「寝ても寝ても眠い人」が今すぐ始めたい3つの睡眠改善

1日の睡眠はいつも6時間以下、常に眠い、いつでも疲れている、ちょっとしたことでイライラする……。そんな人は、「睡眠の質」を見直したほうがいいのかも? 睡眠のプロ、医学博士の白濱龍太郎先生に、アラフォーと睡眠の新しい常識を聞きました。

 

40代女性が来院するきっかけは、主に3つ

新横浜にある白濱龍太郎先生のクリニックには、毎月1000から1500人もの患者が来院します。どちらかといえば「睡眠時無呼吸症候群」など、男性の悩みがメインなのですが、最近はアラフォー女性も増加傾向なのだそう。きっかけを3つにまとめてみると……。

自分で仕事パフォーマンスの低下に気づく

若いころなら「会議中の居眠り」は”うっかり”という言い訳で済みましたが、アグレッシブに仕事をしてきたアラフォーが直面するのは仕事能力そのものの低下。判断力、集中力、注意力など総合的な能力です。この背景に「睡眠の質の低下」が隠れている場合があり、本人もそれを自覚して来院するのだそう。いちど「悪い循環」に入ってしまうとなかなか抜けられず、さらに悪くなる傾向があり、本当につらい状態に。

自律神経失調かな?と感じる不調

まだ更年期障害には早い、でも「漫然とした不調」がずっとある。この背景にも「睡眠の質の低下」があり得ます。「布団に入ってもいつまでも眠れない」「夜中に何度も目が覚める」など、思い当たりませんか?ホルモンバランスの崩れなどが原因かもしれません。

いびき、ムズムズ脚症候群など、症状の明確な不調

家族にいびきを指摘され、睡眠に問題アリと来院する女性も増加しているのだそう。睡眠の質を低下させる原因に、鉄欠乏性貧血や、ムズムズ脚症候群など、他の不調が隠れているケースも。また、睡眠のバランスが崩れていることが不妊の原因になるケースや、季節の変わり目に影響を受けやすいのも女性だそうです。

 

今日からすぐできる3つの「生活の質改善」

睡眠に問題がない人を探すほうが難しい現代、大抵の人はこれらの症状のどれかには当てはまっているはずです。では、いますぐとるべき対策とは何なのでしょう?

1・「ブルーライト」のオフ

いろいろな説の出がちなブルーライトですが、やはり「睡眠」については「有害」。ただし、眼鏡でカットしたり、遮断シートを張ったりという小手先の話は今回はしません。シンプルに、「寝る前1時間はブルーライト=スマホやPCを見ない」習慣づくりを今日からすぐ始めてください。

2・毎日浴槽にお湯をためてお風呂に入る

これも何度も言われたことがあるでしょうが、改めて、「入浴」はとても重要。眠気は体内の「深部体温」が下がるときに感じるので、入浴でいちど体温を上げる必要があるのです。また、入浴は副交感神経を優位にすることにもなります。これまで忙しすぎてシャワー派だった人、私たちはすでに他の何よりも自分の健康を最優先にするべき年齢です。どうかお風呂に入ってください。

3・睡眠は時間ではなく、質にこだわる

「今日は5時間しか眠れなかった」と、数字にこだわる習慣も捨ててください。私たちにとって重要なのは、「何時間寝たか」ではなく、「今日はぐっすり眠れたかどうか」、この1点だけです。寝る前に目覚ましをセットしながら「今日は何時間眠れそう」と逆算してしまうクセがついているなら、いっそセットすることもやめましょう。スマホのアラームを毎日くり返しに設定する、帰りの電車の中でかける、家のドアを開けたらもう考えないなど、習慣を変えましょう。

 

寝る前たった1時間の過ごし方を変えれば人生が変わる

どれも簡単そうですが、実際にやろうとするとそううまくはいかない改善方法です。これらを一気に改善するには、1日のうち「お風呂」をポイントにして、「お風呂&そのあとの1時間」の流れを整えるのがいちばんシンプルだと白濱先生。

 

帰宅後、お風呂に入るときにスマホは充電にまわし、もう手に取らない。

お風呂にはゆっくりと入り、身体を温める。

お風呂のあと1時間は、ストレッチやヨガ、読書など、呼吸を整え自律神経を切り替える習慣にあてる。

 

