れを整えてくれるうえに、眉色も調整してくれるので、私たち世代が垢抜け顔を狙うならば、マストアイテムと言っても過言ではない便利な存在なのは、確かです。

しかし「眉色に合っていない」「質感がテカりすぎ」などの要素が入ってしまうと、定番メイクながらも男性たちからは「ん?」を招く要因に。

悪目立ちさせないことが、男ウケのみならず違和感を抱かせない最大のコツです。特に、質感は塗った直後と乾いた状態で変化するアイテムもあるだけに、きちんとチェックしておきたいところ。

 

定番でも「ダメなオバサン」になりがちメイク2:コンシーラーがくっきり

「飲み会など夜のシーンでたまに見かけるんですけど、テーブルに座って話しているくらいの距離感で、肌にハリボテみたいな色ムラが出ちゃっているオバサン、かなり痛いと思う」(42歳男性/IT)

 

「顔の明るいところと暗いところがくっきり分かれている肌にしているオバサン、厚塗り感がすごいし、無理している感じが、なんか苦手です」(47歳男性/製造)

 

40代ともなると、コンシーラーをデイリーに用いて、色ムラやシミ、シワなどをフォローするメイクも一般的に。

ところが、ファンデーションとの相性や持続力によっては、肌に不自然な明暗が生じたり、切り貼りしたかのような不自然さが出てしまったりすることも……!

日中の太陽光やオフィスの蛍光灯のもとと、夜間の照明とでは見えかたが異なるケースもあるだけに、男性ウケを狙いたいシチュエーションでは気をつけておくに越したことはありません。

どうしてもメイク崩れを目立たせたくないシーンなら、コンシーラーとファンデの色の差を「1トーン」に止めるのが鉄則です。

定番でも「ダメなオバサン」になりがちメイク3:マスカラの重みでまつ毛が不自然

「マスカラしている女性は好きなんですけど、40代女性の中には、まつ毛が下に下がっている人がいて、ざんねんだなぁと思う。

正面から見るとあまりわからないんだけど、横顔から見たとき、まつ毛が重力のせいでダラーんとなっていると、魅力も半減って感じです」(44歳男性/マスコミ)

 

「僕は女性の横顔にはうるさいほうなんだけど、横から見たときにまつ毛がカクカクって上がっているオバサン、すごく痛い!

『無理してアゲてます』って雰囲気で、痛々しいと思ってしまいます…」(42歳男性/美容サロン経営)

 

マスカラでもマツエクでも、横顔がイマイチな仕上がりだと、男目線では「ざんねん」と思いがちな傾向も。

メイク直後には美しいカーブでも、まつ毛もハリを失いがちな私たち世代は、時間の経過とともに下がりやすいもの。アフター5のメイク直しでは、横からのまつ毛チェックも怠らないのが確実です。

また、ビューラーの位置を誤ると、横顔が「カクカクまつ毛」になりがちなので、急いでいるときでも“根元から上げる”は忘れずに意識したい部分です。

 

奇をてらったメイクではなくとも、男性たちに「うーん」と感じさせてしまえば、好感度は下がり気味に。

メイクの“アラ”は、会話の最中でも意外と目立つものですから、婚活など“男ウケ”を意識したいシチュエーションでほど、細かな部分に気を配っておくに越したことはありません。

よろしければ、ご参考にしてくださると幸いです。

スポンサーリンク

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話な…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの…

同性の目はやっぱりキビシイ!? 「彼の母親」に嫌われる40代女性の傾向

結婚している間柄だけでなく、交際が長くなってくると、彼の母親との接点が増えるのも常。しかし彼の母親は同性だけに、いい関係を築けている人ばかりとは言い切れない実情もあり、本人は悪くないのに、気づけば義母…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事