「寒い」って言わなくなりました…!時短美容家が実践する“40代の○○するだけで冷え対策”3つの柱

 

日中はポカポカとした陽気に恵まれる日も多いものの、まだまだ朝晩は冷え込みが激しい時期。

40代ともなると「基礎代謝が下がる」と言われるだけあって、若いころと比べて“冷えやすい身体”を痛感なさっているかたも珍しくないかもしれません。

かく言う私も、そのひとり。

でも、40代のボディは、まだまだ手をかければ応えてくれやすい年代だけに、“冷え”に特化したケアを始めてからは「寒い」と口にする日が格段に減ったように思います。

今回は、時短美容家である私の“冷え対策”で「コレは効果があった!」と感じている方法をみなさまにご紹介します。

 

「寒い」を言わなくなった私の冷え対策1:首の付け根を“蒸気のシート”で温める

(私物写真)

「冷え対策には、首の付け根を温めるといい」とはよく聞くものの、カイロで温めようとすると、どうしても“するどい熱”を感じやすく「部分的に、熱すぎる……」なんて不快感も抱きがちでした。

そこで「なにかないかな」と探しているときに出合ったのが『めぐりズム 蒸気の温熱シート 肌に直接貼るタイプ 』。

コレを使い始めてからは、屋外にいても芯から冷える感覚が皆無になりました。

私は、日中と寝るときに貼る習慣にしていて、1日2枚ずつ使っています。肌に直接貼れるため、外出時でも“隠し貼り”しやすく、さらにジワ〜っとほぐしてくれるので、肩こりを軽減する効果も実感中。

たとえるならば、常にフレッシュな蒸しタオルを首にあてているかのようなやさしい使い心地が優秀です。

身体が冷えると、どうしても首まわりがカチコチにもなりやすかった私にとって、もはや手放せないアイテムとなっています。

「最近、肩が冷えちゃって」とぼやいていた60代の母にも勧めたところ「あれ、いいわね〜」とご満悦でしたので、自信をもっておすすめできる“買い”の商品だと思います。

 

「寒い」を言わなくなった私の冷え対策2:良質な酵素やお茶を取り入れ内側から体質改善

(私物写真)

「冷えには、インナービューティも大事」と言われます。そこで私が意識的に摂っているのが、“良質な酵素”と“よもぎ茶”です。

「寒い!」の要因には、血流の悪さが関係していると聞くので、内側からのケアでは血行の改善を意識。私はエイジングケアも兼ねて『いちずな酵素』をデイリーに食べています。

食べると食べないでは身体の軽さが違って、酵素を習慣にすることで“巡り”にも働きかけてくれていると実感中。

そして、朝には毎日1杯の“よもぎ茶”を飲むようにしていて、こちらもメインはデトックス狙いで始めた習慣ながら、“よもぎ”がもつ身体を温める作用がいいのか、この習慣にしてからは朝の冷えが格段に減りました。

こういった健康のための食品は「おいしい」と思えないと続けにくい面もありますが、今、私が続けている商品はどちらも無添加で口あたりがよく、飽きのこない味なところもお気に入りです。

 

話題のアレはプチプラなのに実力派!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事