白髪発見ピンチ! 染めずにできる白髪対策3選

ちょっと前の話になりますが、近藤サトさんの白髪染め卒業が話題になりましたよね。メッシュのような白髪と黒髪がキレイに混ざり合った髪。本当に素敵で、思わずうっとり。「私も真似したいなぁ」なんて思ったけど、すぐに思い直しました。

だって、あの髪色を完成させるまでには相当時間をかけてますから。それにどんなに美しい顔立ちでも、白髪はやっぱり老けた印象を与えてしまいがち。顔に自信もなく、メイクもそこそこの私にとって、やはり白髪生かしはまだまだ先の話になりそうです。

と、話は脱線しましたが、私のように白髪で悩んでいる女性は大勢いて、そのくせマメに白髪染めをしない人も多いハズ! そこで今回は、緊急時の白髪カバー法についてご紹介しましょう。

 

1 トップの分け目をごまかして白髪カバー

白髪が目立ちやすい部分は、頭頂部と顔まわり。そして白髪が多く出る部分もこの2カ所です。そしてトップは自分では見えにくい部分ですが、意外と周囲の人から見られるパーツ。座っているときやちょっと顔を下にしたとき、さらに小柄な女性の場合は、男性陣からよく見られる部分と認識していた方が良いでしょう。

 

そんなトップの白髪をカバーする方法は、分け目をごまかすのが一番。そして方法としては2種類ありますまず1つ目は、分け目をジグザグにすること。スタイリングする前にトップの髪を指でジグザグにして、分け目が見えないようにする方法です。ちなみにこの方法は髪が細くて柔らかい人向き。ペタンコになりがちなトップの髪もふんわりさせることができて一石二鳥です。

 

ひとさし指を使ってくジグザグに。一気に分けるのではなく、指を何回か離して細かく分ける方がキレイに仕上がる。

 

 

そして2つ目は、普段の分け目から少しずらして分け目を作ること。ジグザグ分け目だとボサボサになりがちな、硬くて太い髪の人向けです。分け目を変えても白髪が出てしまうと思いがちですが、分け目を変えると根元がフワっと立ち上がり、白髪部分を目立たなくさせる効果があります。

 

ただし、この分け目にするとアホ毛がたくさん出てくることもあります。ワックスやバームなどを使って、アホ毛を抑えるのが重要です。

 

点線がいつもの分け目。そのすぐ横に分け目を作る。完全ドライだと分け目がつけにくいので、濡れ髪、もしくはハーフドライの状態がベスト。

 

2 耳かけした毛束をたるませて白髪カバー

次に目立つサイドの白髪。耳にかけなければバレないですが、見栄えが悪くなるのがイヤって人もいますよね。私は面長顔なので、サイドの髪は絶対耳にかけたい派です。

 

そんなときの対処法は、耳にかけた毛束をほんの少したるませ、その上から毛束をかぶせる方法です。毛束をたるませると、たるませた毛束が影になって白髪をごまかしてくれます。でも、それだけでは不安なので、上から毛束をかぶせればOK。たるませた毛束をキープさせるため、上からハードスプレーをかけるのをオススメします。

①たるませるのは赤い部分。耳掛けした部分の少し上から毛束をほんの少し引っ張るのがポイント。

 

②耳上にある毛束を耳にかぶせる。耳かけした雰囲気をもたせつつ、顔まわりの白髪部分が目立たず、さらにフェイスラインもカバー。

 

便利!な2つの即席カラー剤はコレ!

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

ゴムだけでおしゃれまとめ髪!5分以内の簡単ヘア人気トップ3

髪は切りたくないけど、ブローやスタイリングに毎日貴重な時間を取られるのはイヤ! そんな女性の強い味方といえば、やっぱりヘアアレンジですよね。そこで今回は、大人女性にオススメしたい時短アレンジをご紹介。…

脱オバサン感!いつもの「ひとつ結び」がオシャレになる簡単ちょい足し5選

アラフォー女性で最も支持されているまとめ髪といえば、ササっと仕上がる1本結び。でもシンプルすぎるがゆえに、結び方によっては生活感丸出しの手抜きヘアに見られてしまうことも。とはいえ、無駄に凝ったアレンジ…

髪を「早く伸ばす」4つの法則とは? オバ髪でも効果アリ!

「40歳を過ぎてから、髪の伸びが遅くなったような気がする……」そんなふうに思っている女性、意外と多いのでは? 実際、40歳を迎える頃から毛髪の加齢化は顕著化するため、若い頃のような成長が見られなくなるのは仕…

ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

これからの季節。髪の悩みで一番に挙げられるのが「髪の乾燥」。若々しい髪に欠かせないツヤを失ってしまっては、オバ髪まっしぐら!油分多めの太髪・剛毛な私でも、40歳を過ぎたら髪の乾燥に悩まされることに。すぐ…

パーマをかけずにふんわり髪に見せるヘアデザインスタイル7選

40歳を過ぎると、髪のコシが突然なくなって、ペチャンコヘアに悩まされていませんか?46年間剛毛・太毛・そして硬い毛の私でも、最近では髪の分け目がかなりはっきりしてきました。なので、本来ならパーマをかけてふ…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その理由は、手入れが楽なのはもちろん、額のシ…

【結べないボブ】も「ちょいアレンジ」で5歳若見え!4つの正解

寝ぐせがつきにくく、手入れが簡単な肩上カットのボブスタイル。でも、オバさんボブなんて陰口叩かれてるかも……?その原因は、ズバリ手抜きスタイリング。「ボブは寝ぐせがついてなければ整ってる」なんて思ってたら…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタイルですよね。でも、ボブって意外と服装が…

オバ髪はスタイリングで回避できる! 2つの「若見え仕上げ」で美人髪に

40歳を過ぎると、突如訪れる髪の老化現象。パサつき髪やうねりを防ぐために入念なヘアケアを行ったり、マメに美容室に通ってメンテナンスをする。それでも、どういうわけかババ臭い髪型。そんな人は、いま一度スタイ…

100均ヘアゴムでもイタくない! プチプラアクセで簡単なオトナのヘアアレンジ

シンプルなアレンジのとき、たまにはヘアアクセを使って変化をつけたくなること、ありません? とはいえ、高価なヘアアクセは出番があまりないから、購入するのはちょっと気が引けちゃいますよね。となると、やっぱ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事