男ウケを狙って大失態…!40代の勘違いメイク3選

メイクの印象によって、その人のイメージも左右されるのが現実。

だからこそ「こんな人に見られたい!」な理想がある場合には、メイクでも、その理想に近づくようなブランディングを意識していらっしゃる40代女性も少なくない実態です。

しかし残念なことに、狙っている方向性と異なるイメージのメイクをしたばかりに、結婚が遠ざかっている……なんて展開もあるから、メイクのパワーは侮れません。

そこで今回は、時短美容家の私、並木まきが「結婚運を逃す40代女性」ほどやりがちなメイクの特徴に迫ります。

 

気づけば結婚運が遠ざかる…40代独女のメイク1:小顔見せのつもりで不健康なチークづかい

40代女性にとってチークは、選ぶ色や塗りかたによって、健康的にも見えれば不健康な印象にもなる紙一重なコスメ。

シェイディングを意識して小顔見せを狙っているつもりが、第三者から見ると、頬がこけているように見える不健康なイメージを加速させていることもあります。

不健康そうな雰囲気の女性と積極的に結婚を考える男性は少なく「いつもやつれている感じ」「常に疲れている雰囲気」なんて不名誉なイメージがついてしまった瞬間、結婚運どころか恋愛運までも遠ざかっても、やむなしです。

小顔見せに気を取られ、オレンジ寄りの色みを縦方向に入れるクセがあると、もっともデンジャラス。

ハッピーなイメージを引き寄せるピンク系カラーで、血色をさすメイクに変えたほうが、男性ウケを狙えます。

 

気づけば結婚運が遠ざかる…40代独女のメイク2:整えているつもりで細すぎる眉

ひと頃の“太眉ブーム”もかなり落ち着き、今のトレンドはやや細い仕上がりの眉にシフト中。

「太眉を描くのは、どうも苦手だった……!」な40代女性ほど、自分なりの定番眉に戻れて、ホッとしているかもしれません。

しかし、ご自身では“今っぽく”整えているつもりでも、顔立ちの印象や他パーツとのバランスによって「細すぎる眉」に見えてしまうと、これも男性を遠ざける要因のひとつに。

細い眉には「キツそう」「神経質そう」などの嬉しくない感想を抱かれやすいデメリットに加え「もしや、元ヤン?」などの疑惑を向けられやすいリスクが潜みます。

結婚相手には穏やかな癒しを求める男性も多く、“キツそうな元ヤン風”の女性とは「遊ぶにはいいんだけど」と口にする人も少なくないことから、出会いの場で結婚運を下げている可能性も大なのです。

鏡に映った顔だとわかりにくいので、できればご自身の写真を見返して「私の眉って、細すぎかも」が気になった場合には、眉頭だけでも今より“気持ち、太め”に仕上げるよう意識すると、全体の印象を柔らかいイメージに近づけやすいです。

 

40代女性が気になるあのパーツ!の盛りすぎはNGです

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事