ベッキー、結婚再始動しても抜けない「例のクセ」にガッカリだ

久しぶりに見たけど、やっぱりベッキーって腕があるなぁ。
2月10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)を見ていて、こう思ったのでした。なぜベッキーを見るのが久しぶりかというと、例の不倫騒動があったからです。

 

LINEの流出が、ベッキーのウソを暴いてしまった

レギュラー番組を多数持ち、CM契約も多かったベッキーですが、2015年「週刊文春」(文藝春秋)にゲスの極み乙女。・川谷絵音との不倫(法律上の妻がいながら、川谷の実家に二人で帰省していた)を激写されたベッキー。スポンサーはトラブルを嫌いますから、ベッキーは即座に質問なしの会見を断行。そこで、単なる友達であることを強調したのですが、まるでそれを待っていたかのように、文春が第二弾を放ちます。LINEの文面が誌上にのったのです。

 

川谷の離婚届を卒業証書にたとえたり、「友達で押し通す予定笑!」といった具合にウソのカラクリがさらされてしまったのです。これをされたら、もう「不倫していません」と言い逃れはできないでしょう。

 

ベッキーと言えば、これまで男性スキャンダルはおろか、熱愛のウワサすら聞いたことがありませんでした。「笑っていいとも!」(フジテレビ系)で共演した千原ジュニア曰く、いいともの忘年会のあと、ローラと共に千原邸で飲みなおしたそうですが、酔いつぶれるローラを尻目に、ベッキーは使った食器をすべて洗い、ローラをかついで家に帰ったほどの礼儀正しさ。そのベッキーが、不倫し、略奪プラス嘘をついたとなっては、イメージがた落ち。一般人レベルでは、不倫よりも嘘をついたことで「実は腹黒い」というイメージを持たれてしまったほうが、ダメージは大きかったかもしれません。ベッキーは休業に追い込まれてしまいました。

 

ウソをつくと、さらなるイメージダウンが待っている

ベッキーと不倫という組み合わせもさることながら、私が驚いたのは「モノ言うシロウト」の存在なのでした。井上陽水、玉置浩二、Mr.Children・桜井和寿、GLAY・TERUなど、売れたミュージシャンが支えてくれた一般人の妻を捨てることはある意味当然で、週刊誌やワイドショーに報じられることなく、ひっそり消えていきました。

 

「週刊文春」に誰が不倫ネタを持ち込んだかはわかりませんが、ベッキーか川谷、どちらの携帯を触れる人でないとLINEは見られないでしょう。ベッキー側が不倫を明るみにしたいわけはないので、となると川谷側の誰かが持ち込んだと考えるのが自然です。週刊誌が掲載に踏み切るのには、ターゲットである芸能人の知名度や話題性に加えて、信ぴょう性が高いかどうかも重要になってきます。ホテルでくつろぐ写真や会話(LINE)は、法的には不十分かもしれませんが、不倫をしているという印象を与えるのに十分な証拠となります。スマホがあれば、一般人であっても芸能人を“告発”することができるのです。

 

「モノ言うシロウト」の存在は、女優・斉藤由貴の不倫にも見え隠れします。「週刊文春」が斉藤が仕事用に借りたマンションに一般人男性が入っていく姿を報じましたが、斉藤は不倫を否定していました。しかし、「FLASH」(光文社)が斉藤と男性のキス写真、男性が斉藤のものと思われるパンツを頭からかぶっている写真を掲載したことで、言い訳はできなくなってしまいます。斉藤や相手の男性が自分から週刊誌に持ち込むことは考えにくいですから、これまた芸能人である斉藤にダメ―ジを与えたい男性側の誰かと考えることができるでしょう。ウソをつくと、スマホにあばかれてさらなるイメージダウンする時代なのです。

 

ベッキーは謹慎を余儀なくされますが、さすがに不倫バッシングに大衆が飽きてきたことや、人の噂もなんとやらで、復帰に好意的なムードが出てきました。「スポーツ報知」が巨人二軍内野守備走塁コーチ・片岡治大との真剣交際を報じ、2月13日に結婚を発表するなど、あらゆる意味で不倫騒動は過去のものとなります。

 

「smart-FLASH」(光文社)は二人の出会いを知人の紹介としたうえで、「失礼ながら、ベッキーを恋人候補として、片岡コーチに紹介するのはなかなか勇気がいることだったのではないか」と男性にありがちな「自分が不倫するのはいいけれど、自分の彼女や妻が不倫するのは嫌」という典型的なミソジニーをにじませていましたが、実は片岡コーチは昔からベッキーの大ファン。ベッキーと出会えて嬉しかったでしょう。プロ野球選手のセカンドキャリアは厳しいという話を聞いたことがありますが、コーチという不安定な仕事をしている男性にとって、ベッキーのように稼ぐ女性と結婚出来れば将来は安泰。メリットありありですから、そりゃ結婚するでしょう。

 

ベッキーはこれからどうしていけばいいのか?次ページ

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

広末涼子、スキャンダル女王が持つ「生まれつきのヤバい才能」とは?

今ではだいぶ下火になった感がありますが、芸能人の不倫が週刊誌を連日騒がせたことがありました。ベッキーなど人気者が続々と捕獲されていったわけですが、「あの人たち」が検挙されないことに、私はひそかに膝を打…

加藤綾子、一周まわって「絶妙にOK」なNAOTOとの非オオモノ婚

元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー・NAOTOの熱愛を「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。同誌は“婚前旅行”として、二人がスイスの5つ星ホ…

クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

仕事でも恋愛(婚活)でもいい、「自分を認めてほしい!」「もっと高く評価してほしい!」と思ったら、みなさんはどうするでしょうか?努力をしても、なぜ報われないのか?おそらくOTONA SALONE読者の淑女のみなさま…

西川史子、48歳になっても母親に失恋報告をするオンナの婚活って?

女医でタレントの西川史子が、インスタグラムでご自身の失恋を発表しました。適度にプライベートネタを放り込むあたりに、芸能界を生き抜いてきた西川センセイの才覚を感じずにいられないのですが、私がすげーと思っ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

小泉進次郎のオンナに学ぶ、「ハイスペ婚」目指す40代の心得

内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアで、自民党厚生労働部会長・小泉進次郎。総理にもっとも近いと言われるオトコが、ニュースキャスター・滝川クリステルと結婚しました。おモテになりそうな顔立ちですし、総理大臣…

佐藤仁美は「サバサバキャラ」だから5歳年下にモテたのか?40代が陥る錯覚

テレビの世界に〇〇キャラという言葉は、すっかり定着しています。〇〇キャラは、実際に〇〇である必要はなく、他人との差別化として使われるものです。誰がキャラをテレビの世界に用いるようになったのか、正確なと…

浜崎あゆみ「身を滅ぼすほどの愛」でわかる「低迷」の本当の理由

浜崎あゆみ(以下、あゆ)の暴露本とも言われた「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。作家の小松成美氏が「事実に基づくフィクション」として、あゆの過去の恋愛について書いたものです。早速読んでみましたが、「ど…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事