金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質のよい睡眠を作るためには普段の何気ない習慣が影響しているようです。

 

その不調、「睡眠」ですべて解決!

 

睡眠は美肌づくりや毎日元気に過ごすためにとても重要なことです。私は過去に週の半分を約3時間で過ごす睡眠習慣を3年間ほど続けていましたが、その時は顎や口周りの肌荒れに悩まされ、エステやサプリメント、肌荒れによいとされることをとにかく試していました。ですが、一行に改善しませんでした。そんな過酷な状況が過ぎ、きちんと睡眠をとれるとうな生活に変わってから肌ツヤが戻り、体も健康に過ごすことができています。睡眠は本当に大切だということを身を以て実感した時期でした。

TBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」9/15放送回では、睡眠研究の世界的権威・西野精治先生の『スタンフォード式 最高の睡眠が紹介されていました。

私にとってはとても興味深い内容でしたので、印象に残った「睡眠を左右する習慣」7つの要約をご紹介します。

 

睡眠を妨げるNG習慣4つ

 

① 朝食にスムージーだけではダメ

スムージーが流行りはじめてから、朝はスムージーだけと置き換えダイエットをしている方もいますが、西野先生の話によると、朝起きてすぐのスムージーは体を冷やすためお腹を崩してしまうこともあるようです。また1日のはじめが不調だと快眠に繋がりにくいそうで、朝は体を温めるお味噌汁がおすすめとのこと。

とはいえ、朝にスムージーを飲みたい場合は、ホットスムージーなど体を冷やさない工夫ができるといいかもしれませんね。

 

② 夕方のジョギングは眠りの妨げに…

毎日の運動は生活習慣病予防にとてもいいのですが、番組での西野先生の話によると、夕方以降のハードな運動は体温が上がり過ぎてしまい、寝つきが悪くなるそうです。また交感神経を目覚めさせてしまうため快眠の妨げになるため、重めの運動をしたい場合は午後16時前後がおすすめです。

夕方に運動をする場合はウォーキングやストレッチ、ヨガなど軽めの運動にしておきましょう。

 

③ 夕方の眠気防止にコーヒーを飲むのはダメ

仕事中、夕方になると疲れが出て頭がぼーっとしてきますよね。あと少しだからがんばろう! と眠気覚しにコーヒーを飲みたくなりますが、西野先生は快眠にはNGといいます。一般的にコーヒーを飲んでからその効果が出るまでの時間は15~30分くらいだといわれています。そしてコーヒーに含まれるカフェインの持続効果は5~7時間といわれていますので、夜11時頃ベッドに入る場合は夕方4時以降はコーヒーを飲まない方が睡眠にとってはいいようです。

とはいえ、夕方以降にコーヒーを飲まないという条件は難しいですよね。そんな方はカフェイン量が少ないコーヒー(ミルク入りなど)を飲んだり、ガムを噛むなどの眠気対策をしましょう。

 

④ 寝る前2時間の飲酒はダメ

夜に外食をするとお酒を飲むことがありますよね。話が盛り上がり、帰りが遅くなると寝る1時間前までガッツリお酒を飲んでいる…ということもよくあります。また家飲みが好きで毎晩お酒を飲む方も要注意です。

番組での西野先生の話によると、アルコールが入ると眠くなるため寝つきが良くなるかと思いがちですが、逆効果だそうです。アルコールを摂取してから数時間経つと、交感神経が刺激され覚醒作用を引き起こします。そのため寝ようと思った時間に目が覚めてしまい寝つきが悪くなるので、飲酒は寝る3時間前までにしておきましょう。

スポンサーリンク

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

ぐっすり寝ながらやせる秘密は朝食の○○にあった?

みなさん、暑くなったり涼しくなったりの中、睡眠のコンディションの方はどうですか? 睡眠コンサルタントの友野なおです。今日は睡眠と朝食の関係についてお話したいと思…

理学療法士に聞いた「睡眠と首のシワが改善」する枕の調整方法

40歳を過ぎると、年々眠りにくくなってきますよね。眠りも浅くなるし。布団に入ったとたんバタングーなんて、幸せな過去の話。アロマを燻らせたり、マットレスを変えてみた…

頭を冷やして寝るといいらしい?快眠のプロが教える「ぐっすり寝る方法」とは!

「猫みたいにぐっすり眠りたい!」……睡眠に悩むストレスフルな女性に朗報です。”1万人を眠らせた快眠セラピスト”として名高い三橋美穂さんが、『ニャンともぐっすり眠れる…

朝「コップ1 杯のお水」を飲むと体にいい理由は?

みなさんこんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。人の体の約60%は、水分でできているのはご存知の通り。そして大人が一日に汗や呼吸、尿、便で排出している水分は…

起きられない訳は「低体温」?脳と体を休ませる睡眠3つのコツ

少しずつ春めいてきました。“春眠暁を覚えず”ではありませんが、寝つきが悪いせいか、連動して朝の寝起きが悪い……というかたも多いのでは。もしかすると、それ「低体温」が…

睡眠不足は花粉症の敵!「短時間でもしっかり眠れる」コツ3つ

通勤電車で、昼休みのデスクで、ついウトウトしてしまうこと、ありませんか?睡眠不足は忙しい大人の宿命のようなもの。しかし、実は、睡眠不足こそが、私たちの体の免疫バ…

春眠暁を覚えず!?スッキリ目覚めて動ける4ステップ!

昔から「春眠暁を覚えず」などといいますが、暖かな心地よさの裏返しか、微妙に眠気が残ってスッキリ起きられない……そんな朝におすすめのアイテムや、ユニークな目覚まし方…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事