「仕事の責任も重くなり、いろいろ悩みもある40代。無理に寝るのではなく、30分ロスしてもいいから質のいい睡眠をとろう、と気持ちを切り替えていくのが重要です」。

 

「よりよい睡眠」のための新ラインが登場

img_3016

この日は、ビープル バイ コスメキッチンで先行発売が始まった「Sleepdays」のお披露目での講演でした。

ビープル バイ コスメキッチン公式サイト http://biople.jp/(一部商品はすでに通販もスタートしています)

オーガニックライフのストア、ビープルがこのラインを取り上げた理由も、店頭であまりに頻繁に「睡眠の悩み」を相談されるからなのだそう。

お披露目会場では、指先の毛細血管をスコープで観察し、同ラインから発売されたウォーマーをかけて自分の血流をチェックするデモが。

img_3145

今後は店頭でもこの興味深い体験をできるかもしれません。お楽しみに!

 

 

 

img_3048

お話・
医療法人RESM(リズム)理事長 
丸八真綿研究センター所長 
順天堂大学大学院医学研究科講師 
医学博士 白濱龍太郎先生 
リズム横浜公式サイト http://www.resm.info/

スポンサーリンク

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

ぐっすり寝ながらやせる秘密は朝食の○○にあった?

みなさん、暑くなったり涼しくなったりの中、睡眠のコンディションの方はどうですか? 睡眠コンサルタントの友野なおです。今日は睡眠と朝食の関係についてお話したいと思…

理学療法士に聞いた「睡眠と首のシワが改善」する枕の調整方法

40歳を過ぎると、年々眠りにくくなってきますよね。眠りも浅くなるし。布団に入ったとたんバタングーなんて、幸せな過去の話。アロマを燻らせたり、マットレスを変えてみた…

頭を冷やして寝るといいらしい?快眠のプロが教える「ぐっすり寝る方法」とは!

「猫みたいにぐっすり眠りたい!」……睡眠に悩むストレスフルな女性に朗報です。”1万人を眠らせた快眠セラピスト”として名高い三橋美穂さんが、『ニャンともぐっすり眠れる…

朝「コップ1 杯のお水」を飲むと体にいい理由は?

みなさんこんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。人の体の約60%は、水分でできているのはご存知の通り。そして大人が一日に汗や呼吸、尿、便で排出している水分は…

起きられない訳は「低体温」?脳と体を休ませる睡眠3つのコツ

少しずつ春めいてきました。“春眠暁を覚えず”ではありませんが、寝つきが悪いせいか、連動して朝の寝起きが悪い……というかたも多いのでは。もしかすると、それ「低体温」が…

睡眠不足は花粉症の敵!「短時間でもしっかり眠れる」コツ3つ

通勤電車で、昼休みのデスクで、ついウトウトしてしまうこと、ありませんか?睡眠不足は忙しい大人の宿命のようなもの。しかし、実は、睡眠不足こそが、私たちの体の免疫バ…

北海道で人気の手土産は?「とかち帯広空港」で買えるおすすめスイーツランキング

日本国内でもトップの「焼き菓子王国」北海道。小麦や乳製品、小豆など菓子原材料の一大産地としての地の利のほか、道民同士の「お持たせ文化」で洋菓子文化が発展しました。そんな北海道では、エリアごとに地元を代…

40代の肌づくりに必要な「腸」って…?科学的に正しい腸活を究極の美食でレクチャー!

季節の変わり目ごとに肌がゆらぐ40代。そろそろ秋の入り口ですから、身体をトータルに整えたいところ。そこで気になるキーワードが「腸活」ですが、正直に言って「どのくらい何を食べればいいのかわからない」という…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

この汗はホットフラッシュ?太っているせい?|100人の更年期#14

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

ひとりで映画に行ける?ミュージカルは?40代がはじめてひとり観劇をしてわかったこと

オトナサローネで根強い人気を誇るのが「おひとりさまレベル」チェック記事。40代のおひとりさまがひとりでどこまでできるか、「ひとりでできるもん」レベルを客観的に考えてみた内容です。レベル1は「ファーストト…

更年期が「終わったあと」はどうなるの?59歳、駆け抜けた50代|100人の更年期#13

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事