「花粉で肌荒れ」防止!春のスキンケア&メイクの5つのコツ

少しずつ暖かくなってきて、桜や新緑など春をイメージすると気持ちが明るくなるけれど、悩ましいのが花粉症……。症状が出始めると気分が落ち込みます。花粉に加え乾燥や強風など肌にとっては過酷な条件が重なり肌トラブルを招くことも……。そこで今日は、花粉による肌荒れを最小限に抑えるお手入れのコツをご紹介します。

 

花粉による肌トラブルを軽減するお手入れ法

季節の変わり目はとくにていねいなお手入れ心がけて、トラブルのない肌を目指しましょう!

1・洗顔はいつもよりやさしく

花粉によるダメージで敏感になっている肌はとくにやさしくていねいに、を心がけます。ポイントは洗顔料をしっかり泡だてて、肌に手が触れないくらいの弾力のある泡で洗い、ぬるめのお湯で洗い流しましょう。泡立てるのが面倒な人はパンプ式で泡が出てくるタイプの洗顔料を使用してもOK。

 

花粉や汚れをしっかりとりたいときは、洗顔する前にふきとり用の化粧水を使用してみてください。

 

2・運動後や入浴後のスキンケアのポイント

花粉の時期はいつもより保湿が大切。乾燥しているとかゆみが悪化するなど肌に赤みが出ることも…。とくに入浴後はローションパックや保湿クリームでしっかり肌を保護して外的刺激から守ります。肌が敏感になっているな…と感じる人は、花粉対策用の専用ローションなどもありますのでドラックストアで探してみてください。

 

また、運動後や入浴後、体が温まった後の保湿ケアは速やかに、できれば5分以内が理想です。

 

花粉でメイクがヨレヨレ。コスメを変えたほうがいい?

花粉の時期は、皮膚を守るバリア機能が低下することにより、花粉やダニなどのアレルゲンが侵入しやすくなります。これは皮膚の水分が過剰に蒸発することにも原因があるんです。なので、メイクをしても思うように行かず、気持ちがイライラしたりストレスになりがち。スキンケアをていねいに行ったあとは、次にご紹介する花粉対策用メイクを試してみてください。

 

1・肌がかゆい!外出時のメイク直しのコツ

花粉症の人はいつでもどこでもテッシュが必需品。鼻水や涙を拭くことで、肌表面の水分や油分が奪われます。肌を拭いたりこすったりする刺激で、ちょっとしたヒリヒリもいつもより感じやすくなるのです。なので急に肌がかゆい! 赤みが出た! と不調を訴える人が多くなるのです。

 

そんなときは、水や化粧水をコットンに含ませて、肌表面についた花粉を拭き取ります。コットンがなければ、カフェペーパーやテッシュでかゆみの原因となる花粉をやさしく落としてあげるといいですよ。

 

2・ファンデーションはパウダータイプがおすすめ

今、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使用していて、花粉によるかゆみを感じている人は、パウダータイプに切り替えてみてください。

 

リキッドやクリームは油分が多いため、花粉が付着しやすく肌荒れの要因になる可能性も…。ベースメイクでしっかり土台を作っておけば、パウダーファンデーションでもキレイな肌に仕上がります。どうしてもリキッドやクリームを使用する場合は、仕上げのお粉をつけて肌表面をサラサラにしておくことをおすすめします。

 

3・目がかゆい!アイシャドウができない…

目元の周りは皮膚が薄く刺激を受けやすいため、乾燥していると余計に花粉の影響を受けやすい状況に。花粉の時期のアイメイク、パウダータイプのアイシャドウを使う場合はブラシでこすり過ぎないようにします。

 

もしパウダータイプのアイシャドウを使うときは、アイクリームなどでしっかり保湿をした上にのせていきます。また、クリームタイプやジェルタイプに切り替えるのも方法です。

 

以上、スキンケア時とメイク時のコツをお届けしました。ちょっとした工夫で肌トラブルを回避できます。気持ち良く春を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事