年末年始にお金を使いすぎた人!この「究極の節約術」で今月を乗り切れ!

お正月休みは旅行や帰省、バーゲンセール、お年玉など、出費がかさむイベントが続きます。年に一度のことだから、とつい財布のヒモがゆるんでしまうことも多く、1月中旬を過ぎた頃には散財したことに青くなっている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、散財した後に家計を立て直せる、短期集中型の節約法をお伝えします。

 

キャッシングや貯金の取り崩しは絶対NG

この時期、銀行預金お残高が思ったより少なくなっていたり、クレジットカードの請求額が高額だったりするとお正月気分もすっかり冷め、散財を後悔してしまいます。

 

しかしここで、「年に一度のことだからしかたない」とあきらめて、定期預金を取り崩したり、その場しのぎでキャッシングなどを利用したりするのはおすすめできません。

 

なんとか次のお給料日までしのいで、1カ月の収支の帳尻を合わせて欲しいと思います。

 

というのも、1月はお正月だから仕方ない、と考えると、2月はバレンタインデー、3月は送別会、4月は親戚の子の入学祝、5月はゴールデンウィーク、などなど、特別なことは実は毎月のようにあるからです。

 

今年一年、特別なことがあっても毎月の収支バランスがとれるよう、ここは頑張りどころです。以下3つの乗り切りルールです。

 

1・冷静に考えて…「来月にまわせる出費」は先送り

まずは、すぐに払わなくてもいいもの、今なくてもなんとかなるものを洗いだします。そして、来月にまわせるものは来月に先送りにします。ただし、先送りして来月2カ月分払う、というのでは節約にならないので注意しましょう。

 

■ヘアサロンは来月に繰り延べ

毎月ヘアサロンに行くことを習慣にしている人には辛いかもしれません。しかし、ここはグッとこらえて来月までねばってみませんか。

これを機会に、新たなまとめ髪などのスタイリング方法をマスターするのもいいかもしれません。ただし、ヘアアクセサリーは新たに買うことはせず、手持ちのものでのりきりましょう。

 

■新聞を月末まで止める

身の回りに、なくてもなんとかなるものを探してみましょう。

新聞を購読しているなら月末まで止めて、その間はネットニュースで代用するという方法もとれます。新聞は旅行の時などに数日止めることができますが、止めていた期間の新聞を後日配達しなければ、販売店によってはその期間の購読料は払わなくてよい場合があります。

防犯上の心配があれば、理由は「不在だから」ではなく、「都合で」と伝えましょう。

 

■月額利用をスキップする

英会話や料理教室など、月単位で支払の発生するサービスを利用していたら、1カ月だけスキップ(=お休み)できないか確認してみましょう。

大切な自己投資として続けていることでも、今はピンチを乗り切ることが先決。お休みあけには一層頑張ることで遅れは取り返せるのではないでしょうか。

 

2・食費は「ロス」の見直しで手っ取り早く節約する

長続きする節約を考える時は、まず固定費から考えて、食費の見直しはその後です。これは、食費の見直しは我慢につながり、ストレスのため続けられなくなってしまうことが多いからです。

しかし、今は手っ取り早く成果があがることが大切。期間限定なのですから、ここは食費を大胆に見直してみましょう。

 

■保存食を制する

生鮮食料品の欠点は、すぐにいたんでしまうことです。そのため、安い時にまとめ買いをしても、使いきれなかった経験をしたこともあるのではないでしょうか。その点、缶詰・瓶詰・乾物などの保存食は日もちがするので助かります。

しかし、賞味期限までの期間が長いことに油断して、いつのまにかストックが増えていることはないでしょうか。ストックがあるようならこの機会にどんどん利用しましょう。

 

■フリマアプリを活用してみる

この時期は、お歳暮にもらったけれどいらないモノなど、フリマアプリに出品されていることがあります。また、お正月に買った福袋に入っていたけど使わないモノや、お店側の在庫整理のために出品されているモノもあるようです。食品もそのひとつ。缶詰・瓶詰やレトルト、フリーズドライといったものなら品質も安心できるのではないでしょうか。

安いものを探して、食費の大幅ダウンにチャレンジしてみましょう。

 

■食品ロスをなくして、節約にもなるサービスを利用する

食べずに廃棄する「食品ロス」は、社会的な問題にもなっています。そこに目をつけた新しいサービスを利用するのも一案です。

Reduce GO(リデュースゴー)は、レストランなどの飲食店で余った食品を提供。月額1980円を支払えば、加盟店で食品を無料で受取り、テイクアウトできます。ベーカリーの加盟店もあるので、利用できるお店があればおトクなうえに、食品ロス問題解決の一助にもなりますね。

