だからダメ男が寄ってくる!?「男運がない40代独女」のポーチの中身は

恋愛だけでなく、仕事や健康に関しても、目に見えない“運気”のようなものを感じたことのあるかたは少なくないと思います。

しかし他方で、“運気”的な波だけでなく「私ってば、ずっと男運がない気がする……」にお心当たりがあるならば、ひょっとすると、デイリーメイクにその要因が潜んでいる可能性も。

女性の印象は、メイクの雰囲気によっても大きく変化するため、ダメな男を引き寄せがちな仕上がりもあるというわけです。

時短美容家の私、並木まきが、男運がないと嘆く40代女性ほどポーチに忍ばせがちなデンジャラスコスメに迫ります。

 

うっかり「男運だだ下がり」な40代独女のコスメポーチの中身1:髪色や眉色とまったく合っていないアイブロウペンシル

外出先での眉メイクお直しには、描き足すだけで済むペンシルタイプのコスメを愛用していらっしゃる40代女性も、少なくないはず。

消えた眉尻や、滲んできた眉の輪郭を整えるのにも便利ですから、ポーチに忍ばせておくと、なにかと重宝するアイテムなのは間違いありません。

しかし、髪色や眉色と合わない色合いのペンシルをお直しに使っていると、その仕上げが滑稽になりやすいことから、男運にも悪影響を及ぼすことが。

眉のデザインが不自然だったり、描きたしているのがバレバレなほど色が合っていなかったりすると、それだけで雑な印象を与える引き金になり、男性目線では“敬わなくていい女”にカテゴライズされるリスクが上がります。

お直し用に、“取り急ぎ”で買った適当な色のペンシルを使い続けている女性ほど、リスクが高いので気をつけて。

 

うっかり「男運だだ下がり」な40代独女のコスメポーチの中身2:毒々しい発色のローズ系口紅

朝のメイクでは日々、口紅を変えていても、お直し用に持ち歩いている口紅は「いつも同じ」な40代女性も少なくない実情もチラホラ。

多忙な時期ほど、毎日わざわざポーチの中身を入れ替えるだけの余裕もなく、“とりあえず”でどんなメイクにも合わせやすい1本をポーチに入れている人もいらっしゃると思います。

ところが、そのセレクト次第では、口紅のせいで「男運がだだ下がり」を招きかねないのも事実。

特に、毒々しい発色のローズ系口紅は、その色合いが年代のもつイメージとあいまって“古臭い”、“バブリーすぎる”、“ケバい”などのネガティブな印象を醸し出す要素になりやすいです。

またローズ系リップは、他パーツのメイクによっては口紅だけが妙になまめかしく、悪目立ちしやすい発色や質感のものも多く、これがワンチャン狙いの男などのダメなタイプを引き寄せる要素にもなりがち。

「お直し用だし、塗るだけで顔色が明るくなるよう、濃いめのものを」と、深く考えずにローズ系リップをポーチに入れている女性ほど、要注意です。

 

うっかり「男運だだ下がり」な40代独女のコスメポーチの中身3:肌色から浮いてしまうルースパウダーorパウダーファンデーション

外出先でベースメイクを直す際には、リキッドやクリーム状のファンデ類は使わずに、パウダーで整える女性も多くいらっしゃいます。

ちまたには、お直しに特化したパウダーコスメもたくさんあるので、こういったものを活用すると、時短で肌を整えるのに役立つのも確か。

しかし、その仕上がりが粉っぽかったり白浮きしたりする場合には、これもダメな男にロックオンされる要素になりがちなのです。

肌色と合っていないベースメイクは、男性目線だと「生活感のあるオバチャン」「やたら厚化粧」などのイメージを連想させやすく、“安っぽい女”に感じさせやすい傾向も否めません。

メイク直しは、職場や駅のトイレなど十分な採光がない空間でおこなうことも多いため、自分では「肌色に合っているつもり」でも、いざ太陽光や蛍光灯のもとにさらされると不自然な色だった……も起こりやすいですから、色選びは慎重に。

 

「男運がない」と感じる原因が、メイクにあるとしたら、とても残念。

お心当たりのあったかたは、ぜひこの機会にコスメポーチの中身を見直してみて。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

信じた僕がバカでした…!? 男が「騙された」と感じた40代独女の発言3パターン

40代が新しい恋愛をはじめるにあたっては、若いころのように“勢い”だけでなく、相手の恋愛へのスタンスや理想をさりげなく確認したうえで親密な関係へと発展するパターンも珍しくありません。「もう失敗したくない」…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事