うーん、アウト。男性が「依存されそう」と思った40代独女の恋愛模様

ある人に好意を持っても、過去の恋愛話を聞いて「ちょっとアウトかな」と諦めてしまうことって、ないですか?

良いお付き合いがイメージできないと、せっかく芽生えた好意も育ちにくいですよね。

特に依存体質であることがわかると、自立した男性ほど「無理!」となります。

男性が引いてしまう40代独女の恋愛模様について、ご紹介します。

 

いまだに「デート代は全部彼氏持ち」って・・・

・「会社の同僚たちと話しているとき、アラフォーの女性が

『私の若い頃は、男がデート代を払うのが当たり前だったんだけど。

女に出させて当然って、そういうのを甲斐性なしって言うのよ』

と鼻息荒く口にするのを聞いてドン引きしてしまった。

いやいや、それってあなたにお金を使う価値がないのでは? と思ったけど当然言えるわけなく、みんな黙って聞いていたけどこれがモテない理由か、と納得。

聞けば数年前に別れた彼氏に『お前は金がかかる』って振られたのを今でも根に持っているらしく、年を取ると考え方を変えられない難しさを実感しました。

普通、それで振られたら自分が間違っていたのかなって反省しないの?」(35歳/公務員)

 

★ 「デート代はどちらが払うか問題」は、今でも話題になりますね。

こちらの男性が感じたのは、「付き合えばお金がかかる」部分ではなく「自分の考えをアップデートできない」ことの怖さ。

金銭面で男性に依存することを当然とする姿勢が無理だったといいます。

対等に付き合えないと思えば、やっぱり振られますよね……。

それが甲斐性なしって、ふたりで過ごした時間に同じように「投資」する気持ちはないのかな、と率直に思いました。

 

「仕事より彼女が優先」って、社会人としてどうなの?

・「いいなと思っている年上の女性がいました。

友達関係ではあるけど、俺が仕事が忙しいせいでなかなかふたりで会う時間が作れず、とりあえず電話で話すようにしていたんだけど……。

ある日、

『私、自分より仕事を優先されるとダメなんだよね。

つらいときは一番に来てほしいし、愛する彼女が大変なときは有給とか取るでしょ?』

と、さも当然のように言われて背中が寒くなりました。

そういう彼女は派遣の仕事を一生懸命がんばっていて、俺も応援していたけど。

『有給とか取るでしょ?』って、忙しいときは申請できないし、自分も社会人なのに働く男の事情はわからないのかなって。

もちろんしんどいときは助けに行きたいけど、「仕事より自分が優先されるべき」って、重くないですか?」(37歳/営業)

 

★ こちらの女性は41歳ですが、これまで「自分より仕事を優先される」ことが多く、それが許せなかったそう。

好きな仕事をがんばっているのに、それでも男性には自分を先に守らせるって、その矛盾はどこから生まれてくるのか……。

男性だって、好きな女性が大変なときは真っ先に駆けつけたいと思います。

でも、それが難しいときだって当然あるわけで、それを理解できないのは「重い」となっても仕方ありません。

付き合っても、「すぐ来なかったらそれだけで終わりにされそう」と思えば、愛情もしぼんでしまいますよね。

 

お金があるに越したことはないんだけど、それはちょっと……

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事