30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。

じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コスメの選びかた次第で、いかようにもフォローがきく年代だけに、欠点カバーに長けている味方は、常にアップデートをしておきたいところです。

「そうそう。最近、唇まわりの年齢が気になっちゃって……」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、30代までは必要なくとも、40代になったらぜひ手もとに置いておきたいリップアイテムのお話です。

 

30代までは不要でも…40代には強い味方になるリップアイテム1:ベージュがかったリップライナー

メイクをしても、唇周辺に“年齢”を感じてしまう理由のひとつに、加齢に伴って、全体的に輪郭がぼやけてくる点も挙げられます。

そこで手もとにあると便利なのが、ベージュがかったリップライナー。

唇と肌との境目に“縁(ふち)”をつくっておくと、メイク崩れを防ぐだけでなく、輪郭よりややオーバー気味に描くと、唇と肌との境界線ができ、ぼやけた口もとを引き締めてくれます。

レッドやピンク、ブラウンなどのリップライナーでも同様の効果は得られますが、昨今はライナーできっちりと縁どるリップメイクはトレンドではないため、古臭さからのオバ見えを招く要素にも。

今、手もとに置くならば、“描いているのがわかりにくい”ベージュがかったなじみのいい色みが正解です。

 

30代までは不要でも…40代には強い味方になるリップアイテム2:血色を加えてくれるティントリップ

もはやブームを超えて定番ともなっているティントリップですが、トレンド的にはやや下降線といった感も否めません。

しかしこれこそ、血色が乏しくなりがちな40代の唇に、“いい感じのすっぴん感”を仕込んでくれる救世主。

自然な発色のティントリップが1本手もとにあるだけで、ほどよい血色を加えつつ、健康的な顔を演出してくれます。

ティントを下地のように使い、ほんのりと唇に色づけしたうえからトレンドカラーの口紅を重ねるようにすると、口紅がくすんで見えたり沈んで見えたりする年齢ならではの“残念”も防ぎやすくなります。

 

唇をマッサージするときに必要な〇〇

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事