対象エリアは東京都が中心です。まずはアプリで加盟店をチェックしてみましょう。

 

 

3・確実に効果が出る「防げる病気の徹底予防」

お金のかかるサプリは一時お休みしたとしても、こんな時こそ健康は第一に考えましょう。節約して身体をこわしては元も子もありませんし、薬代や病院代にお金もかかってしまいます。

 

■すべての基本。手洗い・うがいは今こそしっかり

お金がかからず、しかも効果のある方法は、手洗いとうがいです。手洗いはハンドソープをあわ立てて指の間や手首まで、しっかり時間をかけて洗いましょう。15秒が目安のようです。

外から帰ったら手洗いとうがい、習慣にすることで今後の健康にもつながります。

 

■身体をあたためる

バスタイムをゆったりとって、半身浴をじっくりすれば身体が芯からあたたまり、日ごろの疲れもとれるのではないでしょうか。お風呂あがりには温かいハーブティもおすすめ。ジンジャーやシナモンなどをきかせるとぽかぽかします。

ハーブやスパイスがなければ、たまねぎをじっくり炒めたオニオンスープもいいのでは。チーズをのせればさらにあたたまります。

 

■よく寝る

そして、身体があたたまったらよく寝ましょう。布団にくるまれていればエアコンの必要もありませんから電気代の節約にもなります。スマートフォンやテレビを見ていて、うっかり通販で買い物をするということもありません。

充分な睡眠はお肌や髪にもいいので、化粧品の節約になるかもしれませんね。

 

 

期間限定なら、いつもより少し頑張る節約方法もできるのではないでしょうか。

今まで敬遠していた節約方法が試してみたら意外とよかった、という新たな発見があれば一石二鳥。

なんとか乗り切って、翌月を迎えましょう。

 

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

家計簿つけても貯まらない人!「ごく当たり前」の原因は

家計簿には2種類あります。それは、「貯まる家計簿」と、「貯まらない家計簿」です。節約には、収支の把握が欠かせません。そのため、家計簿をつけようと考える人も多いでしょう。オトナサローネ世代なら、1度は家計…

パート、非正規なら貯蓄額より○○に注目?働き方別「全員貯まる」貯金法

「一年の計は元旦にあり」、貯蓄は計画が大切です。2019年はいくら貯蓄をしたいか、目標はいかがでしょうか。せっかく目標金額を決めたら、効率よく達成したいですね。そこで大切になるのが貯蓄方法です。昨今はさま…

節約もダイエットもメリハリが大事!出すとこ締めるとこをしっかり分けよう

節約をするのに、「とにかくお金は使わない」というやり方は、即効性はありますが続けるのが難しく、結局は元通りの家計にリバウンドしてしまいがち。このことは、ダイエットにもよく見られることです。とにかく食べ…

お金使わず楽しめる!「おトクな年末年始の過ごし方」3選

年末年始はまとまったお休みになることも多く、どのように過ごすか考えている人も多いのではないでしょうか。お出かけするのもよし、部屋でのんびりするのもよし、悩むのも楽しいですね。そして、せっかくならおトク…

2018年40代が買ってよかったもの・買わなきゃよかったもの3選

2018年はどんな一年だったでしょうか。良いこともあれば、悪いこともあり、禍福はあざなえる縄のごとし…。お買い物も同様に、買ってよかったと満足できるものもあれば、買わなきゃよかった、何で買ってしまったんだ…

年末に断捨離で「捨てていいもの」と「ダメなもの」は?

12月に入り、年末に向けて身の回りの断捨離を考えている人も多いのではないでしょうか。年内にすっきり片付けて、すがすがしい気持ちで新年をむかえたいですね。しかし、いざ始めてみると、捨ててよいものかどうか悩…

ダメ、持っててOKなカードは3枚まで!使い分けと賢い解約方法は?

よく行くお店やショッピングモールで、提携のクレジットカードを作ると、おトクになることがよくあります。ポイントアップや割引特典など、せっかくならメリットはしっかり受けておきたいものです。しかし、生活スタ…

50代になる前に、清算しておくべきお金のこと3つ

50代になると、いよいよ老後の暮らしが現実的になってきます。身の回りのあれこれを断捨離するなど、いらないものを整理して身軽になると同時に、老後への貯えもさらにすすめていきたい年代です。その大切な50代に、…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。しかし、1000万円の貯蓄をする人は、そうでは…

貯金を短期で一気に増やしたい!1ヶ月で10万以上貯めるコツ10連発

暮らしを改めて、これからはずっと節約をしていけば貯金は増える、と頭では分かっていてもそれはちょっと大変そう。そう思ってなかなか節約生活に切り替えられない人は少なくありません。それなら、期間限定で節約し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事